05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

患者VS主治医 プチ攻防?~2014.2 主治医診察補足

2014年02月07日
B病院に転院してきて、
検査と検査結果説明の都度医師が変わり
(それは、確定診断を受けたA病院でもそうだったけど)
ブロガーさんたちが書いているような「主治医」はどうなるんだ~
※暖かく優しく面白く?患者を包むという↑↑イメージ
と思っていたところ
ほぼ必要な検査が終わった時点で
○○さん(←B病院勤務の友達。もともとはエンタメ繋がり。)
のご友人ということもあり、次回からは、もっと責任のとれる立場にいる
医長のFが担当しますと伝えられ、
―その段階で「医長」というタイトルがどのくらいエライのか
分からなかったけど―とりあえず「主治医」が決まるんだな~と安堵
と共にどんな先生だろう~という気分も。
(のちに「医長」っていっぱいいるんだ~と分かる・笑)

でも主治医との初対面はとにかく「次回は治療方針の説明です」
と言われていたので、聞き逃しちゃいけないとか、
伝えたいこと漏れなく伝えなきゃ!とか、
主治医が相当のイケメンであることには気づいてなかった(爆)

この淡々とした、F医師との初めての診察の記録を見よ(笑)→カテゴリー「治療方針」


その後も、は~、もっと他のブロガーさんたちの主治医のように
ノリのよい、タメ口で話せるようなフランクなドクターがいいな~
なんて思った日も多々あるけど、乳がんの治療は(再発がなくても)
術後の補助療法や経過観察も長い―10年はお付き合い―と
言われたりもしていたので、主治医に私に慣れて?もらおうと多少は努力。

でも、結局、術前ケモ中とか、一番不安だった時期ではなく
オペ入院~入院中はとりあえず毎日会うし―
(私は入院日数12日でした)
入院前後くらいからかな、徐々に私も主治医の良い面を見るようにしたし
(あら、なかなかの男前だわ!と気づいたり・笑)
他の診察室に比べて殺風景だったので(というか何もなかった。
他のドクターの部屋には、それはパブアニューギニア土産かっ?
と思われるような微妙な素敵な人形とか、
いろいろ癒しグッズ?デコレーションがあったのに)
ちょこちょこデスクをデコったり。お掃除してくれる方の邪魔に
ならない程度に。それは、他の患者さんとの
カンバセーションピースにもなるだろう~と思ったのもあり。

看護師さんや検査技師さんなど、
院内のスタッフにも優しいと評判の良い医師なのだけど
なんかこう、硬いというかなんというか。
シャイなのよ~と他科の看護師さんに言われたりもしたけど
は?一年中、女子のおっ○い切ったり貼ったり(貼りはしないか)
縫ったり?(これは、レジデントとかサブのドクターか)触診したり
してるのに、シャイも○ソもあるかー!!(爆)とか思ったりした日も。
(てか、毎週オペで患者を裸で転がしてるんだろ~、みたいな)
(あ、これは、ナースかつサバイバーさんが、言ってた台詞。
 >裸で転がされてる@術中の患者さん。←大雑把な表現です・笑)

オペ前後(診てもらうようになって半年?2011/5)くらいから、
なんとなくコミュニケーション取れるようになってきたかな~
と思ったところで、その年の秋の診察中の言葉で、
結構傷ついた私は、主治医の上席にあたる
ドクターの診察予約を取り話を聞いてもらったり。

そのドクターがどのように伝えてくれたのか分からないけれど
その後の診察でドアを開けた瞬間に、ちゃんと笑顔で向かえ入れてくれ
まあまあ、目を見て(笑)話をしてくれるようになったかな~。
しばらくは、ノルバ処方だけだったので、三ヶ月に一度の通院。

やっぱり、再発治療が始まってからのこの一年余で
主治医の方も、はっきりものを言うようになったり
「キャッチボール」出来てる感じかな?

だから、なんとなく主治医とコミュニケーションが取れてないと
思う気持ちも、コミュニケーションが、ちゃんと取れてます!と
思う気持ちの両方が分かるかな~。



本来はここから書こうと思っていたのだけど。

この間の診察でのゼローダの処方。

私は、プライベートの手帳にもゼローダハンドブックにも
いつからいつまで服薬、休薬、次回の診察(や検査)はいつ
と記載していて、必要な薬剤の個数や、処方してもらいたいものを
メモしているので、診察も終盤にかかり
次回診察は3月5日だから、ゼローダ21日分でいいよ~と伝えた。

いつから飲んでいるんだっけ?
29日から4クール目。
いつまで飲むのか、いつから休薬かカウントしようとしている。
先生、21日分でいいよ、次5日までそれで足りるから。
無視して、一生懸命?カウントしている。

フロマックは?
プロテカジンがまだ山ほどあるからいい。
飲んだり飲まなかったりしてるし。

ゼローダどのくらい余ってるの?!

とのいきなりの質問!に、私のふだんはユルユル脳が即効
学会での「実際は服薬してないのに、医師にちゃんと服薬していると申告する患者」
が結構多い的な話があったことを思い出す。

コレ、医師の間では重要確認事項なのかな~
私が、ゼローダの処方数をカウントする主治医を遮っているように
感じたのかしらん?正確な個数を数えさせないために?

え~別に余ってないです。
あ、でも、そういえば今朝飲むの忘れた~!ケド。(こら)
21日分で、ちょうど3月5日分まであるの。
B6も、ゼローダも21日分でいいよ。
(聞き流しつつやっぱり自分でカウントして、処方箋を打ってる。21日分ーー;)

ロペミンは?
28日の検査のときに、ロペミンとワセリンは今日の診察までもたない
感じだったから、出してもらってるよ。
ワセリンは(前回は50グラムだったけど)80グラムでお願いしたから
来月の診察までもつと思う。ロペミンも。

治療内容に変更がなしとなったので、時間も押してることだし
自らリストバンドを主治医に渡し、巻いてくれるよう促す。

体重計乗っていい?
いいけど、靴脱いで。
(ブーツだったので)え?それは面倒なのでいい。
(化療室の体重計はブーツごと乗れる)

パタパタと立ち上がり、診察用ベッドの脇に置いてある
バッグに、処方箋やCT所見のペーパーをしまったり
荷物の整理をしていると、
「(今回結果が良かったので)これからも、がんばって行きましょう!」
と笑顔で言葉をかけてくれた。

お姉さん気分でもいる私は(主治医は私の異母弟と同い年)
ひゃ~そんな事が言えるようになったんだ~~~!!と、ちとビックリ。

出会った頃は、たまたま病院のエントランスで遭遇して
「せんせ~おはよ~!!」と声をかけても
「え、あ、ああ・・・・」(スマイルゼロかつ後頭部寝グセ)
的な反応しか返ってこなかったことを思うと、成長~(笑)

患者さんからのお土産らしい?デコレーションも
いくつか増えてる。よしよし。


ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
転移治療 ゾメタ ゼローダ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
私も主治医とのやり取りにはけっこう迷ってきたのだけれど、

再発治療始めて徐々に距離が縮まった。

本音言わないと命がかかってるから、

必死さが伝わったかな…なんて思ったりしたんだけど。

先日ケモ室の看護師さんが言うには、今までにアバタキしたの私ともう一人だけだと。

それも、あと一人はもう亡くなってたTvT

田舎の病院では、あまり多くない再発患者だから、みんな親切になるのか?

なーんて勝手に淋しい気分に。

あーやだやだ、ひがみっぽくて。



Re: タイトルなし
>blueさん

こんばんは~。もう今日は遭難するかと思いました~。
そちらは大丈夫でしたか?

家族には言えないことがあっても
主治医には言える・・・という関係がいいかな~などとも思ったりしますが。
どうでしょうねー。

ひがみっぽくてもいいじゃない!
自分の自然な感情を抑えることなく、ある種、ノビノビやっていこうよ。
別にそんな聖人君子な物分りのいい自分でなくてもいいのだー!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。