11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

<追記あり>立ち位置によってこんなに違う感想?感覚~続:明日 ママがいない

2014年01月25日
日付変更線ギリギリ帰宅も多かった日々。
なので、リアルタイムで見ることができず、日テレの太っ腹!な
放映日から1週間、無料視聴サービスで、
先ほど、『明日、ママがいない』の第二話見ました。

養護施設の子供を引き取ろうとする人が
性根の優しい人、人格者ばかりではない「子供が欲しい」
という自分の気持ち優先な里親候補?が描かれていて
現実も、そういうところまで、厳密に留意して、
子供を見守っていって欲しいな~と思った。

初回、私は「実際の児童の立場を代弁しているな~」と
なかなか興味深く見ていたのだけど
世間的には、差別?や偏見、苛めを助長するのではないか?
との大騒ぎになっていてびっくり。

実際の児童養護施設とは違うー
ということだけど、当たり前です。
あのように子供を犬呼ばわりする施設がスタンダードだったら困ります。
(でも二話を見て、子供同士が根っこのところでは
助け合っている姿は、実の姉妹兄弟にも劣らない絆だなと、ここは共感)

いくつかの週刊誌でも話題に。
記者が実際、取材した施設のことも書かれていて
番組は現状とはかけ離れていると、強い筆致での記事もあったけれど、
その記者が見聞きした、その個人的体験をひとつの経験を
普遍化することは出来ないのだーということは再度言いたい。

全国津々浦々に数百はあると思われる施設の中には
私はいまだ、児童に対する抑圧というか高圧的なものや
表沙汰にならないことが潜んでいるのではないかなと心配している。
それは、高齢者の介護施設等でも起こり得ているように。
なので、この番組が話題になるとするならば
施設の子供たちが適切な環境に置かれているかどうかを
定期的に検証するとか社会全体が見守っていくということに
目を向けて欲しい。

まったく無関係の立場にいながら、差別や苛めが起こるのではないか?
と心配?批判?している大人たちには、まず、自分が、そして自分の子供が
(このことに限らず)差別や偏見ということは
どういうことなのかを振り返ったり、教えたりすることを
始めてみては?と思ってしまう。
テレビ局に抗議するパワーを、そっちに向けたら~と思うのだけど。

(ホントに、そういう立場の方にはごめんなさいだけど)
実際、自分の娘や息子が、この人と結婚したいと
施設出身、親は殺人犯で服役中です、とか、薬物中毒で養育不能でした
とかいう相手を連れてきて平常心でいられるか?ってことよね。
私自身だって、もし自分が親なら、その人の人格と親はまったく別と
頭では思っても、考えてしまうでしょう?


恩寵園事件(おんちょうえんじけん)ウィキより→


ホント、おぞましくて反吐が出るけど、ここまで最悪でなくても
ある週刊誌は、(番組の中で起こることと)類似のケースが
あるいは、それ以上のことが、現在もまったくないとは言い切れない
ということを書いていて、私は、そういう記事、視点のあり方のほうが
信用できる。ウィキは自由に誰でも書き込めるから、この表記が
どの程度事実かはわからないけれど、
>この事件をきっかけに児童養護施設に対する偏見が強まる事となった
というのは、そういう施設にいる児童に対する偏見なのか
施設そのものに対する偏見なのか(私は)読み取れないのだけど
児童のことであれば、同情や憐憫ならまだしも
(本来は、そういうものとはまた、別の温かさがあれば良いのだけど)
みんな、こういうことをされて育った子なんだろう…と
ある種の蔑みを受けるのだとしたら、二重の枷だよね…

子供って、幼いなりにかなりのことを理解してるよね。
私が母を亡くしたのは、幼稚園の年中さんの夏。
4歳最後の日。
その翌年の母の日の頃
ある子が、お母さんのいない子は「白いカーネーション」と言った。
子供心に、自分は赤やピンクのカーネーションを
買うことが出来ない子なんだ…と想い
(それは特に悲しいという気持ちでなく、自分は他の子と違うー
という、わりと客観的に受け止めた感覚)
そして、自分が「お母さんのいない可哀想な子」と
思われることは、パパが可哀想な想いをするんだーと知っていた。
5歳だったけど。

継母に虐待されたとかそういうことではなかったけれど、
言われたり、されたりして(あるいはしてもらえなかったり)
嫌だったことを絶対父には言わなかった。
私がそういう想いをしているーと知ることは
父にとって、私に「普通の(?)家庭」を与えようとした彼にとって
辛いことなのだろう~ということを、子供だからそう言語化する
ことは出来なかったけれど、今、遡って文字にしてみると
そんな気持ちを抱いていたな、と。
負の感情を言葉にしたり、誰かに伝えるということは絶対に
しなかった。生母方の親族にも。

だから、施設の子供たちが、何も不平不満も言わないからといって
100%鵜呑みには出来ないんじゃないかなーと
ついつい思ってしまう。もしかしたら、過剰で勝手な忖度かもしれないけど。

まあ、私にとっては、そんなさまざまな想いを駆り立てるテーマなのです。
二話は、私はポストとパチの、そしてメインの子供たちの関係性に
結構、ほっこりしながら見てました。

<追記>

もし、子をもつ母親(父親)の立場としてーと批判している人がいるのなら
どうぞ、あなたのお子様を、クラスや学校に知的障害、身体障害を持つ子
健常児だけど番組のように施設から通っている子がいたときに、
苛めや差別のない環境を築いていける、
助けとなってあげられる、せめて、そういうことがあったら
見てみぬフリではなく、
指導者に伝えられる子になるよう教育してあげて下さい。

あと、世間でこれだけ叩かれているひどい番組なんですね?
視聴率アップに加担するだけだろうから見ません!
と見もせず批判している人には、きちんと自分の目で見て
自分の皮膚感覚で判断して欲しいと思う。

怒ったり懸念しているのが、実際の施設の児童たちーではなく
(逆に、施設出身者の投稿なんかは、ああいうことはあった
という声も…)「施設職員」というところも読み取って
自分たちの保身のためなのかどうか?というあたりも
(ほとんどの職員は、児童保護の意識の高い方たちと
信じたいけれど、常に職員も人手不足のため、単に職を得るために
働いている人もいるかもしれないし、実際、過去テレビ番組
で放映されたドキュメンタリーでも、大学の福祉学科卒業で
高い志で職についたにもかかわらず、拘束時間の長さ
プライベートな時間が持ちにくい、その他のもろもろの事情で
2年くらいでその職を去ったケースなども扱われていた。)
見極める目をもって、情報と向き合って欲しいと思います。

今回の件で、この番組の何が問題なのか?
現実とかけ離れているという声もあるとのことで
WEB上の情報の精度も、ある程度加味しながら調べてみたけど
現実の方がはるかにひどいケースも多々散見される。

ある里子(里親に引き取られた子供)が
中学生のときに、里父の性的虐待を告発したところ
里親や里親会のイメージが悪くなると、こぞって、
そういう団体が親側につき、子供の方の素行が悪い、
うそをついていると、里子を救うどころか
虐待をした里親を擁護する方に回ったという事例も。

恩寵園事件の当事者も含め、子供は外の世界と比較できない
あるいは「告発」の仕方が分からない
園を出て、成人してから、あれは虐待だったのだー
と訴えても、なんと「時効」という壁に阻まれて
損害賠償請求も出来ず、トラウマだけを抱えて
生きていかなければならないーというケースもあるよう。

なので、テレビ局を批判、非難するパワーのある人は
そのエネルギー、力を、そういうことが起こらないことに
尽力する方に、ドラマではなく、現実の方に
注力して欲しいなと思います。

◆参照・・・・・ 

だから、うちの施設では、隣の施設でも、そんなことはありません!
と断言する職員より、もしかして、どこかでそういうことが
行われているかもしれないのだーという意識を持っている人の方を
私はより信頼します。




140104_1706~01

こんなワケでめっちゃ忙しかったです。日比谷常駐~
明日より浪速の地で開催。愛知、九州もありますよ~。
歌ウマさん大集結で、ミューファンにはたまら~ん!楽曲の数々。
お勧めです!!全国公演スケジュールはこちら→




ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
日々徒然 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
視聴していないけれど・・・
遅ればせながら、今年もヨロシクお願いいたします。
体調の方はどうですか?
無理をしない程度に、免疫上げ上げしてくださいね^^

さて、凄く話題になっていますね、明日ママ。
当事者じゃないと分からないって点は、がん患者と一緒
だなぁって思いました。
あくまでも、何にも見ていないという前提だけの感想。

以前、第三者評価機関でアンケート集計に携わったこと
があるけれど・・・利用者、家族、施設関係者の回答には
かなりの温度差があるなぁって感じました。
一番弱い立場の利用者は、かなり耐えています。
集計結果を施設側に報告すると、真摯に受け容れる施設
もあれば、逆ギレする施設もあるようでした。
この業務に携わったからこそ知り得たことでした。

そう意味では、明日ママという事例は絵空事ではない!
と世間に知ってもらうのは有効でしょう。
ただ、その余波を受け止め、きちんと対処できる本当の大人
がイマイチ少ないと感じるにつけ、時期尚早なのかなぁとも
思わない訳でなはく、難しいですね…。
Re: 視聴していないけれど・・・
>FB☆AYAさん

こんばんは~!コメントありがとう。ここでは
今年初めて?ことよろ~(まだ有効?)

そうよね児相やこう厚労省など監督省庁だって
何もないほうが自分たちの指導やコントロールが
上手く行ってるようにみえるから、「何もないこと」が望ましい
=明日ママを見て、あんなことはない!!って
言い切ってしまうんだろうね。
私がリンクした先とか見ないのかしら。

今回テレビの件で発言した、なんとか施設の施設長さんも
虐待とか暴力は40年前ならあったかもしれないけど
今はまったくないと言っていて、いえいえ2013年時点でも
あったみたいですけど~と返したくなるよね。
こういう人は、私は逆に向いてないんじゃないかと思います。

FB☆AYAちゃん。水曜夜、ほかに見たい番組なければ
見てください~
でも、差別する側を子供がやっつけちゃうとか
胸のすく場面もあるよ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。