07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

がんの「標準治療」は過去の現在のサバイバーによって未来のために作られた治療

2013年11月17日
「標準治療」は当たり前すぎてインパクト、ニュースバリューがない?
「先端」や「最新」の研究は、ときたま取り上げられるけど
実用までには、まだまだ時間がかかるものが多そう。

そして「標準治療」ではないもの
なにか、目を惹くようなセンセーショナルなものの方が
大きくメディアに取り上げられたりする現状。

でも、サバイバーにとって一番大切なのは
科学的根拠のある「標準治療」「診療ガイドラインに沿った治療」と思ってます。
もし、それを選択しないにしても
「標準治療」とはどういうことであるのかを正しく知ること。
なかなか、私の(素人の)言葉では説明しきれないので
ドクターのブログや記事をご紹介しますね。

がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~

腫瘍内科医 勝俣範之のブログ

◆がん情報サービス がんと共に働く 病院編
 チーム医療がもたらす患者さんと病院の良好なコミュニケーション

特に、私的にタイムリーで興味深く読ませて頂いたのが
高野先生の「近藤誠さんの主張を考える」
勝俣先生の「がん放置療法は人体実験」


あらためて「標準治療」というのは、
長い時間をかけての臨床研究・臨床試験を経て
―その中には、多くのキャンサーサバイバーの協力もあり―
作られてきたものなのだなと実感。

今、治験に参加してくれているサバイバーさんたちも
自分のためだけじゃない。未来の治療のために。

こうした医学的、科学的根拠に基づいたものを
じっくり読み解いたりすることの方が地味で面倒な作業かもしれない。
というか、なかなか難しいことも多い。
一般書でベストセラー?コーナーにある本や
○○でがんが治る!的なものの方が、楽に思えるでしょう。

大切な大切な治療の選択。
告知されてすぐの段階は、動揺しているでしょうし知識も乏しい。
私(たち)も、治療を進めていく中で
情報交換したり、自分の心と体で体験したり
講演会や学会に参加したりして、徐々に分かってきたことも多い。
そして、「標準治療」の中でもいろいろ選択を迫られる。

データーやエビデンスはあっても
それが、自分に当てはまって同じように奏功するとは
(あるいはしないとは)限らない。

残念ながらがんと告知され、治療が必要となった人たちには
まずは、正当な入り口はどこかを知って欲しいと思います。



まだ、どちらの先生のブログも全部は読みきれていないのですが
よく患者が迷うことそのものずばりのタイトル?
高野先生の「治療の選び方」が目についたのでリンク→
この基本も十分理解して、それでも他(標準治療以外)を選ぶー
なら、それ以上は他人は何も言えないかな、と。


ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
治療にかかわるあれこれ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
おはようございます。

まさに治療にかんしては、全くその通りだと思います。
昨日自分のブログに書いたのですが、専門家の方の意見

>何万人もの研究者が少しずつ根拠を積み上げて作ってきた科学や医学の概念と、一人がゼロからおっ立てた正反対の独自論。公平を装った「両論併記」とやらで後者もそれなりに扱ってもらえるんだとしたら、後者の優遇されっぷりは半端じゃないですな。

最近の論争は、まさにこれにつきますよね。
そりゃ「今までの治療は間違っている!」本のほうが
皆「えっ!?」と思い、「どれどれ?」と買いますよ~
しかし、何十年(何百年?)もの間、何万何十万人ものドクターが
出した研究、臨床、結果のデータを無に帰す程のものかどうか・・

まずは「標準治療」を勉強し理解し、すべて試した後に
「やっぱり効かないから別のこっちを試そう」となる分には、
それは良いと思うのですよ。
(あ、yann様と同じことばかり書いちゃってスミマセン)
高野先生、勝俣先生のお話をまずは皆読んで知ってほしいですね。

あのー今更ですが、yann様のブログをリンクさせて戴いて宜しいですか?
Re: タイトルなし
>ゆりさん

こんにちは!
ゆりさんの治療に対する考え方や
標準治療否定論的なものに対する感覚、共通するものが多くて!
こういう標準治療側の先生方の声も
きっちりと、広く遍く周知して欲しいですよね。

リンクフリーです。お申し出ありがとう。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。