05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2013.11 主治医診察 ゾメタ9回目

2013年11月08日
2013.11.5

先月の診察は楽しかった?のにね。
ブログのタイトルも「ナイストーク」って書いてあるよ。

2年くらいフェソロ+ゾメタで引っ張っていけないかなー
との期待もあったけれど。

(せんせー私より暗くならないでよ~。患者を笑顔で励ませ~!!)
 @心の声。↑ま、半分冗談ですが。

デスクの上には、フェソロデックスが準備してあった。
冷蔵から常温に戻していたのだった。そして、そのあと少し手で温める。
そうやって少し薬剤を温めた方が痛みが少ないと
製薬会社が作成した医療従事者向けの冊子に書いてあるからね。
出番のなくなってしまった見慣れた箱がデスクの端に…

次は2週間後に来て。
先生、それは無理。次回、ゾメタのとき(4週間後)
来月でいい?

新しい勤務をスタートしたばかりで、初日の1日は早退
5日はこの診察日が入っていたので、お昼からの出勤の希望を
通してもらっての採用だった。
月に1回の通院はシフトで吸収可能と伝えてある。
さすがに、今月は休めない。

ある程度、実績を作ってからなら
平日休の代わりに週末出勤も可能になるだろう。
そうしたら、その時もしウィークリーパクリになるとしても
平日決まった曜日をオフにすることも可能かもしれない。


いいよ…

たぶん、様子を診る為に
本来は服薬開始後2週間がベターなのでしょう。

化学療法室に行くためのリストバンドを巻いてもらう。

何かあったらいつでも来て。
はい。
検査レポートと検体検査結果をプリントアウトしてもらって診察室を出る。
今日、はじめて一番はっきりと
退室しようとする私の方に向き直って見てくれている。


あ~たまには?お、腫瘍が小さくなったね~とか消えた!とか
マーカー下がったねーという話もしたいよね。笑顔で。

マーカーもCA15-3が初の三桁台。

CEA H5.4→H6.1(0.0-5.0)
MCC-ST-439 H77→H84(4.7未満)
I-CTP 3.3→4.1(<4.5)
CA15-3 H92→H108(0-25.0)


ゾメタ投与は特に問題もなく、いつも通り15分程度で終了。
ベテランの外科医が化療室につめているので
ここでのルート確保は、いつもほぼ無問題。


ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
転移治療 ゾメタ | コメント(2) | トラックバック(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: はじめまして
>鍵コメ ワ様

はじめまして。コメントありがとうございます!
>らノルバ療法中に再発⇒アロマシン⇒フェソロ⇒ゼローダ
あたりの経緯が似ていますね。
(私の場合、ノルバからアロマシン後に再発確定ですが
すでにノルバのときからマーカーは上がりつつあった)
ゼローダが長く続けられているようで参考になります。
お互い、QOLを保ちつつ治療が続けられるよう願ってます。

管理者のみに表示
トラックバック
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。