11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2013.10 主治医診察  フェソロデックス6回目 ゾメタ8回目 ナイストーク 2

2013年10月11日
自分で作ったマーカーのグラフを見せる→

う~ん、素人判断だけど、こうしてみるとフェマーラの方が良かったかな~
と思ったりするんだけど…まあ、この表日付の間隔が一定でないからアレだけど…
でも、ゾメタは効いてるって考えていいのかな~

主治医もグラフを眺めながら
ん~なんで変えたんだっけ?とカルテを遡る。

私も、マーカーが下がらないからだったんじゃない?と
一緒に、時系列で数値を眺めるけれど
フェソロデックスへ変更と決めた時点では、下がっているものもあり
上がっているものもあり。
でも、フェソロに変更してからの上がり具合と比べると
そう大きな上げ幅でもない。

検査画像をクリック。
あ、縦隔リンパ節への転移があったからかーと想い出す。
今までと作用機序の違うものを試してみようということになったんだった。
でも、こればかりは、やってみないと分からない。
そのままフェマーラを続けていても、同じ上昇をしていたかもしれないし。

フェマーラ1回使っちゃったけど、いずれケモに入って休薬したいと
なったときに、再度フェマーラという選択もある?
あるよ。

いずれにしても、先月の診察時に
今日はゾメタとフェマーラと決めていたので治療内容に変更はなし。

また口腔内のチェックに(歯科へ)行くかも。
もし抜歯とか観血的治療の必要があった場合、やっぱりゾメタ休薬しないとだめ?
なんか、ゾメタは効いてる気がするから、休みたくないんだけど。

三ヶ月くらい休まないとだめ!と、ぜんぜん譲らない(笑)
顎骨壊死って、今度、ケモ患者にも経験のあるクリニックに行くけど
顎のレントゲンとか撮影して、なにか事前予測とかこの状態なら大丈夫とか
分からないの?と尋ねても、はっきりそういうことは分からない。
どうだからなるとか、ならないとかなりやすいとか不明。
なので、もし抜歯とかするならゾメタ休薬。
で、なんで行くの?
前回チェックしてもらってから半年以上経っているし
転居してどこの歯科医へ行っていいか分からなかったけど
紹介してもらえるところがあったから。
虫歯あるかもしれないし。
虫歯で抜かないでしょ?
なんか血が出たりする。お湯とか水が染みたり。
それ、知覚過敏とかじゃない?
(お、そういえば、前の歯科医での治療時、そう言われた~。
専門外も結構詳しいねーせんせ~♪@心の声)

ふ~ん、アナタのその症状、抜歯とかないでしょー的な余裕な雰囲気な主治医。
じゃ、とにかくそのクリニックで診てもらってどういう治療が必要か
ハッキリ分かったら次回の診察で教えて。抜くならゾメタしない!!
(あんまり、独断的なというか断定的な言い方はふだんしない主治医がめずらし~)

後で院内の友人と食事の際、F先生は、絶対ちょっとでもリスクのあることは避けるよ
と言われる。まあ、そうだなー。スタンダードど真ん中。

最近、数字とか日にちとか曜日とか混乱する。
ケモとかホルモン療法の影響かな~?若年性(←若年性?)認知症かな?

たとえば?
う~ん、お芝居の開演時間とか間違える。
ーー; ?? え、そういうこと?(以下スルー)

え~でも、ただ間違えるとかじゃなくて・・・
―フェソロデックスの準備を始める主治医。

促される前にベッドに向かう私。

先生は、お芝居観たり、音楽聴きに行ったりることある?時間ないか~。
あんまりないねぇ~。

打たれつつもトーキング(だって、お喋りしていた方が
痛みを感じにくいようだ~というレポが製薬会社の冊子にもちゃんとあるし)
なんか、先生に聴こうと思っていたことがあったんだけど忘れた。
何?
ちゃんとメモとかしておかないとだめだね~診察室に入ると忘れる。
そうなんだよね~そういう患者さん多い。
(ってことは、ちゃんと質問事項とか整理して欲しいとは思っているのかな?
ドクターの方も)

イタッ。(注入時、注入が終わるころ結構痛い)
途中は痛くないけど、射す時と(それは当然)、終盤痛い。
圧がかかるからね。
ふ~ん(あんまりよく分からん。図解説明が欲しい。)
あ、これを読まれたナースの方、説明してくださってもよくてよ(笑)


でも、この間小児病棟のノンフィクションの番組見て
小さな子供でも辛い治療を耐えているのだから、これくらいのことで
痛い痛い言っていたら駄目だね~将来的にもっとしんどい症状になった場合
頑張らないといけないんだし。
そんな先のことはいいよ。今痛ければ、痛いって言っていいよ。
(おお、そんなレスポンス言えるようになったんだねー・笑)
(出会った頃は、なかなか反応できなかったFちゃん)

11月上旬の次回診察の前に
10月末に造影CTと検体検査。
その結果でまた治療を変更する必要があるかどうか検討。

自覚症状としては、肩甲骨や肋骨あたりの痛みは憎悪
(鎮痛剤を飲むほどでない)
喉の違和感も強くはなっている。痰が絡む感覚、風邪でもないのに咳。
咳は春頃からずっとかな。
処方してもらった漢方薬はほぼ飲んでない。
今夜は飲むかな~。

リストバンドを巻いてもらうために腕を差し出す。
一瞬の静寂。あ~つくづく男前だわ(爆)←なんで爆?

せんせー前髪パッツンだねぇ~(笑)
・・・・・。(返せません)


ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
転移治療 ゾメタ フェソロデックス | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。