07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

乳がんの薬物療法の現状と患者さんが抱える悩み、副作用への対処法

2013年03月20日
第34回 マンマチアー(Mamma Cheer)"チアー活動"

日  時:2013年3月20日(水) 開始14時~16時 終了
場  所:対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座
住  所:東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7F
テーマ :「乳がんの薬物療法の現状と患者さんが抱える悩み、副作用への対処法」
スピーカー:縄田修一先生(公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センター薬剤部担当係長)

◇詳細はこちら


93枚のプロジェクターの画面をすべてコピーして、参加者の手元に渡るよう
心配りして下さった、縄田先生にまずは感謝。
一人分15ページのものを人数分、先生ご自身が準備し持ってきて下さったそう。

いろいろなセミナーで、いつも、どんどんと進むプロジェクターの画面、
メモするのも追いつかない感じだったので助かりました。

内容が豊富すぎて、すべてはアップ出来ませんが
(また、実際も時間が限られているので端折ったテーマもあり)
印象に残ったところなどを・・・

「今日のお話」ということで最初に4つのタイトルが提示されました。

1.がん治療の概略
2.薬物治療をしましょうと言われたら(乳がん)
3.副作用対策
4.不正確な情報に惑わされないために


がんそのものについてや、サブタイプ、薬剤の作用(機序)について、治療の選択など
トータル的に先生はお話されましたが、今回、私や同行者の最も
関心のあったことは「副作用対策」
(すでに、初発の三大治療は終わっており、ある程度の知識はあるため)
ただ、前述どおり、がん治療についてのトータル的な流れとして
レクチャーが進んでいったので、副作用対策についても、一般的な説明となり、
私が個人的に期待していたのは、各薬剤それぞれについての
(例えば薬剤の固有名詞をあげながら等)副作用の発現とその具体的な対処法だったので
もう少し「患者さんが抱える悩み、副作用への対処法
の時間が多くあれば良かったかなと思いました。

データーが少し古いのですが
セロトニン受容体拮抗剤発売前(83年)発売後(95年)とあり
症状としては現在も発現するものではあるので、95年の表よりー

がん化学療法中の患者が苦痛と感じる自覚症状の順位
1 悪心
2 脱毛
3 嘔吐
4 疲労感
5 注射に対する不快感
6 便秘
7 治療に対する不安
8 家族や配偶者への影響
9 抑うつ感
10 不安・緊張感

抗がん剤による嘔吐の分類
1 急性嘔吐(化療後0~24時間)
2 遅延製嘔吐(24時間後~)
3 予測性嘔吐(以前の化療で急性または遅延性嘔吐のコントロールが不十分であった場合)

悪心・嘔吐の発現に影響する主なリスク因子
・若年者(50歳未満)
・女性
・アルコール常用なし
・乗り物酔い
・妊娠に伴う嘔吐経験(つわり)
・前治療にて緒新・嘔吐あり
・副作用への不安

予防的に吐き気止めを使用
吐き気止めを使用しても嘔吐してしまう場合は薬の追加を検討


脱毛
・脱毛はすべての抗がん剤で起こるわけではない
・初回の点滴治療から2~3週間後からが多い
・有効な予防策はなくウィッグなどで対応
・頭皮冷却法は、専用の医療機器で有効と言われているが国内未承認

・脱毛が起き始めるときは、灼熱感や搔痒感、疼痛が一時的に起こることがある
・頭皮は清潔に保つ。シャンプーなどがしみる場合は、低刺激のものに変更
 洗髪は定期的に。

「ホルモン療法の副作用対策」

ホットフラッシュ
・ホルモン療法を受けている約50%の患者が経験
・症状は更年期障害と同じ「ほてる」「のぼせ」
・通常の更年期障害の時は、ホルモン補充療法が有効だが
 乳がん患者には使用してはならない
<対処法>
・パキシル内服(適応外:タモキシフェン服用患者には使用してはならない)
・ビタミンE
・ガバペン
・ホルモン剤の変更
・漢方薬、ハーブなど

アロマターゼ阻害薬
・骨粗しょう症のリスクが高い
・骨折のリスクが高い患者では年1回の骨密度検査
・カルシウム製剤やビタミンDなどの使用を考慮
・T-Score(測定値ー若年成人平均値)若年成人標準偏差
エビスタ(ラロキシフェン)は、タモキシフェンと同様の作用機序
を有する。アロマターゼ阻害薬とタモキシフェンの併用は、
アロマターゼ阻害薬の効果は減弱させる報告があり、エビスタの使用は
推奨されない(2010年乳癌ガイドライン)

<アリミデックスの場合>
・関節痛
・肝機能異常
・ほてり
・発疹



制吐剤は凄く高くて、治療薬より高いんじゃないか?というお話もあり。
特にイメンド。FECの方は初日から3日間飲まれた方も多いのではないかしら。
1個目は、ケモ前に診察室もしくは化療室で飲まされて、すこし時間が経過してから
ケモ開始・・・のように。2009年に出たお薬だったかと思いますが
このイメンド前、イメンド以降では、嘔吐のコントロールは大きく変わったようですね。
ちょうど、イメンド発売以降の2010年ケモ開始の私は、この恩恵を受けることが出来ました。

脱毛については、5~10年後には脱毛を予防する薬が実用になるかもしれない、
というお話もありましたが、ただ、完全には防ぐのは不可能の模様。
イメンドが制吐剤として颯爽と(?)登場したように、
ケモ前に飲む、抗脱毛剤も出現して欲しいですね。

あと質疑応答の際、ノルバデックスとタスオミン(ジェネリック)には
何か違いがあるのか?との質問があり、成分は同じ
溶け方や、吸収のされ方も同じだけど、それはあくあまでも「試験管」の
中の実験の結果との説明でした。

私も、どこかで、ジェネリックはもともとの薬と成分は同じ、
コーティングの部分が多少異なるというような話を聞いたことがありますが
(出典の細かい記憶がないので・・・曖昧でスミマセン)

時間と場所を提供して下さった、スタッフ、関係者の皆さま
ありがとうございました。
医療用コラーゲンやバイオイルの試供品も頂いてしまいました。



セミナーは14時スタートだったけど、早めに来れた3名で
アロッサ(またか・笑)で、しつこいようですが⇒1050円ランチ♪

エシャロット風味のバケット
アロッサ式もりもりサラダ
冷たいジャガイモのポタージュ
ポークソテー・マッシュルームのクリームソース
フルーツのグラニテ
コーヒーOR紅茶







終了後はお茶。私はアイスコーヒーのみ(!)でしたよ。
みんなのオーダーしたスウィーツがとっても巨大で見目麗しかったので撮影。
でも、私の写メ技術だと、イマイチ、美しさ・美味しさが伝わりませんね。


↑↑スパニッシュオムレツかと見まごうパンケーキ




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
乳がん・学会/セミナー/イベント | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
>鍵コメ ユ様

無料でこういう機会を作って下さっていることがまず有難いですね。
また、興味のあるテーマがあったら、自分の方でも質問事項をまとめ
参加してみたいです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。