06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

がんワクチンは「夢の治療」か?

2012年12月23日
ちょっと前までは、帰宅してあれこれやって落ち着いたあと
24時を過ぎていようと
毎日のようにPC立ち上げていたのに
ここのところ、もう、靴を脱いで、洗面所へダッシュし
手洗い・うがい・メイクオフ、コンタクトオフして
パジャマに着替えたあとは即効ベッドの上…
寝ながらとか通勤車内で、携帯から
みなさんのブログは読んでいるのですが。
(なかなかコメに行かれず~)

ということで、年末進行のため水曜日には発売されていた
週刊文春12月27日号の記事について
アップしたいな~と思っていたのですが、今日になってしまいました。
もう、読んだ方も多いかな?

2012年11月18日(日)
午後9時00分~9時49分

NHKスペシャル
がんワクチン~"夢の治療薬"への格闘~


についての検証。

※自分の視聴後の感想はここ

この番組の反響は大きく、
患者会や医師たちに問い合わせの電話が多数あったそう。

文春の記事が問題にしていたのは
医師にも患者にも偽薬か実薬か知らされてない
二重盲検であるのに、
番組で紹介された、体調が改善傾向にある女性の患者さんについて
「副作用がない」「がんの増殖が抑えられている」と
報じてしまったことにあると。

もし偽薬であれば、それはワクチンの効果ではないし、
そういう説明がなかったために
あたかもワクチンに効果があったかのように
誤認させる内容ではないか?
もし、実薬だと知ってこのような説明をしたとしたら
より問題だとの指摘。なぜなら二重盲検で実施されているはずの
情報が第三者に漏れていることになるからだそうです。

「がんワクチン」と検索すると様々な民間のクリニックの
広告がいくつも出てくること、その治療内容について
そのほか先進医療についてなども掲載されていました。

-新しい治療が高価な治療が優れた治療とは限らない
藁にもすがる思いの患者や家族もいるだろう。
だが、その治療が科学的にどう評価されているか
どうか冷静な目で見きわめてほしいー


と記事は結ばれてます。

正論でしょう。

ただ、やっぱり患者側としては、
標準治療を経て、もう戦う武器がなくなってきた・・・という実際に直面
したら
あまりエビデンスのない新薬や、
治験段階の薬でもトライしてみたくなるかもしれない…
「科学的根拠」だけでは計り知れない「こころ」の問題。
たった一度だけこの世に生まれることが許され
与えられた生を、まだまだ慈しみ愛し、まっとうしたいという想い…


ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 
スポンサーサイト
がんメディア情報/書籍 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。