09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

セカンドオピニオンと主治医診察 1

2012年12月13日
セカンドオピニオン、これからの治療の指針固めに
非常に有益でした!

まず、直近のものを含めマーカーの推移。

    2011.12/21 2012.1/26 2/22   5/9  8/2 10/29  12/5
CEA       2.9     2.8    2.9    2.3   2.4  2.8    3.4 (0.0-5.0)
NCC-ST-439  1.1     1.8    3.2   H7.6  H15  H34   H46(7.0未満)
1-CTP      4.1      4.2    4.6    3.6   3.9  H4.6    H4.6(<4.5)
CA15-3     16.6     19.8   18.8   22.0  H27.6 H51.5  H61.4(0-25.0) 

これは、すでに準備されていたセカオピの資料の中には
含まれておらず、通院先に今朝取りに行ったもの。
倍々で上がっていたNCC-ST-439とCA15-3
は、今回は「倍増」
ではなかったけれど、上昇は続いている。
10/29のところはアロマシン服薬44日目
12/5は81日目と手書きで自分で記入。

その他、通院先が準備してくれた紹介状、
診療情報提供書、CD-ROM プレパラート、印刷されたエコー画像
保険会社の書類などを持参。

セカオピ先の受付で資料を渡し、保険証も提示。
その病院の「診察券」が作られる。

病棟からの呼び出しがあったとかで、20分遅れての開始。
私の前も後も待っている方がいた。
どこのドクターもホント、忙しいのだな~と実感。

セカオピのG先生とは過去、某セミナーで対面していて
でも、そのことは主要な話が終わってから伝えた。
先生としては、初めましてということで臨んでくれたと思うけれど
とてもフレンドリーな対応で、話しやすいムードを作って下さり、
親身になってくれていることが凄く伝わってきて、
有意義な時間を持てました。

米国での診療経験からか、もしくは
医師と患者の距離感を縮めてくれようとしているのか
(あるいは、あまり深い意味はないのかもしれないけど?!)
ファーストネームで呼びかけてくれたことも
より話しやすい雰囲気を醸し出してくれていた。
初発からの経緯を見て
お仕事はどうしているの?と言ったあたりも訊ねられ、
単に具体的な治療方針の話だけでなく、トータルに見て/診て
下さろうとしていることが感じられた。

まず、現状、画像からも数値的にも
ホルモン療法(アロマシン)続行で良いのではないか?
アロマシンが有効でなくなった場合、
フェマーラかアリミデックス。
その次の選択としてフェソロデックス。
G先生もヒスロンの選択はなかった(いよいよ使えるお薬が
無くなった場合の選択肢としてはあり?劇的に効くケースもある
との話は、サバイバーさんからも聞いていた。)

ただ、閉経を血液検査できちんと確認するよう言われ
(アロマシンで生理が戻るケースもあるので)
これは、私も以前主治医にしなくていいのか聞いたけれど
FEC2クールで化学閉経して以降
「閉経」と判断しているようで、特に必要ないような返事だった。
そこのところをしっかりやる病院(医師)と(あるいは患者の年齢によって?)
やらないところがあるのかな~と…
今日、セカオピ後、ランチに付き合ってもらった
ブロ友さん2名も、閉経の検査はしていないとのことでした。

ホルモンが効かなくなった時点でケモ。
ゾメタ
の抗腫瘍効果については、まだ明確ではないけれど
それを期待して使うという選択もあり。

その他、転移治療との向き合い方など。
主治医に手紙送っておきます、次回の診察はいつ?
と聞かれ、今日の午後です!と答えると
じゃ、すぐ作りますと数分待たされた後、再度呼ばれ
一緒に(!)主治医宛の手紙の内容をPCモニター上で確認。

概略は以下

御紹介患者経過報告書

平素より大変お世話になっております。
この度ご紹介頂きました○○様ですが、貴院での診断、経過を拝見いたしました。
ご本人のお話も伺い、現時点ではアロマシンを継続する事でお話致しました。
ただ、抗ガン剤にての閉経後タモ服用からAIへの変更ですので、閉経状態
について一度、血液検査をお勧め致しました。ゾメタについては骨転移が
明らかであれば、歯科を受診後、開始することも悪くないのではとお話しました。
転移部位の再生検については、ホルモン剤が効かなくなった時点で、再生検を
容易に行えるような部位があれば、検討したほうがいいのではとご説明いたしました。
その後の治療薬の選択肢については先生がご提示されたものとほぼ変わりないこと
その根本の原則を含めまして、転移乳癌と向き合う考え方なども一緒に
お話をさせていただきました。
今後も、先生といろいろご相談をしながら、治療に臨んでいきたいとのことでした
ので宜しくお願い致します。

なにかありましたら、いつでもまた、ご連絡下さい。


この何かあったらいつでも~の言葉は
直接私にも仰ってくださり、本当に心強かった。
主治医とも交流があるようで
「F先生は良い治療をして下さるでしょ?いい先生ですよね。」
とお墨付き?!(笑)
※G先生の方がキャリア長い。


ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 
スポンサーサイト
セカンドオピニオンと主治医見解 | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
NoTitle
これで治療方針が決まるんですね。
yannchanと主治医の信頼関係はバッチリだから、ねっ。

ところで、tamaは、寒すぎて1歩も外に出られなーい。
風邪ひかないよう、気をつけてね。
こんばんは~
yannchanさん~、いつものように、とってもわかりやすく簡潔に、
セカオピに掛かる際の準備・やりとり・今後の方針をまとめていただいて、
ありがとうございます!

セカオピの先生が示されたホルモン治療での薬剤の順序・検査の是非についてもとても為になりました。
(自分の為になのはもちろん、患者会で相談を受ける身としても・・とても参考になります)

そしていつも感心すること。
yannchanさんの周りには、主治医の先生始め、セカオピの先生も、そして看護師さんや同病のお仲間も・・・強力なサポーターがズラ~リ、ですよね。

きっときっと、これからの治療も最強メンバーによる最強の効果が出る!!(もちろん、主役のyannchanさんが患者さんとして最強だもんね~^^!)って、思ってます。

寒いので、体調にはくれぐれも気をつけてくださいね~
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 良かったと思います。
>鍵コメ ビ様

こんばんは。気にかけて頂きありがとうございます。
実は、主治医の見解はちと変わって参りまして…
お薬変更となりました。
このタイトルで2~3くらいまで?レポ続きます~。
Re: NoTitle
>オレンジtamachan

そうですね~主治医のことは信頼しているけど
結構、ディベート(←言いすぎ)します。
というか、しました。

英国の冬はホント寒いでしょう。
オレンジtamachanも風邪ひかないようにね。
Re: こんばんは~
>ちゃこさん

お帰りなさい~。
いつもながら楽しませて頂きました~旅レポ。

いや~実は、まだ続きがあるのですが
引き続き迷ってますよー!!
結局、アロマシン続行じゃないし!!

本当に、ブロ友さんはじめ、周囲の方には
助けていただいてます。感謝!!

ちゃこさんも環境差?!の激しい地域からの帰国
お気をつけてお過ごし下さいませ。
Re: ご無沙汰しています❤
>鍵コメゆ様

こんばんは。コメありがとうございます。
実は、引き続きゾメタに関しては迷い中~
年末年始、迷います(笑)

体調とマーカーも落ち着いているようで何よりです。
来年もお互いゆったりと良い治療ができると確信して参りましょう。
なるほど
大変わかりやすく、生活の質を落とさない方針に納得です。
ホルモン剤変えたのでしょうか?それは、賛成です!!
納得するまで考える姿に 尊敬致しました。
NoTitle
yannさんの文章もわかりやすいし、セカオピの先生の話もわかりやすい。さすがだな、って思ったわ。
セカオピ行くと、お手紙くださるんだ~~知らなかったよ~~
お疲れさまでした!
Re: なるほど
>タッキーさん

先日のお電話で、
ッキーさんともあれこれお話出来て、
いろいろな情報、参考になりました。

お薬は、結局フェマーラになりました。
経緯はパート3で?!
Re: NoTitle
>ユメちゃん

ども!
う~さらに選択肢が増えた感じで引き続き迷ってますが・・・
セカオピならず、再建も3つの病院を紹介状持参で訪ねましたが
その後、やはり各先生から主治医宛にお手紙来てます。
そういうお作法なのかも?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。