06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今日は検査日ー骨シンチ 脳MRI エコー 検体検査 1

2012年12月05日



まずはシンチの注射。
予約時間に15分遅れの到着の上
乳腺科から同意書取り付けるの忘れていたから
先にこちらに来てくださいと言われていたので
パタパタとあちらのフロアこちらのフロアと移動。

中途半端な時間に放射線のフロアに着いたので
11時に注射でいいかな?と聞かれたけれど
次脳MRIがあるのでと伝える。

え?っと
検査技師が私の今日の予定表を見る。

それではということで針を留置しそのまま使えるようにと
注射器付きのまま移動。

入院棟から検査に来ているパジャマ姿の方々は
こんなのは見慣れた風景-なのか、特に気にとめる様子もない。
胸部エックス線とかたまたま検査に来てます~
と思われる(?)皆さんは、珍しいものを眺めるかのように
或いはあんな状態にはなりたくないわ~とでも思っているのか
検査着でもなくフツーに私服で
注射器をくっつけたままスタスタ歩いている私の腕を眺めている。

私もこの状態での移動は初めて。
点滴棒と一緒の方が、まだ理解されやすい光景よね…

はぁ…こうなるとなんでもありだなと思った次第。

脳MRIは、乳房の造影MRIと要領はほぼ同じだけど
頭部をがっちり固定されることが大きな違いかな。

採血までせっかくだから使いたかったのにそれはダメとのことで
そうすると使える血管ないよーと心配していたら
案の定、三回差し直しorz



一番ひじに近いところの絆創膏は、最初に針を入れたところ。
検体検査で、あちこち撫で回されて
う~んこの下あたりに・・・と入れられて失敗。
技師さんがほかの人を呼んでくる。
あちこち叩かれたり、撫でられたり、腕を下ろしてグーパーさせられたり
それでも、なかなか良いルートが見つからない感じ。
また取れないと困るな~と想い、手首はどうですか?と提案。
最初のケモのときに使ったことがあると伝える。
私が(素人が)見ても、腕より良い感じ。血管見えるし。

今、手首からは禁じられてるんですよねー。
え?何故?

う~ん、ごく稀なんですけど、神経に触り易いので
しびれとか残ると危険だからということで。

がっくり・・・
また取れないと嫌だな~と思い、手の甲は痛いから
避けたかったけど、甲でいいです、と伝える。

チクリ

痛っ

一緒に翼状針から伸びる管を眺めるけれど
いっこうに、血液が上がってくる気配なし。

断念。

う~こんな痛い思いして駄目?
今後、定期的にマーカーも見ていくだろうし
治療判定のために検査もあるだろうし…

さらにもう一人の技師さんが呼ばれる。
すみません、ちょっと一人では無理だからと
再度、白いバッテンのテープのところに針がさされ
一人は針を押さえ、
もう一人は血液があがってくる容器(なんていうの?)を固定している。

数秒の間、管が白いままだったので、今度も駄目か~と思っていたら
とてもゆっくりとだけど血液が上がってきた。
必要な量まで達するのか、すごい長い時間のように思え
針を押さえている技師さんも「あ~私もう1ミリも動けません!!」
とか言っている。最終的に採血出来た段階で、三人でガッツポーズでも
したいくらいの達成感でした。
「お~次回からこのゴールデンコンビでお願いしたいです!」(笑)

採血は回転も速く大勢の検査技師さんが空いた順に入るので
それは無理と分かっていても。
「ご指名データーに入れておいて下さい~」って。

「大丈夫ですよ!ちゃんと他の人でもわかるように
『採血困難』と入れておきましたから」

エコーはいつもお願いしている方が他の業務についていたので
後輩の方に引き継いでくれていた。
やたら健側に時間がかかったのと、今日、F先生の診察はありますか?
と聞かれ、なにか、早急に主治医に報告しなければいけないことが
あるのかと不安になる。(が、夜、元検査技師の友人に伝えたら
単に診察あると早くデーターあげないといけないからだと思うとのこと)

シンチ撮影までの間にランチ。

ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 
スポンサーサイト
転移治療 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
お疲れ様です。
いっぱい針刺されちゃって、痛々しいです。
がんばったyannchanさんに何か美味しいものをごちそうしてあげたいと、つくづく思います・・・・・。
耐えたね~
針刺し直し、3回?いゃあー!
注射器はついてないけど、いつも点滴針を3階の診察室でさして、7階の食堂で食べて、2階の化学療法室に行ってました。たしかに慣れる…
Re: No title
>ミルティさん

ボンソワ!

そう、痛かったの~!!と叫びたいがため?!
画像アップしてみました。
あと患者生活初の射され具合だったので記録。

美味しいものは、今日はランチもディナーも
しっかり頂きました!
Re: 耐えたね~
>きよらさん

いや、耐えませんでした(笑)
甲はさすがに痛~っと声が出ましたよ。
シンチ注射も何気に前回のドクターより痛かった…

>いつも点滴針を3階の診察室でさして、
>7階の食堂で食べて、2階の化学療法室に行ってました。
>たしかに慣れる…

このあたりで、やっぱり自分(たち)
別の惑星に来ちゃったかな?と思う。
こんなこととは全く無縁だった生活から

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。