09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

造影CT、胸部レントゲン、検体検査ー放射線医と看護師さんと

2012年10月29日
久々の造影CT。初めてのときはみんな
全身そして、あの下半身がもわ~~~っと熱を帯びてくる感じから
え?お○○し?な感覚を味わう。
私は、初めてのときも、ブロガーさんの記事で予習していたので
そんなに驚かなかったの。おお、これが噂の!!って。

もともと血管出にくい右しか使えないのと
デブにふくよかになって脂肪の下に埋もれてしまったのか
前処置の看護師さんが「うちは、看護師さんも先生も注射が上手い」と
さんざん言っていたにも関わらず、失敗された…(汗)
看護師さんがあれこれ努力してくれている間
(う~可能であれば、もっと上手そうな?先生呼んできて…)
と心の声が呟いた。

採血で使ったところは使いたくないから~とありがたいお申し出では
あったのだけど、液漏れ怖いし、入りそうなとこならどこでもいいよ~!

しかし、ここでも、バンザイの刑が待っていたのだった。
ん~?前にやったときバンザイしたっけ?CTで。

はーやっぱりこれから全摘手術、リンパ郭清もあるみなさんは
術後リハビリ頑張って下さいね~。
サボっていた私は「後で困るよ~」とサブのドクターに言われていましたが
はい、困ってます。

金曜日の朝、出勤前に電話して、放射線の看護師さんと再発しちゃった~
いっぱい転移があるの~と号泣しながら話していて
月曜日、何時でも大丈夫だから、CT終わったらすぐいらっしゃい
と言ってもらっていて、朝、薬飲むとき水を飲んだ以外
なにも飲食してなかったので、さすがに喉も乾き
自分の分とドクターと看護師さんの分のカフェラテ買って
卒業したはずの放射線科へ。

ちょうど待合室に入ったとき、お世話になった技師さんが
あれって顔をして私を見たので軽く会釈。

看護師さんの顔を見たとたん、涙が出そうになったけど
しゃんとしてないと、ドクターときちんとお話出来ないかもしれないし
ここは大人の女ですから、ぐっと堪える。
何人か治療待ちの方がいて、どういう病状か分からないけど
「再発」という言葉は聞かせたくなかったし。

食べてる?
うん食べてる。食べなくていいくらいなんだけど。
眠れてるの?
眠れてるよ。私眠れるのよ~。
オペの前夜とかも同室の方はみんな睡眠導入剤お願いしていたけど
私は、それは平気なの。
って、そう思うとダメージは結構少ない???
太った?
はい。B病院に初めて来たときから10キロ近く太りましたorz
久しぶりの対面だと、余計、増量が目立つのかしらん…


放射線室は待合室も独立していてある程度のスペースがあり
診察室も乳腺より広くて、地下とはいえ、私にはわりと
居心地の良い場所。ドクターも笑顔で顔を見ながら話してくれる。

せんせーうっかり転移しちゃったの~~~!!と
バスケットに荷物を置きつつ伝える。
飲みかけのカフェラテは先生のデスクをお借りし
持参のものを先生と○さんの分だよ~と渡す。
もう、喉乾いちゃって、CTの後も水分取ってくださいと言われたし…

水のほうがいいんじゃないの?そんなのより・・・

(って、先生もデブになった私を懸念して?
糖分入ってる飲み物はやめなさいよと暗に言ってる?)

そうですね~ホントは水飲むべきですよね。
もう、主治医より重いの!!
先生何キロ?って聞いたら60キロ!って
私、いま、65キロくらいあると思う~
ってあたりで場内(場内?)爆笑。
まあ、フツー主治医の体重聞かないでしょう?
ということと、明らかに私より細いF先生を思い描いたのね。

すでに、PET-CTの画像と撮影したばかりの
造影CT・胸部レントゲンも読影してくれていて
これ、PETだから映ったけど、CTとレントゲンじゃ分からないよねー
ほらこの肺の画像も…

<PET-CTの所見>

●骨(右肩甲骨多数、右第9、11肋骨、左9肋骨、仙骨など)
●肺(右中下葉間胸膜に接する腫瘤)
●リンパ節(左気管気管支・気管分岐下~右肺門側・左頸部など)

に転移を示唆するFDG異常集積を認めます。
最も目立つのは仙骨左側の転移で、early SUVmax8.6→delay10.4です。
右中下葉間胸膜に接する腫瘤はearly 2.6→3.7です。)


とあるから、もう、あっちこっちに、いっぱい飛んじゃって~!!
と思っていた。まあ、実際、多発に転移はしているワケだけど
もっとも目立つと書かれた仙骨も、CTではほとんど分からず
その他の骨についても、肺やリンパについても同様とのこと。

ホルモン療法からで良いんじゃないかな?と
放射線医も主治医と同じ所見。

骨転移が分かった段階でゾメタ推奨の記事を読んだりするけれど…
ということも伝えたけれど
(ってドクターたちはそんなこと、とっくにご存知ですよね)
ゾメタの副作用の懸念なども話して下さり。

将来的に使用しなければいけないときに備えて
歯科治療をしっかりしておかなくてはと思ってます。

そうそう
「(B病院で)照射したところは全然大丈夫だね!!」
ってドクターともども、そこは喜んで
良い治療をして頂きありがとうございました!とお伝えしました。

ゾメタ

本日の流れは

1)採血
2)CT(胸部)撮影(造影剤入れる前に一回、造影剤注射後に一回)
3)胸部レントゲン(正面・横向き←これもバンザイ!だけどつかまるパイプがある)
4)放射線科診察

明日は主治医診察

ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 
スポンサーサイト
転移治療 | コメント(20) | トラックバック(0)
コメント
No title
お疲れ様でした。
腕あげたままの検査は大変だったでしょう。
今後の治療方針を決めるにあたって、いろんな方の意見を聞けるということは大切ですね。
セカオピも含め、主治医とも満足できる方針を見つけてほしいです。
検査、通院、セカオピ、方針決定、慌ただしい日が続きますが、休養も忘れずに。

それにしてもカフェラテ~^^
何も食べてなかったんでしょ?そりゃ糖分欲しくなりますわ。
飲食禁止の検査は堪えますもんね。

放射線の効果、励みになります。
大変だったけど、照射して良かったって思いましたよ。
No title
ばんは~。

なんか私、場違い。
だからもうお邪魔しないつもりだったの。
でも造影剤の“下半身、もわ~”に魅かれてまた来ちゃった...^_^;
でも“もわ~”は、りかは2回目からだった。初めての時はなかったんだよ。
私も血管細くて針入りづらいんだけど、みんな一度で入れてくれるの。でも一度だけ、4回、手の甲のあちこちに刺された。ベテラン風の看護師さんだったから安心してたら、4回って...^_^; どんだけ痛いと思ってるんだーーー(怒)

あ、そうそう、ちょっと自慢のコーナー!!
私、未だに毎日腕のストレッチやってるよ。
偉いだろ( ̄^ ̄)エッヘン!!

あー、なんか、ほんと場違いでごめんね~。
今日のりか、ヘンなんだ~。
あ、いつもか!!(笑)
CTにうっすらの間にやっつけましょう!
ハーセプチンはもう1回使わないのですか?
No title
お疲れ様でした。
私の場合造影CTは片手だけバンザイでした。
あとCTのあと水を1Lくらい飲んでねって言われました。なので今から飲んでください(あ、もう夜中だ)
リハビリ私と一緒にしましょうよ~(スカイプ越しでやりましょう♪)
はじめまして!
初めまして伺い読ませて頂きました。すごく参考になりますし貴方の人柄すごく好きです。
これからも読ませて頂きますね!治療とともに応援しです!!
Re: No title
>もこもこさん

おはよ~。
そうなの、つい糖分がね…
でも、運動する、肥満を避けるホルモンヌ大切だからね…
そう、放射線頑張ったチームには励みになる部分ではあるかと。

ご心配頂きありがとうございます。
これから主治医診察行ってきます~。
Re: No title
>りかこさん

え?何が場違いなの?来てね。
ここのとこ、さすがにみんなとこにコメ行けないけど
相変わらず抒情詩のような、りかこブログ読んでますよ~。

4回か~。2回で悲鳴あげていてはいけないのね。
でも採血入れると1日3回射されたワケで(涙)

毎日のストレッチえらい!(褒)
Re: タイトルなし
>ぷよぽんさん

おはよう~。私はHER2陰性なので
ハーセプチンは使えないのですよ~。
コメ、ありがとうございます。
Re: No title
>ミルティさん

おはよう!
水、帰宅途中でとりあえず500mlのペットボトル自販機で
買いました。ほかにも食材買っていたので1ℓボトルは重たいのよ~
ええ、今後の検査に備えて、腕上げますよ~
(つり革、傘は左手で持ってるんですけどね)
Re: はじめまして!
>くろさん

はじめまして!コメントありがとうございます。
参考になると言って頂けて嬉しいです(ほんとは、参考になんて
しない状況が一番良いワケだけど)応援ありがとうございます!
心強いです!!
そうなんだ。
PETの威力ってすごいんですね。
でも、乳がんそのものは、写らない事多いんですよ。
乳がんは、ブドウ糖の吸収率が低いのかな?
CTでは、あまり写らないと言う事は、本当に初期なんですね。ゾメダはそうなんだ~~うちは、すぐ使っていますね。それで、辞めています。とにかく、歯医者は重要です。私は、先日切開して親知らず抜きました。大変でしたよ。
立派です!
相変わらずの勉強家ぶりに頭が下がります。
yanちゃんのそういう姿勢がどれだけみんなの力となることか!
yanちゃんの記事を全部コピーして治療の教科書として取っておこうかと思ってますよ。
本でも出してください。
そして世のDR.は読むべきです!

ともあれ悲しみの淵に沈むこと無く
それをプラスに変えて行くなんて本当に尊敬します。
自分にもこの先降り掛かるかもしれないことなので
お手本にさせて頂きます。

いつも更新ありがとうね!
No title
はじめましてです
私は9月の終わりに乳がんと診断され、それでも抗がん剤で小さくして手術はやってもらえると思ったら、もはや転移しすぎて手術不可能とのこと;_;
今はアロマシン服用とゾメタの点滴で通院中
私の場合仕事の内容から辞職せざるを得なくて…
でもこんな状態でも、いつか社会復帰できたらなあと思ってます
yanちゃんの明るく前向きな姿勢勇気もらえます
Re: そうなんだ。
>タッキーさん

さすが、多くの実例をしっているタッキーさん。
参考になります。ゾメタ使用については、
今日、再度主治医とも話してきました。
歯医者も結局ケモ時も行かず…
今回は、逃げ場なし…行きます歯医者!
いつも♪
yannさん。

応援団に加えて、放射線科の先生と看護師さん。
すごく心強いですね。
主治医の先生を同じ見解で、今後の道筋が見えてきたこと、
yannさんにとって良かったことであったらいいな、と思います。

週末あたりからかなり寒くなってくるようです。
風邪ひかないで大事に過ごしてくださいね。
yannさんのこと、いつも思っています(←ストーカーか!)
Re: 立派です!
>空いあおさん

いや~もっと褒めて(笑)って褒めすぎです。
たぶん、みんながするようなことをしているだけだと思うけれど…

でも、こうしてコメで励ましてもらえること嬉しいです。
ありがとう。マッシュはどうかな?
Re: No title
>あずみさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

乳がんとの確定診断、ホント、辛かったでしょう。
オペできず腫瘍を抱えたままというのは心配も募りますよね。
私も、確定診断当時、病期も進んでいたし、すごく怖かったり
迷ったりして、いろいろ調べたり、病院を経営している
知人に(夫、娘、娘婿が医師)相談したりしました。

乳がんは治療方法が確立している病気で、病院や術者によって
そう大きな差異もなく治療していけると教えてもらいました。
今、私たちが出来る治療を、一緒にやっていきましょう。

また遊びに来て下さいね。

Re: いつも♪
>harucoさん

ばんわ~リアルタイムでPCに向かってるかしら?
同じ航行者である記事、ウルウルしながら読んでました。
ここのとこ、さすがに、なかなかみんなのところに
コメに行けませんが、巡回(?)はしてます。

誰かが気にかけてくれている、と思えるだけで
安心した気分になれます。ありがとう!!
No title
PCに向かってま~す。

ゾメタ…
そうなんですね…
Re: No title
>ゆふこさん

まだ、PC前~
さて、今日の診察は…?!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。