06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

PET-CTの被爆量についての結構微妙な回答

2012年08月21日
CTよりホントはPETの方がいいんだけど…

との主治医の言葉。
治療に関してはもちろん全幅の信頼を置いているので
主治医が「良い」と考えていることは、そうしたいと思う。

よく、PET検査を受けました-という記事も見かけるので
あれこれ検索。そして、友人の推薦してくれた病院のHPもチェック。
お、ここなんか良さそう。「PET-CT」がある!!
でも、「PET」で「CT」なんて、線量高そうじゃない?
とサイト内をめぐっているとQ&Aコーナーが。

Q:PET-CT検査で使用する薬剤(放射性物質)は大丈夫ですか?
A:検査に使う18F-FDGという薬は、ブドウ糖製剤です。
  副作用は少なく安全と考えられています。
  また、この薬剤による放射線被ばくは、
  人が地球上で自然に受ける1年間の被ばく線量とほぼ同じです。


ん?1年分を1日で被爆するなんて
やっぱり結構多くない?「安全です」って回答なのかどうか微妙~
というか受け取り方次第?

検査後24時間は微量の放射能が体内に残っているため、
幼少児や妊産婦との緊密な接触は避けてください。


なんていうアドバイスも掲載されているし。
いえいえ、乳幼児や妊婦以外の友人・知人にも接触しませんて!
こういう場合一人暮らしで良かったなー。
(こんな日はさらに蚊も、3メートル以上の距離を保って
近づいてこないかねー)

どこで、どんなリスクを取って、どの道を進んでいくっていうのは
高性能のナビゲーション付きでも
アクセル踏むのもブレーキ踏むのも、左折右折も自分なんだな~と再認識。

あるいは、明るい月夜のボート。
一人、漕ぎ手を休めてしばし考える、の図。

画像診断フォーラムの記事
※「CT MRI PET 被爆」で検索したらたまたま上位検索されたサイト
 情報については、ご覧になった各位でご判断下さいね。


ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
治療にかかわるあれこれ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
被曝量
骨髄移植の直前に三日間で12グレイの放射線を浴びました^^;
普通の人で15グレイが致死量らしいですけどこんなに浴びたら新たな白血病になっちゃう気もしましたよ。
進むも地獄?止まると死!だったので医師の言いなりに過酷な治療に耐えていました。


だからCTやX線程度の線量くらいでは大丈夫ですよ。

根拠は無いけど・・・
大丈夫!! (^^)/
Re: 被曝量
>守さん

こんばんは!初めまして。コメントありがとうございます。
1日2グレイが限度だから・・・2グレイ×25日間の連続通院だったワケですが
守さん、三日間で12グレイですかーーーーーー(驚)
お疲れ様でした。。。

根拠もエビデンスもないけど(?)
私たちは大丈夫!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。