07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

主治医診察 私を導いてくれる人 3 

2012年08月18日

ついに明かされた謎!
突きつけられた驚愕の事実!
     あ、若干想定内…





先生、体重何キロっ?!




なんですか、その小さい「つ」は。

それ、今日の診察内容になんか関係ありますか?(代理ツッコミ)
というような「は?」的な"間"も特になく、フツーにナチュラルに即答する主治医。





「60キロ」





敗北…orz
いや、勝利?
主治医より重たいこと確定!!

え゛~先生、私より軽い…
でも、そう、なんか、先生痩せちゃった?とか思ったのよね~
いえ、もともと細いけど

いやいや、そうでも(ゴニョゴニョ)以下不明-


遠目に車椅子の患者さんを介助する姿を目撃したとき
あら?ひとまわり細くなったかな、と思ったのでした。

大丈夫かな?4月~6月の間で常勤の先生2名
退職されたり非常勤になったりして
患者さんを引き継いでいるだろうから
忙しくなる(なった)んじゃないかな?とは心配していた。

自分よりずいぶん上の先生の患者さんたちだから
気を使うだろうし…(実際、主治医変更を伝えると
「先生は私を見捨てるんですか?」と泣かれたりすることも
あるみたいーと院内の友人から聞かされた。でも、非常勤だと
今までのボリュームでは患者さんを抱えられないだろうし…)

はー
「主治医に『痩せたね』と言われ隊」休部。
とりあえずの努力目標は、主治医より軽くなること!

放射線治療をした胸のインプラント再建でのリスクについて
以前、説明してくれていたときに、
自家組織での再建という方法もあるよね?と
ちらっと話してくれたことがあったけど、
今回、再建を2~3年待つ理由の話の合間に、
上手く生着しなかった方の例なのか
いきなり、(自家組織再建に)いい思い出ないんだよね…
とボソっと言い出して^^;

コラコラ

でも、ま、そういうこともあったということを言ってくれて良かった。

この日の診察は、何かを言いよどんだり
言い換えようとしたりとか、回答を躊躇するようなこともなく
聞いたことにはすべてほぼ即答で、
構えることなく対峙してくれて、率直でフランクな感じで良かった。

まだまだ患者さんもいるだろうし
自分も次のスケジュールがあったので、
ノートに纏めてきたとおり質問できて
ノートに書いてないこともきけて(笑)
ちょうど30分くらい?で終了!

そうそう、アレルギーチェックも引き続き入れてもらっていたのだった。
(前回は、スギ・花粉関係。今回はハウスダスト)
せんせ~アレルギー検査の結果票も出して。
カラーのオリジナル原本を渡される。
ん?先生、これもらっちゃっていいの?
これ、渡しちゃっていいの?(主治医、看護師ちゃんに聞く・笑)

先生、この表の数値の見方がよく分からないんだけど。
僕も分からないんだよね。
↑↑(笑)正直でよろしい。

一緒に、一枚の小さな紙を凝視。

陽性→→偽陽性→→陽性のあたりにある※印で確認。
ハウスダスト1、2とも陽性!
ってことで。その他の数値もあったのだけど
「基準値0」だから、もう、どんな数値でも
0より大きい数字が書いてある限り感受性あり?のようです。
殺風景だからと、私が昨年寄付(?)した人形の一体が
卓上カレンダーの影でぶっ倒れていた!

せんせーこれ、いつから倒れてるのっ?
今日から。

ウソつけ~!(心の声)
この人形たちとカレンダーの位置関係、たたずまいから
しばらく気づかずに、結構、長い間放置されていたと想像。

お友達を連れてこようと思ったんだけど
もう、このシリーズないみたいなの…(少なくても私が購入した店には)
と告げつつ、起こしてあげる。

ありがと。

真面目で誠実な良い先生なのだけど
ぱっと見がクールビューティな感じで
こうお愛想するタイプじゃないから、
最初は、上手くやっていけるかな~と、ちょっと心配だった。

私はすごく言葉でコミュニケーションを取りたい方だし、
実際の治療とは関係ない話?ちょっと雑談とかもして
(褒めたり励ましたりもしてもらいたいとか!)
リラックスした空気感の中で、診察を受けたいと思っていた。
私に馴れて?欲しかった。

他の患者さんとも
カンバセーションピース-conversation piece-になるかな?と思って
飾っていい?と、少し慣れた(お互い)頃に持参してきたのだった。

その次の診察のときに
これ、患者さんに評判いいよ~と言われた。

ヤタ─────v(-∀-)v─────★

そうよ~誰が見ても「あ、可愛い!」と声があがるような
とっておきなモノを選んだのですから。

治療とはまったく関係ないことだけど
あら~これ可愛いですね!ってあたりから
会話が弾んでいくといいかなって。
それは患者にとっても医師にとっても。

まあ、かつては
院内どこへ行っても「F先生優しいでしょ?」って言われるので
本人に(半分冗談だけど)
「F先生優しいでしょ、ってみんなに言われるんだけど
『F先生の優しさって分かりにくい~』って返しておいたからね!」
との発言もあったワタクシですが(笑)

優しくて素直(笑)な性格の主治医が大好きですよ。


ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ホルモン療法(内分泌療法) | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
えっつ?!
60キロって…油断したら私だって危ないじゃん、どれだけ細いの~(-_-メ)
そか~休部かあ…ま、私も「痩せたね」より重要な問題出てきちゃったしねぇ…ちょっとじゃなくもっと真面目に取り組む所存でございます。
来週のセンセ診察に向けてとても参考になる診察室の中覗けてちょっと、いやかなり羨ましいです。いい先生ですね。
女ゴコロの…
掴みってもんをバチッと持っている主治医さんですねぇ‼

クールビューティーで、実は優しくて…
うーん、一番グッと来るパターンですなぁ~(*^^*)

真面目な話、自分の人生の一大事に立ち会う主治医の言葉が信じられるかどうか、コレって大切なポイントですね。
わたしの場合。yannchanさんのような主治医愛はほとんどゼロで悲しい。。(ただ言葉の誠実さだけは買ってます!^^;)

詳しい検査で今の不安がきっと晴れますように。願っています‼

Re: えっつ?!
>みんくさん

も~60キロってずるくない?
160センチ弱のワタクシが7センチくらいのヒール履くと
あまり変わらない印象だから、170センチくらいかな。

みんくさんの主治医診察レポも、とても参考にしてますよ。
アップ待ってます。
血圧は測定の誤差大きくない?
機械で計って私も140とかありえないからと
看護師さんに血圧計で計ってもらったら120だったこともあるし。
白衣性高血圧、ってくのもあるみたいだからね~。
Re: 女ゴコロの…
>ちゃこさん

お帰りなさい~
大熊猫画像ありがとう~!早く動画のアップ方法も学習して下さい(笑)
私も、九州遠征とかスカイマークを利用したこともあったけど
何かの時には機材ぐりができないよね?代替機ないよね~?と
格安航空会社はそのあたり、あれですよね。

しっかり検査を受けて、「大丈夫でした!」報告します。
大丈夫ですか?
yanchanさんって
とてもお元気そうで、お休みの日に、
寝てるなんて、思いもしませんでした。
大丈夫ですか?

わたしは、なかなか、寝たきり生活が
終わりませんが、
今度の薬、ジェイゾロフト、に、かけたいと
思います。
Re: 大丈夫ですか?
>ハルたんさん

しんどいときにコメントありがとう!
そう、常に倦怠感や疼痛はあるし
何も予定がないときは、ほぼ1日寝てます。
ホントは働かなくて良いなら、毎日寝ていたいくらい…
(なんて言っては申し訳けないけど)
遊びの予定のときでも、「起きて外出の準備をする」ことに
エライ、気合が要ります~主治医診察でもね(笑)

私たちはやっぱり治療の蓄積で
弱っている部分も多いと思うから
しんどいときはしんどい自分でいいや~と
ゴロゴロしていましょう。

そして、それが薬であれセラピーであれ
軽減されるものがあれば、それに頼って下さいね。
ハルたんさんが心身共にラクになれるよう
いつも願ってます。
No title
自分の主治医もこのところスリムになっていて・・。
とてもそのことを言えない状態です。
主治医の先生との会話がいつもとってもいいですよね。
自分は少しうまくいっていると、次の時返す刀でしっかり真っ二つになることが多くて(笑)
No title
おおー!
yannさんの主治医とのコミュニケーション術を見習いたい!
というか伝授して欲しい・・
そんなに注意を引く人形が!?

先生かなり細めですね・・
乳腺外科医、増えますように。
Re: No title
>carumiさん

主治医各位夏痩せかしらん~
交代でバカンス取る分、出勤週は凄い多忙とか?
ちょこっとどうても良いようなお話が
セラピーの代わりになってるかな?とも思います。
Re: No title
>ぽろんさん

もう、ここまで育てるのに苦労しましたよ(笑)

出会ったころだったら、「これいつから倒れてるの?」
という質問自体理解(対処?)出来なかったと思うから。
でも、院内の検査技師の友人に、当初
なんか、コミュニケーションがイマイチ取れてないような気がすると
相談していたら「うん、でも、フツーの患者さんそういうこと
言わない(聞かない)から、戸惑ってるんじゃない?」と言われマシタ。

まあ、血液型と生年月日聞いたあたりから
この方向へ(どんな方向?)


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。