05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

主治医診察 私を導いてくれる人 2

2012年08月17日
■転倒の顛末

先月、このフロアのロビーで転倒し術部打撲。
打った当初より、1週間以上経過してからの方が
尋常ならざる痛みで、整形外科受診の件を報告。

レントゲンでは骨折もヒビもないって。
でも映りにくい箇所もあるからって整形の先生に言われたの。
で、打撲の痛みであれば数週間で引くから
一ヶ月も二ヶ月も痛いようなら他の病気を疑って!!って
言われたのよ~~!!もう、数週間は経過したような気がするんだけど
何?他の病気って?
こんなとこ(と痛いあたりを示し)の病気って何が疑われるの~?

いや、まず大丈夫でしょう。
そこはね、呼吸するたびに動く場所だから
なかなか痛みが引かず、ずっと痛いとこなの。

と、整形外科医の所見と寸部違わぬ発言。
さすが"外科医"の本分?!

でも、万一「他の病変」の場合
腫瘍とかー整形で撮ったレントゲンに映るの?

ん~肋骨あたりしか撮影しなかっただろうし
それ(骨に関わらないなんらかの病変)は映らない。

ま、結局、10月にCT予定となってしまったので
「打撲」(であろう)痛みについてはもうしばらく様子見。
朝、ベッドから起きるときとか
寝返り打つとき唸るほど痛いのよ~。
※術側は負荷かけないように絶対下にはしないので
寝返りと言っても仰向けでから右横まで。

■検体検査結果~もうひとつのマーカーも

あと、2日の検体検査の結果出して。
え?そんなのやったんだっけ?
ーー;(聞こえないフリ)
せんせ~私マーカー上がりつつあるのよ~!!

クリック。

一緒にモニター凝視。

即効H(high)の表示に目が行く。

前回はNCC-ST-439のみ基準値外だったのに
今回はCA15-3も基準値外だったorz

検査しとくかー

前回は、注意しながら様子(数値)を見ていこう
との見解だった主治医もさすがに思うところあったのかな。
微増じゃなくて倍増だからね。    

□□□□ 2011/8 2011/10 2011/12 2012/1 2012/2 2012/5 2012/8  基準   
NCC-ST-439 1.5   1.1    1.1    1.8     3.2    7.6   15   0-7
CA 15-3     17.3   19.1     16.6    19.8    18.8   22.0   27.6    25


NCC-ST-439は2月、5月、8月と倍々やん!
昨年8月と比べたら10倍やん!!とか思って。

CTやっとくかな。
ホントはPETがいいけど(ウチの病院には)ないから。

10月でいい?
いいよ?

保険の「がん診断給付金」は2年に一度だから
うっかり再発だった場合、初発確定診断の2010年10月16日から
2年経過したあとに、診断してもらわないといけないのよ…

5月(術後一年)に何やったっけ?
MRI、エコー、マンモ、シンチ…
シンチはまだいいか。11月で。

検査は一年に一回でいいと言っていた主治医も
「半年ごと」モードに変わった?私が言わなくても…

先生、11月は来れないの。
だから、12月に次の半年検査と思っていたけど
マーカーが気になるから、
とりあえずCTだけ先にやるってことで大丈夫かな?
何もなければそれで安心だし。

次回、9月12日にまたA病院に行くから
その日の午後、先生の診察入れたの。
また、いろいろ何か聞きたくなってしまうかな~と思って。
レジデントちゃんも、F先生に(口頭でも)伝えますって
言っていました。
その時に10月の検査の日程を決めるね。

常に倦怠感やだるさがあるから
それがホルモン療法からくるものか
なにかちょっと病変があってのことなのか分からないし
相変わらず、対側や胸骨あたりがピリピリ傷むと
なにかあるかな~なんて思ってしまうし。

胸を診ましょう。

術部も健側も丁寧に診察してもらう。
どこか手が止まるようなこともなく
そして、万一何かあったときには、きちんと
先生が見つけてくれるのだろう、という安心感にも満たされた。

「F先生は優しいから」

検査室の技師さんや他科の看護師さんから
かつて聞いた言葉が蘇る。

唐突に診察室の扉が開いて
中待合に出てきた主治医の姿がフラッシュバックする。
カルテを見て、次は車椅子の患者と知ったのでしょう。

その後の老夫婦のときにも、
ナンバーがディスプレイされても
ゆっくりとしか歩けない二人のために
ドアを開けて待っていた。

ベッドに腰掛けている私は
胸部を触診してくれている
主治医の頭部と指先を見下ろすようにして眺めながら
このヒト(←失礼~)が私の第一のナビゲーターなんだな~
先生の示唆や指示を、しっかり聞いてやっていこうと思った。

私たち誕生日が一緒だし、大丈夫だよね?(心の声)


3につづきます(笑)
まだある~雑談?と、そんな予感はしていたけど、軽くショックだったこと!!


ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ホルモン療法(内分泌療法) | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: はじめまして。
>鍵コメC様

はじめまして。
>「突然のコメント」
ありがとうございます!!

こういうこと、あるのですねー。私も、さくっと検査して
「なんでもなかったねー」と言います!!

先生はCTと言っているのですが
他の科から患者さんを送っている提携病院に
PET-CTがあるようなので、私もそちらがいいかな~と思ってます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。