05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ハイリスクだと突きつけられたような気がした

2012年07月24日
「まだ見ぬ未来」へ少し前進するような気分で
今日も6時に起床して、
朝一番の9時の形成外来に遅刻しないよう
張り切って部屋を出た。

ふっと、お弁当箱をバッグの底に入れるために
他のものを取り出してベッドに並べたことを想い出す。
あれ?紹介状入れたっけ?!
絶対忘れないように夜のうちに準備したけど
さっき出したまま入れなかったような気がする…

いいことに気づいた自分!と戻ってみると案の定
ベッドの上に紹介状の封筒が。余裕をもって出たお陰で
それでも、予約の15分前には到着。

受付をすませ呼ばれるのを待つ。

私は、今日お会いしたドクターの技術も信頼しているので
かなり前向きに検討していた。
労働者としては、12月後半から年末年始にかけてか
来年のゴールデンウィーク頃が希望。
でも、そういう時期はやはり希望者も多いだろうし
先生の予定もあるだろうし。

実際、年末年始というのは無理で
早くて2月。
ゴールデンウィークにかけてがよければ
この日程が可能と提示され、ますます再建への想いは募る。

乳房再建術を受けることが、
ものすごく現実味を帯びてきた感覚に包まれている中で、
ひとつ大切なことがありますーと切り出される。

主治医の先生は長年の多くの経験から
まだ、経過観察を要すると考えられているかもしれないから
その辺をよく、主治医と話し合って欲しいと。


再建を考えてもいいよ、
ということで、紹介状を書いてくれたのではないの?
単に、私が望むから書いてくれたの?
Nクリニックでは、初診のあと見積もりも出して下さり
それに私がサインをすれば、あとは日にちを決めて
手術が受けられるようになっていた。

紹介状の内容は、渡された問診表と一緒にファイリングされていたので
自分でも読むことが出来「再発の兆候もなく経過良好、貴院での再建を
希望しています」というような内容が記載されていた。

今回、紹介状を頼んだのは、術後一年検査結果のあと。
NCC-ST-439が基準値外だった。
Nクリニックへ持参したときとは、紹介状の内容違うのかしら?

あるいは、私の確定診断時の状況や治療歴から
ハイリスクと判断し、そのようなことを形成の先生
言い出されたのかな~とだんだん気持ちが沈んでいく。

来月、定期診察があるので、よく相談します、と伝えた。
それは、ちょうど良かった、では、その後に再度
いらしてくださいと、9月に形成の再来予約。

さっきまで、2月にしたいならこの日、4月ならこの日と
具体的な日にちまで提示してくださっていたのに…

主治医はもっと経過観察したいのか?

明るい気持ちで来たけれど
病院を出るときは、少しブルーな気分で
勤務先の最寄駅についてから、思わず乳腺外科に電話。
どうしても主治医と話したかった。
外来混み混みで対応できず、手が空いたら折り返すとのことだったけれど
もともと、うちの病院は電話で医師と直接話すことはほぼないので
期待してなかったけれど、やはり看護師さんから留守電に
メッセージがあり、先生に用件を取り次ぐと。

再度、乳腺外科に電話をかける。

間に他人が入ると、ニュアンスがうまく伝わらなかったり
違う言葉に言い換えられてしまう懸念もあるから
自分で伝え、聞きたかったのだった。

・今回の紹介状は前回と文言が違うの?
・先生は、再発リスクをどのように考えているのか?
・形成外科で、主治医とよく話し、再建の了解を得るよう言われたこと

などを伝えてもらった。

夕刻、留守電に簡単な返事があり
「F先生は、再建は2~3年待ったほうがいいと仰ってます」と。

オペの入院中、初発の状況が自分のような患者は
どの程度、再発しているのか?とか、
退院後の外来でも、先生が今まで診てきた経験から
予後をどのように考えるか?(一般的な数値とは別に
主治医の経験値から知りたかった)等々尋ねても
そういう話はいずれ…と濁したまま
データー的な話(生存率とかも)は、まったくされたことがなかった。

そう数字であれこれ余計なことで悩まないように
という配慮だったのか、個体差だから比較しても仕方ない
ということなのか不明だけど、そういう話は、ホント皆無だった。
検査も一年ごとで良いと主治医が言っていたのを
私が不安なので当面は半年ごととお願いしたのだった。

でも、この「待ったほうがいい」の言葉を聞いて
この2~3年のうちに再発の可能性が高い
ハイリスクのグループに入っているのかな?と思ったら
自分の置かれている現実と、
がっつりと向き合わされたような気がした。

不安と向き合うことは孤独な作業だね…


ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
乳房再建 | コメント(34) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんばんは~
いよいよというときに、紹介状まで書いてくれてるのにそんなことって?
って気分ですよね。
留守電に残されている言葉だけ聞いたら、
一方通行だし凹みますよ~
F先生と直接お話しできてちゃんと納得できるよう
願ってます。
先生によって?
チームトリネガは再建待ったを言われることも多いようで。
2~3年が山場だから?
でもこれは先生によって言う事が違うからハイリスクうんぬんでもないのかなぁと思ったり。
伝言だけではF先生の考えがわからないもの。
会ってお話してもやもやが解決しますように。
そしたら、またゆっくり浮上してね。
No title
不安と向き合うことは孤独・・・
同じ病気を抱えていて、不安を持つ気持ちは同じですが、一人一人状況やふとした気持ちはそれぞれ違っていて「うんうん、わかる~」なんて簡単に言ってはいけませんよね・・・
でも、こうやって読ませてもらって離れた場所からですが、不安なんて吹っ飛んでくれ~って思ってます(@_@)
主治医の先生はとても慎重派なのでしょうか?
早く面と向き合ってお話しできるとよいですね!





No title
こんばんは

紹介状書いてもらってるのにそんなことって…

留守電に残されたメッセージだけでは不安になりますよね?

早く会ってお話しができますように。

No title
紹介状を書いてくれたのに今更どうして?だよね。
形成の先生の考えなのか、主治医先生なのか。
いずれにしても、自分の考えとか気持ちも含め
主治医先生とよく相談して
納得して方向が決まるといいね。
No title
目標に向って気持が進んでいるのに、待ったをかけられたら気持が宙ぶらりんになっちゃいますよね。
一人で考えてるとポカッと穴にはまりやすいかなと思うので。
早く主治医の先生に会って直接お話が聞けると良いですね。
No title
同じくステージⅢだった私も、再建するのだったら数年待ってね、と
化学療法室のナースに言われた記憶があります。

落ち着いてから、という意味合いに受け取られてはどうかしら・・・
ファイト!!
病院とか主治医とかの考えによって再建時期のすすめは、違うようです。うちの病院は、ハイリスクでも再建OK出します。再建の有無で生命予後は変らないと言う考えのようです。ただ、胸壁の転移だと発見しずらいとか、再建したのが意味がなくなるとかありますが・・・再発しても再建やって良かったと言う話も聞きますし・・・結局、色々な状況を聞いて、自分で判断なのでしょうか?難しいですね。
こんばんは。
読んでいて、yannchanさんの想いを感じました。
何だか宙ぶらりんな気持ちにさせられますね。
私も多分ハイリスクだと思います(あまり知りたくない系)
だけど、術前化学療法中から再建の話は出してくれました。「胸、つくる?、ゆっくり考えてね」と。

私はその時、先のことなんて考えられなかったし、それこそ悪いことも考え、
無駄になるんじゃ?という漠然としたものがありました。
こうやって2年が経ち、ようやく再建という言葉も耳に入るようになってきたこの頃です。

そうやってもとに戻ろうとする気持ちって必要だと思います。
その気持ちを大切にするためにも、主治医はきちんとした説明を行い、患者が納得でき、かつ安心して、治療・再建に向かえるようにしてほしいと切に願います。

知りたいこと、思っていること、ちゃんと聞けますように。うまくいきますように♪
でも心配しすぎはいかんとです^^
う~ん
さあスタート、の段での一旦停止信号。。。
気持ちが宙ぶらりんになるの、よくわかります。

まだまだスタートの前段階にいる私でも、
実際に主治医から止まれって合図出されたら凹むもの。

主治医の先生、あまり多くを語らない方のようだけど、
念には念を入れて~の慎重なタイプなのかな?

とりあえず先生の考えをしっかり聞いてyannchanさんが納得して今後の道を進められるよう、願っています!
No title
再建に向けて、前向きに動き出していただけに、yannさんの心中を思うと、わたしも胸が痛いです。
読んでいて...あくまでわたしの感想なのですが、ハイリスクだからというわけではなく、単に自分の手元を離れることだけに、先生すごく慎重になっているのかしら、と思いました。
皆さんと同じく、主治医の先生と、納得行く答えが得られるまで、お話してくださいね。
yannさん、諦めないで!
No title
本当に今更…って感じもしますが再建に関しては乳腺の先生方もそれぞれ随分と考えが違うようですからね。yannさんが主治医先生と納得がいくまでお話できる事祈っています。
うーん
紹介状までもらって前向きになってる時だったのに、何で?って思っちゃうよね。
私も同じく、この前初めて再建手術のドクターに会ってきたところ。
別になくてもいいや~なんて言いながらも、再建に一歩近づいただけでもちょっと嬉しいような、自分もまた「普通の人」になれるような気がしました。

全摘の決断もそうだったけど、再建の時期も再建の方法も自分が納得する決断をするのが一番だと思います。
先生によって考え方も色々だろうから、もう一回きちんと話が出来るといいですね。
Re: No title
>mykさん

再建の時期的なもの以前に
あ~やっぱり「2~3年」のリスクについての現実が
ドーンと来た感じで…
来月、よくお話してきます。ありがとう。
Re: 先生によって?
>ayayaちゃん

たぶん、一般的なエビデンスが
「2~3年」だから、聞かれたらその程度は経過観察したい
と模範解答しないとって部分かもしれないけど
全摘だけで、ケモも放治もホ療もやってないステージとは
違う高い崖っぷちにいるんだなーと、
ふとあらためて突きつけられたような気がして…
浮上しますよ。ありがとね。オフ会準備楽しいでしょ?
Re: No title
>ごめちゃん

再建のことより、再発リスクをどのあたりでとっているのか・
ということの現実感あ・・・
次回、よく主治医の話を聞いて考えます。ありがとう。
Re: No title
>mnさん

こんばんは。コメありがとう。
ふっと、やっぱり崖っぷち?!な気分になってしまって
怖かった。もう、なにごともなく、胸も作って
まあ、10年は歩いていくもんね!と思っていたから。
もっと短いスパンで要注意だったんだと再認識。

mnさんの鼻息で(違)
不安吹っ飛んでいってくれ~~~
Re: No title
>さちさん

コメントありがとう。
さちさんの長い変遷も、最初にさちさんち目撃したときから
凄いな~自分はやっていけるかな~と思ったりしてました。
良い道を探って行きたいと思います。
Re: No title
>Haruさん

コメントありがとう~。再建「待った」以上に、
その「待った」に含まれる意味を、ドーンと受け取ってしまった感じで…
次回、よくお話してきますね。
Re: No title
>オウカさん

まだまだ治療、各科通院の続く中、コメントありがとう。
再建そのもののことより
その「待たなければいけない」リスクの中にいるのだな~
ということが、ふっと怖くなってしまって…
主治医とも形成外科医ともよく相談してやっていきますね。
Re: ファイト!!
>タッキーさん

ああ、そうなんですね。私は胸骨リンパにも転移があったから
(ケモで消えたけど)胸周辺の局所再発のリスクも高いのかな?
主治医と形成の先生と再建検討中の皆さんと!
いろいろな角度でお話しながら考えていきたいと思います。
よろしくお願いします~。コメントありがとう。
Re: こんばんは。
>もこもこさん

もこもこさんちも読んできました。
主治医が、治療当初から再建のこともアドバイスしてくれていたのね。

うちの主治医は、ホント、優等生タイプの真面目なドクターだから
聞かれたらエビデンスどおり「2~3年待ってから」との
模範解答になるのだろうな~と。

その待たなければいけないリスクの真っ只中にいるのだ
と思うと、ふっと怖くなったの。
Ⅲaかと思いきやcだったからねーorz

主治医とメールや電話で相談可能な患者さんもいる中
直接話すことはできないんだな~という孤独感や
不安と直面して、ちょっと揺らいだけど
こうして、みんなと「会話」出来て、少しづつ気持ちを整理
する方向に向かってます。ありがとう。

もこもこさん主治医と仲良しで羨ましい~
Re: う~ん
>ちゃこさん

こんばんは~。コメントありがとうございます。
再建への出鼻が…ということより
リスク真っ只中な自分ーを再認識してなにか
急に怖くなってしまったの。
そんなときに主治医の声も聴けないんだなーなんて落ちたり。

主治医は優等生タイプの真面目な
イケメン(←それは治療に関係ない?)です。
主治医とも形成の先生とも、よく話しあっていきますね。

関西での再建講演会のレポも待ってます。
Re: No title
>harucoさん

会社でコメ読んでウルウルきたよ~
>単に自分の手元を離れることだけに
っていう風に思ってもらえるのだったら、
どんなに幸せだろう~って。

すごくいい先生だと思うし、大好きなのですが(主に顔が←そこ?)
NBMの部分でいつも寂しく感じています。
EBMに関しては、ホント王道(?)をチョイスして下さっていると
思ってますが…

コメントありがとう!
Re: No title
>みんくさん

再建そのもののことより「リスクの淵」にふっと立たされたような気がして
不安で怖くて、でも、そんなときに私の治療のキーパーソン?!
(と勝手に思っている)主治医と話すこともできなくて…って。
みんくさんと主治医のように、
ちゃんとキャッチボール出来ていること羨ましいです。
コメントありがとう。
Re: うーん
>ミライさん

ミライさんも再建のドクターと初診だったのですね。
私も、まったく元と同じにはなれなくても
日々、鏡に映る自分の身体を眺めて
やっぱり両ムネある自分、になりたいかなと。

自分の気持ち、主治医や形成外科医の意見。
折り合いをつけて、これから自分がどのように歩いていきたいかも
よく考えたいと思います。
昨夏、ミライさんの帰国から1年経とうとしているのねー。
大丈夫ですよ!
根拠ないけど、そう思ったので。

私の元主治医も慎重派。
yannchanの主治医同様、再建は2~3年後という考えでした。
私の病期etc.じゃ同時再建って不可っぽくて、再発のピークが
過ぎた2~3年後って決まっていたような…。

元主治医とお別れの時、「うちの病院で再建したら?」と言われ、
安心域に入ったのかなぁって思ったけれど、再建は医者の腕に
掛かっているからねぇ。

yannchanの記事は参考になります。
いつもありがとう☆

おひさしぶりです。
自分の考えを勝手に書いてしまって良いのか考えたけど・・・。
前向きに先の予定を考えていたのに、今になって現実に引き戻された感じですね?
術後一年検査をクリアし、それでも不安は付き纏うのですが。
でも前向きに検討していただけに、色々考えると心も折れてしまいます。

不安が一番の敵です(私は、そうなんですが)
主治医と話して、少しでも不安な気持ちがなくなりますように・・・。

しかし、毎日暑いですね。体調はどうですか?
毎日病院に通った、去年のこの時期を思い出します。
初コメ失礼します。あややさん名古屋オフの雑用係りりかと申します。
私の場合は、即温存手術で、術後病理トリネガで抗がん剤をしました。術前検査では転移なしの判断でしたが、術中センチネルでリンパ転移が見つかりました。病理説明で、リンパ侵襲もあったので、抗がん剤8クール終了後、全敵の再手術か放射線かの選択の宿題が出ました。その時に、再手術と同時にインプラント再建を提案されました。それを聞いて、トリネガで再発リスク高いから、全摘したいのに、同時再建って矛盾してる!と疑問を感じ、放射線に進みました。

なぜ医師は同時再建を勧めたか。
未婚で37歳の若さで、全摘して心のQOLの低下を懸念したのかなーと思います。放射線を選択したので、医師の思惑を確認してませんが、納得いく説明を聞けると良いですね。ケースは違いますが、お目汚し失礼しました。
大事なことを留守電に?
驚きました。
YANさん再建への道を順調に歩み始めたなと思っていたら・・・
ちゃんとした説明を主治医から直に聞きたいとこですね。
でも、へこまないで。
主治医さんったら以前も宇宙人的なところがあったじゃないですか。
納得できる説明聞きましょうよ。
リスクなんて誰にもあるし、統計は現実とは違うもの。
希望がなくなるのが一番いけないことだからどうか吹っ切ってください。
応援してますよ~。
Re: 大丈夫ですよ!
>FB☆AYAさん

こんばんは。コメントありがとう。

う~ん、そうなのよね。冷静にエビデンスを考えると
無難というか定式どおりの回答を医師はせざるを得ないというか。
紹介状を出してもらった時点でOKOKかと思っていたから。
再建の先生はどこも予約を取るのがタイトだから
先生たちのオペスケジュールを押さえたい!という
気持ちもあって、動き出したのだけれど…
Re: おひさしぶりです。
>メルモさん

あ~メルモさん、1日先輩!
お久しぶり~(コメ欄では)コメントありがとう。
去年の6月7月は、ぷーぷー良いながら放射線通っていたのよねー。
しんどかったねー。

術後一年検査も、厳密にはマーカーいっこ基準外なので
万々歳とは言えないのであった。
立ち止まる勇気と進む勇気の兼ね合いを見つけたいです。

メルモさんもご自愛のほど!
Re: タイトルなし
>りりかさん

こんばんは、はじめまして。コメントありがとう。
私に一番効いた鎮痛薬と同じ名前ね?!
いろいろな医師の治療・再建方針、参考になります。
きちんと自分に沸いてきた心配な気持ちや
目指したいところを、来月中旬の主治医診察で話してきますね。

オフ会の準備、大変な部分もあるかもしれないけれど
(人数が多くなりそうなので)
楽しい作業でしょう?良い時間が過ごせるよう願ってます。
Re: 大事なことを留守電に?
>空いあおさん

主治医は、本当にスタンダードな回答をしただけなのだとは
思いますが…
まあ、でも、ビックリしました。
っていうか、少し楽観に傾いていた自分
いろいろリスクをとらないとだめなんだなーと再認識。
綺麗な湧き水の泉を覗いていたかと思ったら
がけっぷちだった、みたいな。

KEEP HOPE ALIVE!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。