09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

第9回 乳房再建講演会 乳房再建の基礎と臨床

2012年07月08日
乳房再建の基礎と臨床 インプラントによる乳房再建
 黒田真由先生 横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科

5月の横浜のときにも、だいたい同じ内容の講演だったのだけど
横浜レポ、今、読み返したら全部アップ出来てなかった~(汗)
体験者談のみで続き書いてない…。
黒田先生のお話は前回メモも含めて掲載しますね。
若い女医さんなのですが、佐武先生の弟子(?)の中で有望株の模様~。
手術が上手で、同様に教えている若いドクターの中では一番とか。

再建の基礎

・日本における乳がんは16人に1人
 早期発見、早期治療により根治しやすい病気。
・しかし再建は遅れている
 再建率=米国 35%(2009) 韓国13%(2009) 日本8%未満
 ※日本は正確なデーターがないそう。なので何年時点で8%未満かも不明 
・再建
 自家組織 筋皮弁法・穿通枝皮弁・遊離真皮脂肪移植・脂肪注入
 
利点:患者の希望を叶えるオーダーメイド方式の乳房再建
     自分の組織なので自然
  欠点:手術時間 入院日数が長い ドナー部に瘢痕が残る 
 インプラント
 利点:手術が短時間(1-2時間)、短期入院(日帰りのケースもある)
     皮弁採取部の瘢痕がない。
  欠点:自費、感染、破損、露出、皮膜拘縮の可能性
     横になったときに非対称、スムースタイプではマッサージ必要


※続きが書けてません・・・


 
 
 



ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
乳がん・学会/セミナー/イベント | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。