08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

50歳を越えてもガンにならない生き方

2012年06月30日
週刊文春には、なぐちゃん(自称/他称!)の
「50歳を越えてもガンにならない生き方」
の連載もありますね。今週号で4回目。

先週のガンにならない食事①
野菜や果物は皮ごと食べましょう~のお話でしたが
今号、ガンにならない食事②は「完全栄養」と「一汁一菜」
・小魚をまるごと食べる
・野菜を葉ごと、皮ごと、根っこごと食べる
はできそうです。
むしろ、めんどくさがり屋のワタクシには、
皮むいたりしないの楽チンすぎて嬉しい限り。

江戸元禄時代の白米の普及からはじまるお話も
目をひくトピックです。

「一日一食」「空腹」については
これが実践できたら良いのだけど、なかなか…。

お腹が鳴ったからといって慌てて食べるのではなく
「いま、全身が若返り、がん細胞が死んでいる」という感覚を
しばしば楽しむ余裕が欲しいもの


これが、キャンサーサバイバーの、食に対する悟りの境地か?!

ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
がんメディア情報/書籍 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんばんは!
文春の記事興味深いですね~。
なぐちゃんの本も書店で目立つところにあって
つい立ち読みしてしまいましたが
「一日一食」ってi-202
一日二食でもかなり難しいv-413
食生活ってそれが楽しみである分なかなか急には変えれないですね~v-393
Re: No title
>PONさん

おはようございます~
コメントありがとうございます。
日曜の朝(というか昼)まだベッドから離れられないですが
お腹がそろそろ空いてきた~。夜まで無理です。
なぐちゃんも妊婦や成長期の子供や病人は
普通に三食(他の本等で)提唱してましたが。
私たちはもはや「病人」ではないカテゴリーですよねー

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。