08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

患者さんからのお礼のメッセージを読んで

2012年06月22日
One world プロジェクトさんのブログにアップされた
「患者さんからのお礼のメッセージ」の中に
被災され、かつ、がんの告知を受けた方の
>ある時「世の中大変なのは自分だけじゃない、
>もっともっと大変な人はいる」と思っただけで

という一文があり
いやいや、相当大変でしょうー!!と思わず声を上げそうになった。
どうして、そのように考えられるのか
そんな経験をしてまで、なお、他者に想いを馳せることが出来ること
凄いなーと思った。

私は、未だ、キャンサーギフトという言葉も分からないし
受け止められない。
サバイバーとなってから出会った人たちとも
サバイバーとしてなんて出会わない方が
100万倍良かったと思っている。
旅する街角や空港で、とか
ライブや演劇の会場で、とか
健康に生きている場所で出会いたかった。
もしかしたら一生出会わなかったとしても。

「がん患者」となって出会った多くの人たちに
励まされ支えてもらったこと
もちろん感謝しているし有難いことだと思っている。
でも、不思議―何故?としか思えない時もある。
自分の置かれている状況が。
そう、プロフィール欄にも書いた「不思議な感覚」
ず~っと続いているし、今もときどき
あ~なんで、こんなことになっちゃったんだろう~って思う。

だから、このメッセージを読んで
あのニュースの画面からでも、十分衝撃を受け
涙を流し続けて見た光景を実体験した方々が、
このように言葉が書けること
自分が最も苦しいわけではない―と言えること
すごいな~と思った。

「すごい」ってあまり適当な言葉じゃないかもしれないけれど
何か、表現する語彙が見つからなくて。

ベージュや白のナチュラルカラーがいいかな?とか
ボーダーとかもいいかな~?とか
あれこれタオル検索した結果、元気が出そうな明るい色をチョイス。

業務連絡♪♪右からピンク・オレンジ・グリーンをオーダー♪♪
タオル

※タオル帽子用フェイスタオルを送付の場合
手ぬぐいサイズ(標準38cm×80cm)の未使用品。無地か総柄を歓迎
とのことです。

ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
日々徒然 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
貴女も、 です
いやあ、すごいのは、yannchanさんもです。

こうして様々な情報を発信して下さるのですから。

ONE FOR ALL,ALL FOR ONE.
出来ることからはじめよう。
Re: 貴女も、 です
>tamachanさん

おはよう~@ジャパンローカルタイム
いやいや、もー結構ヘタレでぷーぷー言ってるのです。
このぷーぷー言いたい(言ってる)ことの集積?が
このブログなワケですね…(汗)

でも、ちょこっと、サバイバーでない友人たちにメールしてみたら
1日で、たくさん賛同を頂いたので
そこからまたひとりの人から多くの人に発信してもらって
ねずみ算式に(?)情報が広がったら嬉しいな~と思ってます。
絶対
読んでいて、すごく切なくなりました…。
本当に。
どこか他の場所で、みんな健康で会えたらどんなに良かったでしょうね。
わたしも時々、この1年の全てを否定したいような気持ちにかられることがあります。
この世界はホントなわけ?っていうような(うまく言えないんですけど)
1年かけても、まだまだ消化しきれていない、折り合えていない思いがあるんだなあ、などど思いました。

でも、それでも。
絶対一緒に生きていきましょう。
負けねえよっ!
Re: 絶対
>harucoさん

告知以来のいろいろ
副作用対策とか、退院のときの下着はどうしようとか
放射線治療のため、毎日正午出勤になる調整しないととか
夜帰宅して、ウイッグが部屋にぽつーんとあることにドッキリしたり。
そういう物理的ないろいろ。
そして、命の時間と対峙させられた(させられている)こと。

なんで、この人生なのかな?って…

なかなか折り合いつけるの難しいよね。
だって「この人生で良かった」って言えないもん。

>でも、それでも。
>絶対一緒に生きていきましょう。
>負けねえよっ!

力強い言葉をありがとう!

てかharucoさんも、作ってますねー
トマトナスカレー!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。