08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

乳がん治療の選択~患者にゆだねられるもの

2012年06月04日
まだ、かなりドスの効いているワタシです。
ハスキーなセクシーボイスとも言う(言わない)

水曜日に早退して以来、久々に出社の朝。
やたら早く目が覚めてしまい、朝っぱらからワイドショー聞きながら
PCに向かってます。

しかし、具体的に再建のことを考え始めると
いろいろ自分で勉強し選択しなければいけないことも多く
ひと山超えたら、また目の前に大きな山が聳え立っている感じです。
まあ、迂回する、って選択もありな道ですが。

術前の治療時も
『FEC+T』というのは自分に提示されたゆるぎない?!
治療方法なんだろうな~と漠然と思っていたけれど
(たぶん、主治医のみでなく乳腺全体のカンファで決定された治療方針)
“T”をドセにするかウィークリーパクリにするかは
それぞれの副作用の特徴を示され、これは自分で選択。
(エビデンスとしては若干、パクリの方が良かったけれど←これは自分で
収集した情報から。主治医からはどちらが良いとは言われてません―
労働者としては毎週の通院は厳しく、3ウィークスのドセ選択。
&パクリより安価。これは、のちに血管のためにも良かったかな。
パクリの方が先行する薬剤なので、データーがドセよりは多いということで
そう大きな差異はない、ということもあり。)

抗がん剤が肺炎で中断となり、オペまでの無治療期間が長いと
心配していたときに提示された、ホルモン治療を早めに
(本来は、オペ後スタート)開始するか提示されたとき等々。

今、振り返ると、がん!なんて確定診断されちゃって
「治療」のことしか頭になく
再建については、まったく(実際オペするまでは)思い浮かばなかったけれど
放射線をかけた皮膚は、再建時の感染症のリスクも高いということなど
再建する・しないは別として(あるいは、初期治療の段階からトータルで
考えるとするなら)そのあたりも含めて、しっかり聞いておけば良かった
と思ってます。最近、再建された方の様々なケースのお話を聞いて
やっぱり、可能であれば、乳房切除の時に、エキスパンダーを入れてもらって
おいた方が、あとあと楽かなと思います。

何人かの全摘のブロ友さんも(特に、確定診断後、まず手術を提示された場合)
もう、悪いものがあるなら、さっさと取っちゃってくださいー!!
と、再建のこととか、考える余地なかったと。
こうして、治療を進めつつ、ある程度、自分も知識がついてきてから
あれ?もう少し、再建の選択肢についても術前に知っていれば…
と思うようになり。

再建はしたいと思ったときいつでも
シリコンぽん!と入れて出来るイメージだったので
放治すると、なかなか難しい部分もあるんだーと今頃知った次第。

まあ、結構進行してからの治療だったので
がっつりフルコースやって頂いて、もちろん良かったのですが。


ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
治療にかかわるあれこれ | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
No title
ハスキーなセクシーボイスのyannchanさん大丈夫??と思いつつそのお声を聴いてみたいわ(*^^)v

そうよね、乳がんってなんでこんなに患者が決めなきゃならんのか…って何度となく思いました
術前だったから、再建のことまで考えられたのは良かったけれど、そのために転院か~な騒ぎにもなったし、結局主治医変更なんて不安なままの手術だったよなぁ~と振り返ってしまいます

再建自体も、コレだって決めて臨んだけど、決して100%満足ってことにはなっていないし…なんだか微妙な日々だしね
再建をするにあたっては、リスク以外にも良くできた出来上がりばかりじゃなくて、失敗例も見てね(見せてくれないか…涙)
Re: No title
>nanaさん

お?リアルタイム。コメントありがとうございます。
今、ブログ村ぐるぐる回っていて、nanaさんちの画像見てたのよ~
ここ数日携帯からも見てはいたけど。
ロングヘアーだとやっぱりイメージ違うねー。
そう、「他院」での失敗例は見せてくれる(らしい)のだけど(苦笑)
セミナーでは、実際、いくつか形成の先生の診察を受けた方とも
出会えたりして、WEB上に書けない(笑)情報も入手でき
非常に勉強になります。
さて、少し早めに家出。行って来ます~(^^)/←ドス声。
No title
お久しぶりです。 お部屋は片付きましたか?

3月にシリコンで再建したばかりです。 反対側は手をつけなかったので、なんとな~く左右非対称です。再建側のほうが大きいので、反対側にパッド使ってます(涙) でも、もし見た目は本物そっくりだったとしても、感触や暖かさは別物なんで、まあこんなもんでしょうと妥協する必要があるのかなと思います。

片方ないときは、なんかまだ病人をひきずってましたが、再建したらこれで乳がんは卒業したなと思えるようになりました。わたし的には再建は、肉体的よりも、精神的な影響の方が大きかったです。 
おはようございます
本当に自分で選択しなければならない事が沢山ありますよね。いっそのこと他人が決めてくれた方が楽なのにと思ったことも。
でも、私はその時々必死に道を探して考えて選択してここまで来たことに「もしもあの時…」と思うことが全くないかと言われたらそれも嘘かもしれないけれど、後悔はありません。
出来る事は今を頑張る事だけ、yannさんもきっとそんな日が来るはずです。
No title
本当に自分で決めなきゃいけない事が多いよね。
いつも優柔不断で石橋を叩き過ぎてぶっ壊してしまうタイプの私には、「急にそんな事言われても決められないよ」って事が何度もありました。
再建も出来れば最初からエキスパンダー入れてもらえば良かったとも思うけど、術後再建は改めてゆっくり時間をかけて考えられるという点はプラスかな~とも思います。
私もそろそろ再建を考えてみようかと思ってる所です。
「普通」に戻るまでの道程はまだまだ長いね・・・
Re: No title
>Patさん

お久ぶりです!!コメントありがとうございます。
シリコンで再建されたのですねー。

>再建は、肉体的よりも、精神的な影響の方が大きかったです

私も、そんな気分でもいます。
がんから奪われるものはないもないんだー!!
って思いたい、みたいな。
Re: おはようございます
>みんくさん

そうねー。「これしかない」なら楽かも?
いえ、「これしかない」だったら、え~これしかないの?
いろいろ比較検討できないの?なんて思ってしまいそうですね。
治療から再建までの道のり
がっつり、みんくさんちも読ませて頂いてますが。
これからも、セミナー、可能な範囲で各クリニック、病院での
診察(実際、術部を見ていただいての検討)にトライします。
Re: No title
>ミライさん

こんばんは!
石橋があるかどうかの確認もせず、じゃば~んと落ちるタイプの私。
この治療と再建に関しては、少し慎重にならなくては!と言い聞かせつつ
やっています。
ま、とりあえず、あったものは取り返す!を前提で。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。