05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

乳癌百話

2012年04月30日
南雲吉則先生の著書 主婦の友社 2010年10月刊行

乳癌百話乳癌百話
(2010/09/30)
南雲 吉則

商品詳細を見る


私のフルネームとご自身名前をさらさら~とサイン
そのさりげなくすらすらと署名される手元を眺めつつ
さすが、スタードクター!と内心思ったりしたのですが
帰宅し「はじめに」を読んで目がテン!!

~もし私に会うことがあれば喜んでサインをします。
古本屋に売れなくなるからです。


爆爆爆!!

なぐちゃん面白すぎ。
↑↑
おっと失礼。でも、先生の患者さんたちブログで「なぐちゃん」なので(笑)
いや、この時も私は自らサインをお願いしたワケではないのですが。

この本の「はじめに」にあるように、平易に分かりやすく
でも大切なことが沢山書かれています。
乳癌とは現在無縁な人も、これから治療が必要な人も
そして、私のように一通りの治療が終わったフォローアップの
段階に入った人にもお奨め。

今回、読後、腑に落ちた部分をご紹介しますね。

◆第七十七話 術後の健診の目的
乳癌国際ガイドラインでは「骨シンチ、肝臓の超音波・CT、肺のX線・CT、
脳のCT・MRI、腫瘍マーカーからなる遠隔転移発見の検査は避けるべきである」
と勧告しています。

どの程度の頻度で術後検査をするのがベストなのか
私も迷っていました。わりと頻繁にしている方もいるし
一年に一回で良い、あるいは症状が出てからで良いとの
見解もあるようだし。

術後の通院の目的は、局所再発と対側の乳癌の発見とあり
まさしく、主治医が言っていた、(健側)のマンモとエコーは
しっかりやっていく―に合致していて、あらためて
ああ、主治医はこのガイドラインに添っているのだな~と理解しました。

◆第六十二話 術後しばらくしての痛みや腫れ
正座をしていると足が麻痺しますが、足を伸ばして血流が再開すると
ビリビリと過敏になりますよね。これを回復兆候といいます。
乳癌手術で乳腺やリンパ節を取ると、その中を走っている神経も傷つきます。
直後は麻痺を起こしているのであまり痛みを感じません。

うんうん。
秋に木の枝を切っても春には新しい若葉が芽生えるように
同様に神経も術後数ヶ月すると新しく生えて?くるのだそう。
この時神経はむき出しの状態で生えてくるので、
ちょっと当たってもビリビリする。これは痛みではなく「過敏」に
なっている状態なのだけど脳はものわかりが悪いので(?)これを
痛みと勘違いする―

なるほどー。
脇から腕の内側の腫れぼったい感覚等についても
分かりやすい例えで説明されていて、
今の自分が一番気になる症状について納得。

◆第百話 幸せの総量
脳内には幸福感を引き起こす「セロトニン」という物質があり
一日に出る量が決まっている。ということは一生に出る量も決まっている。
ので、幸せの絶頂を感じたときセロトニンを使い果たすので
その翌日は言い知れぬ寂しさを感じ
逆に嫌なことが続くと、セロトニンはたまっていくので
吹っ切れるとすがすがしい気持ちになるのだそう。

乳癌そのもののことだけでなく、このようなお話や
健康的な生活スタイルの提案等、参考になります。

演劇好きとしては嬉しい、井上ひさしさんの言葉も引用されていて
「易しく、深く、楽しく、真面目に」とあります。

ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
がんメディア情報/書籍 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
おもしろーい!
なぐちゃん、面白すぎですね!
患者さん達からもなぐちゃんって!?フレンドリーだわ。

術後にまた神経はえてくるのですか!
私はまだなのか、それともこれから??

セロトニンの話しも納得です。
だから落ち込んでも自然にまた戻れるのかな。
最近ライフスタイルの本も出されてますよね。
ありがとうございます!
Re: おもしろーい!
>ぽろんさん

こんばんは~。
なぐちゃん(笑)アメブロやってらっしゃるのだけれど
自分でもなぐちゃんだし、患者さんも。
患者さんたちとバスツアーとかも開催されている模様。

乳癌百話、読みやすいですよ~
私もずっと術後疼痛、術後疼痛とあれこれ薬変えたり
していたのですが、今は、自然の摂理(?)←意味ちょっと違う?
と思って無治療=痛み止めの服薬は自主的に中止しました。
あ、もちろん主治医にことわった上ですけど。
(リリカちゃん高かったしねー)
No title
ちまたでは、なぐちゃんと呼ばれているんですね(笑)

術後の健診についても、うちの病院の方針に不安を感じてたし。

術後の腕のピリピリも回復兆候にあるのなら、

なんだかちょっと安心しました。

私も探して、読んでみます♪
Re: No title
>ろびんさん

こんばんは~。
乳癌百話、ふむふむと腑に落ちる話が沢山(てか百個?)
詰まってます。すらすらっと堅苦しくなく読める本です。
お奨め~(なぐちゃんの回し者ではありません・笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。