09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

MDアンダーソンがんセンター 上野先生の著書「最高の医療をうけるための患者学」

2012年04月24日


米国テキサス大学 M. D. アンダーソンがん研究センター(MDACC)のことを知ったのは
告知され、自分がステージⅢaと知った後、
気が狂ったみたいにあれこれ検索していた時だった。

アメリカ在住の日本人女性でⅢbからの治療
ほぼ私と同じFEC+T(←パクリ。私はドセ)で、
治療を終えてから7年後に赤ちゃんにも恵まれていた
サバイバーさんの情報がヒットした。
ああ、ちゃんと、ずっと生きることが出来る可能性があるんだと
心強く思った。自分の病院には“オンコロジスト”はいなくて
そのあたりはずいぶん違うなーと感じたり。
そして、日本から治療のために渡米する方がいたり
日本人医師がいることも、MDアンダーソンのHPから知った。

そのWEB上でからしか知らなかった上野先生が参加された
セッションを昨年の乳癌学会で聴き、実物!にもお目にかかりました。
今、ちょっとウィキも見てみたけど

日本語は、かなり不得意である。おかしな表現で多くの人を魅了している
の表記に笑った。(先生、スミマセン)

この本を書かれた段階では(2006年7月発刊)
上野先生は、まだ、がんに罹患されておらず、
がん患者となってからのインタビューが、
がんナビの過去記事にありました。

この怒涛の(←使います・笑)一年がスタートする前に
読む機会があれば良かったのだけれど
まだ、これからも当面、各科への通院は続くので
越し方を振り返ると共に、今後のために拝読~。

やっぱりね、ちょっとアメリカ的な論理思考で
これ全部準備出来たら、「良い患者さん」かもしれないけれど
“渦中”にいるとなかなかしんどいかも。
今、一年駆け抜けて、三大治療がひと段落したからこそ
この本に書かれていることの大切さが、俯瞰して理解出来る。
私は、ノートやメモはよくしていた方かな?と思うけれど
質問を準備しても、ひとつ聞いてそこから違う話に
発展してしまって(自分が)
あ、他の質問聞くの忘れた…とか、いろいろあります。

なんかアマゾンが貼り付けられない…。
興味のある方はアマゾンに行って
目次やレビューを参照して下さいね。

参考のために、裏表紙には
◆あなたの行動で病院を変える
◆チーム医療ががん患者を救う
◆自分の病気を説明できますか?
◆必要な情報を病院で集めるコツ
◆患者の質問力が医療者を育てる
◆マスコミ情報にすぐ飛びつかない
◆標準治療と最新治療の違い
◆最悪の事態は健康なときに考える
◆医師と意見が合わないとき
◆「治療はこれしかない」には要注意
とあります。

チームオンコロジーCom. 


私信(笑)あの時KALDIを知らなかった私をお許し下さい。
安っ!!有機オリーブオイル←忘れたけど500円以下!
ワインビネガー←忘れられない!298円!!
トマト弁当続いてます♪

が、たまに引き出しにおやつが増えてます。

もの凄いスローテンポで進む断捨離…

買取王子さんからダンボール2箱届いてます。
組み立てろ~>自分
30日にピックアップに来てもらう予定。

ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
日々徒然 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
No title
読んでいて、ウンウンとうなずきながらいます。
フルコースの治療を終えてから、同病の本に出会うことがすごくあります。
私も断捨離しなければならないのですが。
買取王子・・私も利用しようとおもうのですが、どうですか?
教えて下さい
Re: No title
>carumiさん

こんばんは。
一度通りすぎた嵐のあとだから対策も考えられるような…
はー。
買取王子は、比較検索したら、わりと査定額が他ほり高かった
とのレポがあったので選びました。
本の内容や発行年度によって大きく変わるのでしょうね。
トマト弁当いいですねえ
素晴らしい情報ありがとうございます。

ところで、引き出しには、大好きなアルフォートがあるように見えます!
Re: トマト弁当いいですねえ
>はぎプーさん

こんばんは~。
>大好きなアルフォートがあるように見えます!

ドラッグストアで78円!
ひと箱の総カロリー338.12個入りで1個あたり28キロカロリー
と計算しつつ?脳が疲れたときにひとつ、ふたつ…∞←え?
No title
早速図書館にリクエストして
読んでみましょう
グリーフケアの勉強中に癌になり
喪失感をどう超えるか
がん患者になって見えてきたものが
多くありこれからの人生に活かしたい
私の大切な友人に相次いで乳がんが見つかり
一人は無治療を選び
一人はかなり厳しい治療を受けています
Re: No title
>じゅん8008(apine) さん

コメントありがとうございます。
喪失と再生の物語は
いつのときも難しい問題なのかも知れません。
じゅん8008(apine) が乗り越えらてきたことを
いつもブログで読ませて頂きながら
自分はなにか色々なことに「折り合い」を
つけられるのかな…と思ったりしています。

読みました~
読んだかどうか覚えてなかったので図書館で借りました。
どうやら未読だったようです。

「これがすんなり出来ていたら苦労しないよ…」が感想(笑)
本人、その時は冷静でいたつもりでも、ひょんなことから
実はそうじゃなかったのねーって気付いたから。

私の場合、上野Dr.ががんを罹患した後のインタビュー記事を
読んだのが最初だったので、この本を書いた時とは少なからず
違う気持ちなんじゃないかなぁって思いましたヨ。
Re: 読みました~
>FB☆AYAさん

>「これがすんなり出来ていたら苦労しないよ…」が感想(笑)
確かに。
上野先生じゃないけれど、前記事にした
婦人科系の癌のとある学会や団体の役員をするような先生でも
ご自身が癌になって、初めて患者の気持ちが分かったとか
やっぱり癌を恐れる気持ちが沸いたこととか吐露されていた
ものを読んだことがあって…

あと、某がんセンター(都内ではない)の院長か理事長が
自分ががんで死ぬわけに行かないから
がんにならないように、近所の神社にお参りしている、
という記事も読んだことがあります。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。