08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夢から醒めた夢

2012年04月23日
天候のせいか気持ちの浮き沈みが烈しい。

心が元気なら頑張れば出勤できたかもしれないけど
どんよりと辛くて起き上がることが出来なかった。
欠勤を伝える電話をするのも気が重い。
(先月も2日欠勤)

寝よう寝ていよう・・・と思ったら
寝すぎで頭痛?中途半端に頭が痛い。

夢の中で父に聞いていた。

ママは全摘だったの?

その瞬間、夢の中でこれは夢だーと気づいた。

父はもういない。
この家はもう取り壊されている。

私を置いて、父が死ぬはずはないと思っていた。
自分の5歳の誕生日の前日に母親を失った娘を置いて―

と唐突に「夢から醒めた夢」という言葉が思いついたのだけど
いつかどこかで聴いた言葉?
ぐぐってみたら、劇団四季のミュージカルなんですね。
ストーリーも知らなかったけれど偶然、死者のための物語?

34歳で、幼い私を残された父。

ちょっと風邪を引いて寝ているだけでも
「病院へは行ったのか?」と
これだけはくどくいつも言われた。

長く生きず、妻と同じ病にかかった娘を見ることがなくて
良かったのだろうか。

まだ学生だったので、
父とは、そう打解けた話も出来ないまま別離を迎えた。

いつか、母の話も
彼の辛い記憶も分かち合える日が来ると思っていた。

父の背をなでてあげたい。


ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
家系樹 ファミリーツリー | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
そういう時もある…
だから、大丈夫よ。
無理に仕事に行かなくて正解。
自分を労わることも大切な仕事だわ。

私は、亡くなっても魂は存在すると信じているので、
ご両親はyannchanのことを見守って応援していると思うし、
yannchanの想いは届いているハズよ。
Re: そういう時もある…
>FB☆AYAさん

そう言ってもらえると
慰められます(::)

労わりすぎると
実質的に労われなくなくなる可能性が高く
(医療費!)労働しないとね…
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
>鍵コメ様

温かいコメントありがとうございます。
本来は、私も成人した子供がいても良い年齢なのに
「子供側」の気分が抜けなくて…

今、リアルタイムでお互いPCに向かっていたかな。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。