06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

間違いだらけの整形外科受診 2

2012年04月12日
そもそもの間違いは「患部を診せる」の刷り込みが原因と想われる。
乳腺では必ず胸診せる、だし
ケモで脱毛して頭部の痣が発覚したときも
皮膚科でウイッグ脱いでハゲ頭診せたし。
※この時、まず乳腺で主治医に、
頭部に痣のようなものがあるのだけど
これも皮膚科かな~?と相談した際「診ようか?」と言われて
いいですっ!!と即答したのでした。
主治医に胸は診せてもハゲは見せられん!!と真剣に想った。
入院中の回診のときもウイッグ被っていたし
オペのときはシャワーキャップ?状のものを被っていたし
主治医、私のハゲは見てない(ハズ)。余談。

しかし、よ~く思い出してみよう!
そう、腕が上がらない~と昨年12月
救急外来的に整形外科飛び込み診察(予約は年明けまで
入らないと言われたので強硬手段。何せ、健側の利き腕
が上がらなくなったから)してもらったときも
服脱いで腕見せてとは言われなかった。
そのまま、腕を持たれ可動範囲を確認されたのだった。

今回、スカートをちょろっと下げて腰を診せる…(のだろう)
とか予測したのは大間違いでした。

しびれや痛みの確認のため、足や足首持たれて
曲げたり伸ばしたり上げたり下げたりされたけど
都度、これはどうですか?
痛みますか?しびれますか?と聞かれても、
ホント、毛玉ソックスのことが気が気でなく
あ゛~何も言わないけど(当然)
なんだよ、この毛玉つきまくりのソックス~とか
先生、内心思ってないかしらん(汗)と
足の動作に集中出来なかった。

そして、院内の友人から
「気になることはしっかり先生に聞いてね」と
メールを貰っていたので
ここぞとばかりはりきって(?)いろいろ聞いたら
「ちょっと待って」と話止められる。

キーボード打つのが早い先生だったので
大丈夫かと思ったのよ~。
(MRIのオーダーを打っていた模様)

もともとある関節痛と同様、更年期的な痛みなのか
ヘルニアの痛みなのかよく分からないことなど伝えたら
更年期障害のことは婦人科の先生に相談してと返されたり。
あと、すでに忘れちゃったけれど
他にもなにか質問したら、それはF先生(主治医)と話して
とも言われたなー。「整形外科」そのものには無関係な質問は
回答しないというのは正しい姿勢なのかもしれないけれど
そういう、直接は関係ないけど、少し聞いておきたい…的な話が
成立しなかったかな~。

まあ、「ちょっと待って」とか言われちゃった~と
メールをくれた友人に診察後返信したら
整形外科の先生は、そうやってあれこれ身体の状況チェックして
「考える」(たぶん、どういう診断をつけるか、治療はどうするかとか)
からねーと返ってきて、ああ、そうか、そういう時間の間
黙っていてあげたら良かったんだなーと反省。

また、婦人科系のドクターとは患者さんとの関わり方も
違うのかな?とも感じた。
疾病というよりは外傷的なものの治療の方が多い(?)科と
胸だの子宮だのとデリケートな科との違いもあるのかも。

レントゲン室でも、痛い~無理~起きれない~とか
騒いですみませんとか謝っていたら
いえ、まだ静かな方ですよーと慰めてもらいましたが
交通事故です、とか、真剣に骨折してます!とか
大掛かりな怪我で整形から回される患者さんよりは
まだ、大丈夫な方だった?

もうひとつの教訓は
整形外科では外科的な質問意外はしないこと~かな。
(あくまでも、私の個人的な経験上の教訓)
とりあえず、初診時は。


ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
整形外科受診 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
整形外科さんとの対話、勉強になります~!
毛玉ソックス、気になりだすと、
止まらなくなるyannchanさんを想像して笑いが…すいません。
確かに、主治医に胸は見せても頭は見せられない女性心わかります。
Re: 整形外科さんとの対話、勉強になります~!
>はぎプーさん

こんばんは~。コメントありがとうございます。
まさか腰が痛くて足の可動チェックされるとは思わなかった…不覚。
主治医にも、胸より毛玉見られる方が恥ずかしいかも。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。