05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

NHK特報首都圏「シリーズ がんを生きる② 子ども」 2/17放送予定

2012年02月16日
【本放送】総合
毎週金曜日 19:30~19:55
放送地域  関東・甲信
【再放送】
翌週月曜  15:15~15:40
放送地域  北海道・東北・関東甲信越・中部・四国・九州
   
 2月17日(金) 「シリーズ がんを生きる② 子ども」

>日本の子どもの病死因の1位を占める「がん」。
>しかし、大人のがんに比べて数が少ないため、
>ひとつの病院あたりの手術や治療件数が非常に少なく、
>しかも病院によって治療の格差がある状況のまま放置され続けてきた。
>2月、国の「がん対策推進基本計画」が大幅に見直されたことを受け、
>子どものがんについては、
>①症例数を増やすため、拠点病院に患者を集めること、
>②治療が終わった後にも、フォローアップする診療体制作りなどが盛り込まれた。
>子どもの「がん」について考えていく。

出演:鳥越俊太郎さん(ジャーナリスト) 増田有華さん(AKB48)

◆番組ホームページ

本日現在、このシリーズの番組紹介がトップページにありますが
放映が終わると、次の番組の紹介へと変わるかもしれません。
私は、この時間帯だと確実にテレビは観れないし、
録画機器も現在所有してないので視聴不可です~。
どなたかご覧になったらレポよろしくお願いします。

自分が、がん患者の立場になる以前から
ゴールドリボン基金のチャリティには参加させて頂いてました。
特に、すごい志があったというワケでもなく
たまたま、自分の好きな伝統芸能の演者、演奏者の方々が携わっていたからです。
そのチャリティの中で、前理事長さんのお話を聞くまで
小児がんについて、私もよく分かっていませんでした。

小さなサバイバーたち!

私たちも、ある日突然、
確定診断を告げられた日=告知日から「がん患者」となりましたが
その人生の早い段階から「がん患者」としての長い道のりを
歩まざるを得ない子供たちの現状と未来を、しっかりと
サポートしていける社会であることを願ってます。


※一回目の放映は→2月10日(金) シリーズ がんを生きる① 「働く世代」


ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
    
スポンサーサイト
がんメディア情報/書籍 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
おはようございます。

長野県は別番組なので、再放送を録画します。
先週放送した、シリーズがんを生きる働く世代①も録画してあります(PSPに)。

Re: No title
>ごめちゃん

電車の中でワンセグである程度視聴出来ました。
「がん」と出会う人生であること
世代を超えて、共通の感覚もあるな~と思いました。
No title
小児がんで子供を亡くした友人が数人います
それは私がグリーフケアの勉強をしている関係です。だんだん専門の医療者や病院が少なくてしんどい思いをしている家族の事を承知しています
もっと社会全体で支えることが出来たらと思います
Re: No title
>じゅん8008さん

お子様を亡くされることは、もっとも辛い体験のひとつかと思いますが
人はあまりにも大きな傷を負うと、他の人にはそれよりは少ない傷で
あって欲しいと願うものなのですね。

小児科医、外科医を目指す医学部の学生も減っているそうですから
今後の小児医療も心配です。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。