05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

アピタル乳がん夜間学校 第11回 乳がんの心のケアについて 1

2012年02月15日
第11回 (2012年2月15日) 乳がんの心のケアについて
大西秀樹先生 埼玉医科大学 国際医療センター 精神腫瘍科


「がん」という言葉の意味するもの
  ↓
  死(一般的に描かれやすいイメージ)

医学の進歩による医療関係者の認識と患者さんの意識の違い
~普通に生きてきたのに、背中を叩く人がいる→死神のイメージ

・死亡原因第一位 33万人 (年間の死亡者110万人中)
・治療・仕事・家庭の悩みなど 
・100人のがん患者のうち(約)50人は精神科の診断がつく
・治療中のがん患者のうち43% 精神的なダメージ
 一位:適応障害
 二位:うつ
 三位:器質性精神障害
 四位:人格障害
 五位:不安障害

誰もが不安

悪い知らせ(Bad News)のあとたどる経過
・衝撃の時期  直後~第一週 
・不安・抑うつ 第一週~二週
・適応の時期  第二週目~

この二週目以降一ヶ月くらいで受け入れの時期だけれど
ここでアップしていないと→適応障害へと辿るケースも。


大西先生の患者さんの実例 

◆60才 女性 受診理由 乳がんの治療

現症歴
A病院 
×年 腹部膨満腹で通院
   超音波検査で腹水
   乳腺の腫瘍発覚/乳がん性腹膜炎

B病院 ホルモン治療開始 
     ↓
    めまい ふらつき 目の奥の痛み→MRI、耳鼻科検査異常なし
    ホルモン治療は有効なので主治医は継続希望だが
    患者は副作用が強いと治療を中止

ホルモン治療を中止してから一ヵ月後
(×年+4ヶ月)
    具合はどうか診察→良くならない。
    血液検査→閉経確定→更年期障害?
     ↓
精神腫瘍科受診
患者の主訴:気が滅入る、意欲もない、眠れない(昼寝も出来ない!)
      食欲もないが義務的に食べる、味を感じない、身体がだるい
      毎日死にたいと思う

      身体的症状→めまい ふらつき 目が押されるような感じ
      ※腹水はこの段階ではない、ホルモン治療止めたのに同様の症状?
家族からの聴取:進行がんで予後が悪い(と思うと心配)
        世話が(精神的なものの)大変

ホルモン治療中断→手術も放射線も出来ない状況
①中断は正しいか?
②何故痛いか?
③めまい ふらつきの原因は?←進行がんの身体症状?

<所見のまとめ>
身体症状:食欲不振 不眠 めまい ふらつき
精神症状:気分が滅入る 意欲がない 迷惑をかけている 死んでしまいたい

うつの診断
1.抑うつ気分
2.興味・喜びの低下
3.睡眠障害
4.食欲低下
5.焦燥感
6.倦怠感
7.自責感
8.思考・集中力の低下
9.希死念慮

※9項目中5項目が2週間以上続くとうつの可能性あり

うつの
身体症状:全身倦怠感 食欲不振 不眠 耳・眼の症状
精神症状:抑うつ 意欲低下 自責念 希死念慮

<診断うつ病>
ホルモン治療の副作用、がんの身体症状ではなく
うつによるもの。

<治療内容>
睡眠薬は出さない→うつ病で眠れない→うつ病を治す
ミアンセリン20㎎処方 安静指示

1週間後:朝まで眠れた ミアンセリン30㎎
2週間後:よく眠れる  ミアンセリン40㎎
3週間後:食欲改善
4週間後;ホルモン治療(服薬)再開
5週間後:眼の痛み消失

<まとめ>
1)乳がん治療の副作用(と思って)中断
2)(中断しても)めまい ふらつき痛み等あり精神腫瘍科受診
3)うつの診断
4)うつの治療で身体症状軽減
5)乳がん治療再開

何故精神症状へ対応するか

精神症状は苦痛!
化学療法などの実際の治療より辛いこともある。
家族の精神的苦痛も含め、精神症状の改善は治療に必要。

病院の中での「うつ病」
医学的入院患者の1割 

副作用なのか?うつ病なのか?スクリーニング法は?
<うつ病を疑う>
・眠れない
・食欲がない
・テレビ・新聞を見ない
・メイク、服装に構わなくなる(服が選べなくなる)
※検査データーと活動性が合わない
<治療>
・薬物療法 抗うつ剤の投与
・精神療法 心理的に健康な部分を支える
      患者の話に耳を傾け、ありのままを受け入れる。

※スタート時と後半、映像や音声が乱れ
視聴が途切れた部分がかなり多かったです。
「心のケア」―もうちょっとマイルドなというか
日常生活や社会生活、交友関係についてかな~と思っていたのですが
確定診断のつく精神疾患を前提としてのお話でした。

※第11回 乳がんの心のケアについて 2
を後日アップします。 
      
ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
    
スポンサーサイト
アピタル乳がん夜間学校 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
No title
師匠!勉強になります!
こうやってアップしてもらえると本当にありがたいです!

つい昨日、体調悪くて心も乱れる事があるんだな、なんて発見(今まではなかったから)

心のケアも大事なんだね。。。

続きも楽しみにしています~
No title
おはようございます。

いつもありがとうございます。

勉強になります。
心のケア大事なんですね~

続き楽しみにしてます。
No title
こんばんは。
昨日は見るのを忘れていました
私の病院ではがん哲学外来というものがあり
心のケアにも力を入れていました
必ず入院中に臨床心理の看護師が付きます
病気に立ち向かうためには
大事なことだと思います
Re: No title
>うめちゅうさん

師匠てw

うめちゅうさんも、ちょっと乱れちゃったのね~
でも、そうよね、いきなり生死をリアルに意識する
人生になってしまったから。

支えあっていきましょう!
Re: No title
>ごめちゃん

少しでも役に立てれば、打ったかいがあります。
心身ともに、自分を大切にケアしつつ
やっていきましょうね。

続きも週末くらいまでにはアップしたいと思います。
Re: No title
>じゅん8008さん

こんばんは~。
すごい良いフォローが受けられてるようですね。
「がん哲学外来」
がんだけじゃなく、多くの難病と立ち向かって
いる方もいらっしゃると思いますが
これだけ罹患数が多く、
病気と共存して生きていく時間の長いがんという病気。
心身共に痛むことなく、歩いていけたら!!
ありがとう
自分で告知して、またもや見忘れ。
最後のところだけ見たけど、音声悪かった。
前回もそうだったんだけど、アピタルの音声なんとかならないかしらね~~
まとめ、読ませていただきやんす。
Re: ありがとう
>ユメちゃん

忙しいからね~
アピタル、ところどころ動作が不安定ですね。
良い質問が出て、その回答を聞こうかと思ったら
動画が止まったり。
でも、無償で見れること、ありがたいです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。