07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

<追記>主治医診察キャンセル

2011年12月21日
本日、10時半から主治医診察の予定でした。
9時半には病院に到着し採血。ここまでは順調~。
しかし、11時半になっても呼ばれません。
この段階で、フロアの受付のおねーさんに、
あと何人くらいで呼ばれる予定?と尋ねると3人待ち。
(間違って、『あとどのくらい(時間)で呼ばれますか?』
と聴いてしまったけど、それは、回答不可。
はっきり「分かりません」といわれる。
基本、1時間に3人、1人=20分?、で入れてると思うけれど、
実際、診察にかかる時間は予測つかないしね。)

私はふだんは、いくらでも待ちます。
診察時間がずれ込むのは、一人一人の患者さんが
納得するまで対峙してあげているのだろうと思えるし。
どんなに待っても主治医の顔見たいし(笑)

そんな、私が、本日、診察キャンセル。
ええ、『細胞活性化』の方を優先。
(代替療法ではありません。ん?ある意味代替療法?・違)

すみませ~ん、今日は午後予定があり、これ以上待てません。
明日の朝いちばんとかに変更して頂けませんか?と
朝いちばんの時間帯もすでに3名予約があるので
どうなるか分かりませんが、とりあえず9時、ということで
予約を変更して頂きました。

骨シンチの画像の黒い影とか
マンモ何回も撮り直しとか
気になる検査結果もあったのに、
昨日、なにか心が浄化されたせいか?
何が何でも診察優先!!な気持ちから解放されて
今までの私にはありえない、主治医診察キャンセル!
というか予定変更。

ま、現時点(これ打ってる)で
12時間後には診察室!(たぶん)という安心感
保証付き?だから、せっかくの通院日なのに
さくさくと変更(自分の気持ちが)出来たのでしょうけれど。

明日、術後半年検査結果発表。


そー言えば!!
オペおパンツ事情、新着情報。

某ブロ友さんから、
今まで聞いたことのないパターンを伺いました。
てか、それ絶対イヤですけど。(←経験した皆様には申し訳けない言い方)

術着というものはなく、手術当日も
自分で準備した寝巻きとかパジャマを着用。
手術室までではなく手術ベッドの前まで自力歩行!
脱毛中の方はケアキャップ着用可。


そして




なんと





そのベッドの前で自分で寝巻き、もしくはパジャマを脱いで
(当然、周囲に看護師さんや麻酔科医師はスタンバイ中)
靴下(←私使用してないので正式名称分かりませんが
むくみ防止のヤツね。)とパンツいっちょになって
自分でベッドの上に上がる、
のだそうです。





一応?脱いでる間、自分が手術中被せられる毛布(?)を
身体の前面に広げてくれ
後ろもなにか看護師さんが広げてくれてるそうだけど
両サイドは解放地区!
てか、マジックじゃないですからー!!
広げられてもねぇ。

てか、意識のあるうちに裸は勘弁して下さい。
しかも、人前で自発的に(?)脱ぐ、っていうのは勘弁して下さい。
そして、その格好でベッドに自力上がるっていうのも…

おパンツは気絶してる間に脱がされた模様。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
治療にかかわるあれこれ | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
No title
おはようございます。

検査無事クリアできるといいですね。

自分で脱ぐってビックリです。
私はストレッチャーで運ばれました。

手術台のうえでした
私の場合、むくみ防止のハイソックスをはいてパジャマのまま手術台に上りました。そこでナースさんが見えないようにタオルを広げてくれた下で、パジャマと下着を脱ぎましたよ。
自分はハイソックスだけを身につけていたのでした。
書いていてもかなり恥ずかしいですね
いいじゃないですか
それだけ余裕が出てきたんじゃないかしら。
良いことですよ。

私のパンツ事情。
病室から手術台の上まで自力歩行。
200m以上は歩いたハズ(笑)
装いは、病院から渡された着衣+T字体。
手術台によじ登った後、身体に布を掛けられ、
着衣だけ剥ぎ取られたような記憶が・・・(笑)
あれ、違ったかな?
何はともあれ、意識がある段階ではおパンツは無事。
あたしもセルフ脱衣
はい。続いてあたしのおパンツ事情。
病室から隣の棟の手術室、そして術台まで自力歩行。
装いは自前パジャマ。
自分で上半身脱いで脱衣カゴ?に入れて(キャップも)、よいしょっと術台に上る。
気絶後に、パジャマのズボンと一緒におパンツ脱がされる。
(返却されたズボンとパンツは合体したままだったらしい。←家族談)
パンツいっちょうで術台上るよりマシか?(笑)

結果どうだったかな~?

へ~~ぇ。
なんか、みんなのコメを見て、おパンツ事情にもいろいろあるのね~~って、違う意味で勉強になったよ。
私は、開けて切るだけ、ってところまで病室で自分で着替えて、自力歩行で手術台まで行きましたよ。
それは、紙パンツと血栓防止タイツと術着。
麻酔が効いてから、脱がされたと思うのですが・・・もう覚えてない。
ayayaちゃん自分で脱いだ派?(好きでやってんじゃないだろうが…)
合体パンツ&ズボンって言うのが、かなりグッときました。
Re: No title
>ごめちゃん

こんばんは。無事、術後半年検査クリアでした。
ありがとうございます。
私も自分で脱がない派&ストレッチャーです。
Re: 手術台のうえでした
>carumiさん

えー!!
自分で脱ぐ派意外ともしかして多い?
しかも、手術台の上で…
申し訳けないけれど、想像するとめちゃくちゃ恥ずかしいです。
みんな出てって~とか言っちゃうかも?
Re: いいじゃないですか
>FB☆AYAさん

おパンツは無事でも
意識のある間に裸ですか?←こう書くとなんかヘン。
こう、いろいろなケースを知ると
気絶後脱がされた自分は幸せです。(たぶん)

ストレッチャーで運ばれるは
テレビドラマの見すぎか?
はたまた乳がん患者って意外と元気だからか?>自力歩行
Re: あたしもセルフ脱衣
>ayayaちゃん

なぜ、みなその段階で脱がされるかな~
気絶後、上下ともサービスで脱がして欲しくない?
パジャマとおパンツの合体のまま。
迅速な手際のよさというべきか?謎。

術後半年検査はクリアです。
ありがとう~
Re: へ~~ぇ。
>ユメちゃん

ねぇ。いろいろなパターンがありますね。
しかも自力歩行はかなり多数派?
内臓系、もしくは骨折系の患者さまより
乳がん患者さま、かなり元気者扱いなのかしらん。
バーコード(たぶん、リストバンドと一緒の患者ID)
までつけられて戻ってきた私のおパンツが偉く思えます(笑)
うろ覚え…
私のときは病室で持参した浴衣に着替え下着はオパンツのみ、眠剤飲まされストレッチャーで手術室へ。手術台に移し変えられそこで手術着にお取替え、オパンツ脱がされた気がする…う~ん、なにせ眠剤飲まされぼーっとさせられていたからその辺うろ覚えです。でも自発的に脱いで台に上がるって…結構あるんですね。びっくりです。
Re: うろ覚え…
>みんくさん

術着なく、自前というパターンもありますね。
でも自前→術着→裸
なら、自前→裸でもいいような気もする・・・?
麻酔で気絶させられる前に
眠剤飲まされたりもするんですね。
各病院にお作法あり!勉強~

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。