09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

紹介状に記載の検査報告書・所見・診断 2

2011年11月01日
2010年10月7日 細胞診検査報告書

<細胞診断>

乳腺 ASPエコー(正常または良性)

<細胞所見>

血液成分と脂肪織をみとめます。悪性細胞はみられません。
判定区分 ◎検体適正 正常あるいは良性

<臨床診断>

左乳房腫瘤

<依頼内容>

検査目的:悪性の有無
臨床所見:右外上嚢胞+低エコー域 FNA施行
     もっちり柔らかい。MPか。2枚施行



FNA:超音波内視鏡ガイド下穿刺(Fine needle aspiration)
MP:乳腺症(mastopathy)


2010年10月8日 細胞診検査報告書

<細胞診断>

乳腺 捺印 悪性
Adenocarcinoma a2

<細胞所見>

充実性を示す乳癌細胞を認めます。粘液を伴う部分があります。
判定区分 ◎検体適正 悪性
成分量:Columnar cells(2+) Neutro.(1+)

<臨床診断>

左乳房腫瘤

<依頼内容>

検査目的:左乳房バコラスタンプ
臨床所見:左乳癌にてバコラ時の捺印細胞診施行。よろしくお願いします。



腺癌:adenocarcinoma

すでに、2日のマンモやエコーで左乳癌確定だったと思う。
7日は本来は左にしようと思っていた?針生検
説明では「細い針での検査」を右乳房にして
急遽、8日に「バコラ生検」が入った。「太い針での検査」との
説明だったけど、後に領収書を眺めると点数のところに「手術」とあった。
7日は医師が間に合わなかったのかな~。
翌9日は、バコラ生検の傷チェックのため通院。

3日連続通院となり、何やら自分の身に
ただならぬ?ことが起こりつつあるんだな~と自覚。

さて、今日は平日オフ。
ちょっとお出かけ~~つづく

ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします~。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
紹介状・病理結果 | コメント(2) | トラックバック(2)
コメント
専門用語は難しい。。。
yannchanさん、こんにちは!ホントに医学用語って難しいですね~(-。-; 私も今になって(放射線の先生に教えてもらった)自分の癌の違う情報を頂きました。英語な上に専門用語なので調べるの大変。。キーモの最中に看護婦さんや先生捕まえて質問攻めですよf^_^;)
細胞診の結果を待つ間の事、何だか思い出しちゃいました。遠い昔に思えますσ(^_^;)

Re: 専門用語は難しい。。。
>うめちゅうさん

こんばんは~!日本は23時になろうとしています。
専門用語はどの分野も難しいけれど
医療の言葉は、老若男女問わず必要に迫られることがあるから
噛み砕いて知りたいですよねー。
日本語でもよく分からない概念を英語でなんて~お察しします。

検査・検査の日々から、確定診断、そして治療へ。
時間の流れにリアリティがあるようなないような
不思議な感覚ですよね。

管理者のみに表示
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。