09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

手術当日振り返り 1

2011年05月25日
同室の方は、全員(ケモ入院のみの方も)
導眠剤を処方してもらっていたようだけど
7時に点滴投入のためレジデントH医師に
叩き起こされるまで優しく足をつつかれ起こされるまで爆睡。
手術は午後だっていうのに、なんでこんな朝っぱらから~
と思いつつ、点滴される。
これは、前夜21時より絶飲・絶食のため
栄養・水分補給でしょう。

その後、主治医巡回時も、
私の前に1件手術あるんでしょ?
(自分の時に)疲れないでね~と送り出す余裕。
術衣に着替える際の、おパンツ事情は前述の記事のとおり。

いよいよ、オペ室へという段階で
当院では、患者様と病棟看護師、立会い人と
入院している階のフロアの「オペ出し室」←勝手に名づけた
(私のお世話中、看護師ちゃんのピッチが鳴り
「今、オペ出し中です~」とか返事していたので)
まで、歩いて行く。そして、ストレッチャーに
乗せられ、立会い人とはお別れ。彼らは、病室か
フロアのミーティングルームで待機。
テレビドラマみたいに、オペ室手前まで送り
ドアががちゃんと閉まり「手術中」のランプが点灯~
とかではないのね。

エレベーターにストレッチャーごと乗せられたけど
フツーに他の階から、車椅子に乗せられた患者さんとか
職員も乗ってくる!!
オペ室階で下ろされ、カラカラと運ばれる。

オペ室のメインゲート?のドアが開き
見慣れない風景が広がる。ちょっとSFチックな雰囲気。
病棟看護師から、手術室看護師へストレッチャーが引き渡され
ぎりぎりまで周囲の景色を見たいとかけていたメガネを
病棟看護師に預ける。

ぼんやりとした景色の中で
「yannchanさ~ん」と聞きなれた声が。
医師、看護師たちは皆マスクをしているし
裸眼の私は0.02。
「H先生?」とた尋ねると「そうです~」との返事。
Q医師の顔もあった。

Q医師は4月に着任したばかりの医師だけど
もの凄い偶然のことから、すでに顔見知りであり
入院してから回診にも来て下さり
H医師とも入院日初対面とは言え
オペまでの2日間で、すでに近しい存在。
“見知った顔”と出会って、その未知の空間の中で
ちょっぴり安心。

そこから、またガラガラと運ばれる。
メインゲート(?)の中に、また複数のゲートがあり
それぞれのオペ室に入室するようになっているみたいだった。

ストレッチャーが手術ベッドの真横につけられ
自力移動。(まだ動けるからね)
結構狭いベッド。

ひとりの看護師が、点滴の管を他の管に
つなぎ変えようとしているが
何か、モタモタしている。
別の看護師が「どしたの?」と声をかける。
「エアがはいっちゃったんです」
(って!?
血管に空気とか入ったりしちゃいけないんぢゃ!?・・・)

看護師チェーンジ!!と思ったけれど
手術室看護師の新人ちゃんも育てないといけないしね・・・(良い患者)
先輩らしき看護師がサポートし、なんとか完了した模様~
安心して気絶出来ないわ(--)と思っているところに
口に透明なマスクがあてられる。
麻酔科医が「ふつーに呼吸していて下さい」と。
「フツーに呼吸って深呼吸とかしなくていいってことね・・・」と
思った瞬間に気絶。
私は、このマスクから麻酔をかけられると思っていたのだけど
これは、酸素マスクだったのね。
麻酔は点滴から入っていたのでした。
あなたはだんだん眠くなる~を体験したかったけれど
―眠くなってきましたか~?とか
1,2.3と数を数えているうちに意識不明―とかナシで、
いきなり気絶。ちょっと残念。

気絶したあとパンツ脱がされ
尿管入れられたり、気道挿管されたりした模様?

ちなみに、ウイッグは外していきましたが
ケアキャップを被ってのオペ室入り。
ケアキャップの上から、オペ用キャップを被されました。
オペキャップは、給食当番というよりは
ホテルのアメニティのシャワーキャップみたいな感じでした。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
手術ーオペ入院中 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
レポ参考になります
コンタクト&ヅラはどうするのか気になってました
あたしも裸眼0.03なんで
そしてハゲ頭のまま術室入場!?って(^_^;)
なるほどケアキャップ被ってくんですね
そうそう手術ベッドって狭いですよね
お相撲さんとかは2つくっつけるのでしょうか?
おはようございます。
yannchanさんの病院もストレッチャーで手術室まで運ばれて行ったんですね。
私は病室からで、手術室に入るまでに看護師さんが部屋を通るたびに「はい、オペキャップかぶせます。」とか、「風がでま~す。」とか説明が入りました。
病室でも説明を受けてましたが…

私も麻酔はマスクからだと思ってました(笑)

こんにちは。
私の場合も同じようでしたが
手術室の看護婦さんにオペ室で引き継ぎ、ベットに乗り移りそのあとベルトコンベアのように体がごろごろ勝手に移動してオペ用の狭いベットに移るようになっていました

まな板の鯉とは良く言ったものだな~と感心していましたよ
お久しぶりです♪
yannchanさん
退院・仕事復帰おめでとうございます。
まだまだ術後間もないので、無理しないようにして下さいね~。
手術のSFチックな雰囲気・・・宇宙人にさらわれた気分でした(汗)
私は患部の痛みは良くなっているものの、がっつりリンパ郭清してあるので、今でもチクチクした痛みや痺れはあります。
痛みは完全に無くなるのではなく、体が痛みに慣れて行くと聞きました。(もちろん個人差もあります)が
術後1ヶ月くらいは痛み止め飲んで過ごしてました。
リハビリ頑張って下さいね~♪
Re: タイトルなし
>ayayaさん

本来は、コンタクトやメガネは病室で
はずすよう指示があるのですが、
ぎりぎりまで見ていたいな~と言ったら
病棟看護師さんが、じゃメガネケース預かりますから
オペ室の前ではずして下さいと。

ウイッグはさすがに断念し(笑)ケアキャップ着用でした。
オペ室入場までフツーに、他の人ともすれ違うので。
まあ、ストレッチャー上の病人?を
ジロジロ見る人は、ほぼいませんけど。
キャップも預かると言われていたけど被ったまま引き渡され、
その上からオペ帽。

オペ台も3Lとかまであるのかも?
Re: タイトルなし
>ごめちゃん

未知の体験、検査にしても
いちいち、何が始まるのか、何をするのか
説明してくれたほうが安心ですよね。

昔のテレビドラマや映画@サスペンスものとかで
よく麻酔を嗅がせて気絶させるとかあったので
麻酔って、鼻や口から入れるのだと思ってました。


Re: タイトルなし
>apineさん

ベルトコンベア!?何かイメージ沸きません。
も~まな板の上の豚。
あたふたする看護師ちゃんの姿を見て気絶!
は避けたかったですが(笑)←今だから笑える・・・
Re: お久しぶりです♪
>みうさん
 
ありがとうございます!
宇宙人にさらわれたというより、ハゲののっぺらぼう状態で
気絶している自分が宇宙人みたい・・・とか思って。
やっぱりかなり痛み・違和感は続くのですねー。
そんなところに、明日からホルモン剤服薬開始
来月第二週くらいから放射線も始まる予定です。
フルコース、頑張らないと・・・

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。