09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ありがとう ドセタキセル(タキソテール)2クール 2

2011年03月10日
今日の診察で一番嬉しかったことは、
もう前々回で、話が終わっていたと思っていた
アイスグローブやアイスノン手袋について
F医師が、その後も調べてくれていたこと。

爪への影響を軽減するために、抗がん剤投与中、
それらを装着して点滴を受けたという情報を、
ブロガーさんたちの記事で読ませてもらっていた。

ドセ開始前に伺ったのだけど
用意不可能との回答で終わっていた。
今日は、どうして準備出来ないかの具体的な説明と
代替案を提示してくれた。

アイスグローブは、それを保管するために
マイナス30℃でキープ出来る冷凍庫の設置も
必要となるので、通院している病院では無理。
そして、両手分患者負担が○万円!←FEC1回分より高い!
(ドセよりは、ちょっと安い)無理です、私が。

冷却しすぎで凍傷になるんじゃないか?と思うけれど
マイナス30℃!!
(たぶん、実際手に触れる部分は、そこまでではないと思われる)
 ※使用している病院でも、冷たすぎて
 途中でギブアップする患者さんもいるとか。

「アイスノン手袋」も調べたけれどよく分からない
でも、フツーの「アイスノン」用意するのは可能だから
使ってみる?と。

先生ありがとう!!
もちろん、そこまで調べて頂いた結果の提案ですから
やります!!な気分満載だったのだけど
振り返ると、「やります~!!」とは言ったけど
「ありがとう」の言葉は言ってなかったかも・・・
次回の診察で言お!
冷たかったことも(笑)

目の前で診察室からケモ室に電話して
アイスノン準備するよう指示してくれた。

アイスノンを手に巻いて、上からタオルで更に巻き
テープで止める。
ケモの看護師さんにも余計なお手間かけました。

今は、自分のため以上に
先生や、ひと手間かけてくれている看護師さんのためにも、
手の爪には頑張ってもらいたい。
そして、すべての治療が終了したときに
「お陰様で手の爪は大丈夫でした!ありがとうございました!!」
って言いたい(^^)/

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
化学療法 ドセタキセル(タキソテール) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。