09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

がん患者やってるのも疲れてきた

2015年02月08日
少し前から左足の付け根から太もも、左臀部が痛い。
ふつーに座っていても右側は大丈夫なのに、左は痛みが出て
通勤車内、座っているのが辛い。少し足を浮かせたり
座りなおしたりと動いてみるものの、痛いというかだるいというか
不快感が・・・

夜中に一度足がつり、一昨日は勤務中にもつりそうになった。

昨日は、初回ゾメタの時のような体内パチパチ
あちこちの痛みと胸骨が特に痛い。

久々のナベルビンのせいなのかな。

今も左太もも痛いよ~。座っていても寝ていても。
やっとわき腹の痛みから解放されたと思ったのに。

両手足の痺れは相変わらずだし、何も痛みも痺れもないー
という状態にはもう二度となれないのか
治療を受けている間、生きている間はこの不具合との共存なのかと
ちょっと心身ともにめげてくる。

疲れたな・・・

仕事もすごく忙しいけど、今までの勤怠と
現在会社が派遣社員に希望している
ひと月の出勤日数を満たせないこともあるから
(通院と休暇との兼ね合い)次回の更新がどうなるか
また、なぜ、毎週の通院が必要なのか
(当初は浮腫で派手な弾性包帯を巻いていたから、
腕の件と思っていたみたいだけど)
派遣の担当者が説明を迫られたみたいで、透析を受けている人のように
毎週の点滴が必要ーとだけ説明して、もっと詳細と言われたら自分で
がんのことは説明します、と返事して以来、その件では連絡ないけど。

放射線治療で変則的な出勤をしてしまったし
がん治療中でも、そう他のメンバーに劣らない業務をこなしていて
副作用等で迷惑をかけることはないと言いたいところだけど
会社としては、でも、今後なにがあるか分からないーとは考えるでしょう。
(実際、その可能性はあるし)

そんなあれこれを抱えつつ


ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村
スポンサーサイト
転移治療 ランマーク ナベルビン | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
初めまして。
なかなか、がん患者が働くことは
まだまだ厳しいですね…
私も一昨年、契約で働いていた時
ちょっとしたオペで休む羽目になり
勤続が短くて、必死の思いで
出社しました。傷も痛いけど、
◯◯日休んだらクビ、なんて脅されてたから…
国も、少しずつ動いてはいるみたいですが、具体的な施策を実行して頂きたいです。
大変ですが、お互いなんとか乗り切りたいですね…
Re: タイトルなし
>桃音さん

こんばんは。初めまして。コメントありがとうございます。
桃音さんも大変な思いをされたのですね。
>◯◯日休んだらクビ、
ちょっびっくりな台詞ですが、言葉が違うだけで似たようなものかも・・・

同僚も子宮筋腫でオペと入院、その後の療養含め
一ヶ月休みたいと伝えたら更新しないと言われ、
3週間の休暇で復帰でした。
正社員と契約社員や派遣社員の間には、傷病時の扱いに
大きな隔たりがあるようです。上席にもよるかな?
初発のときは区切りがあったからかもしれませんが
治療優先で頑張って下さいの言葉を貰えましたから。
治療と仕事が両立出来ること、望みたいですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。