05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

主治医診察 ナベルビンスタート 1

2014年12月24日
2014.12.24 主治医診察 ナベルビン1回目 ゾメタ22回目

前回書いたことの続き。

私が「謎の痛み」と呼んでいる脇腹をメインとした痛み、
肋間神経痛じゃないかとの主治医の見立てだけど
じゃ、肋間神経痛ってナニ?とぐぐってみたら肋間神経痛は
「症状」であって「病名」ではないーと出てくる。

では病名は?と、どうしても知りたくなってしまう私。
なぜなら、ちょっとした痛み程度ならそう気にならないと思うけど
(そうかな?>自分)
17日の診察の前週あたりも、2回ほど、救急車呼んでもいいレベル(自分比)
の激痛が襲ってきて、もう叫んで泣きたいくらい。
でも、泣いてもどうにもならないし、結局、もし救急搬送されたとしても
CT撮影したりして、何もありませんね~(痛みの原因となるような
大きな腫瘍や、尿管結石とか虫垂炎を疑われたとしても)と、
そういう意味での異常はなく、運ばれて検査して疲れて、以上!
ってことなんだろうな~と予測できたりもして・・・

衣類が皮膚に触れても痛かったり、症状と検索されるものを
付き合わせると「発疹が出ないタイプの帯状疱疹」が
当てはまるかな~なんて思えて(以前コメントでも頂いたし)
帯状疱疹の抗体検査を17日通院日に入れて欲しいと
通院先に電話したときに
看護師が主治医の回答として、今その検査をしても意味がないし
次回診察時に話をすると言っている-との返事だった。

17日、主治医は、水疱瘡などの既往歴があると、今帯状疱疹でなくても
炎症反応が出てしまうので、検査しても意味がないと言っていたのだった。
(今日、確認)
じゃ、やっぱり発疹が出て初めて(帯状疱疹の)確定診断するってこと?
そう。
それに備えて?今朝、体中鏡でチェックしたけど発疹ナシ(残念?!)

先生は、私が痛いというと疼痛薬を増やすことで対処しようとする。
私は、これだけの痛みが原因なく起こることの意味わからず
原因があっての症状だから(だと考えるから)原因を調べて
その原因を断って欲しい、原因に即した治療なり処方をして欲しいと
考えるんです、ということも伝えた(これも17日に)

まあ、それは分かってはくれているみたいで、
今日は、レントゲンの検査も入っていた。
私が前回、医療用麻薬が効かないケースを調べたら
神経自体が損傷している場合、骨折の場合とあったと言ったから。

主治医は前から、骨折やヒビではないと考えていたけど。

骨折もヒビもなかった。(それはCTからも分かってはいた?)

なので、結局、オキシコンチン、再度、オキノーム散、リリカで対処。
ロキソニンはまだ家に山ほどある。
痛みで眠れなかったり、夜中目が覚めて
睡眠時間が確保できないことに対しては、
セルシンという催眠鎮静剤が新たに処方された。

朝、起きれないと困るのと、主治医がこの痛みを精神的なもの?
と考えているのかと(そう言わなかったけど/抗不安剤でも処方される薬だから)
ちょっと反抗して?最初は不要と伝えたけど、痛みにも効くかもよ?と言われて
服用することにしてみた。

ピドキサールやメチコバール要るの?
うん。しびれへの奏功期待して・・・
少し、薬整理した方がいいかなと思って。
(前に私が服薬量が多すぎると言っていたこと、覚えていてくれたのかな?)
そうも思うけれど、ピドキサールとメチコバールは少し長く
飲んでみようかと。それでもだめなら止めます。

前に術後疼痛のときも、効かないっ!!ってこれは私が訴えて
2週間ごとに薬変えたりしていたけど、ちょっとその反省もあり
ある程度の期間ちゃんと服用してみて、それで駄目なら止めようかと・・・

年末年始で2週間空くため、
持ち帰る薬の量が凄いことになってしまった・・・

CRPがちょっと高いけど、腎臓、肝臓含め、気になる数値は
全然ない。白血球も大丈夫。今日(ナベルビン)やってくよ~。

有無を言わさず?右手にリストバンドが巻かれる。
いや、断るつもりはまったくなかったけど。
2回ケモキャンセルしてるしゾメタも延び延びだし。

ん、今反芻~クリスマスブーツは渡したけど
「今年もお世話になりました。来年もよろしく」とか
「良いお年を」を主治医に言うの忘れた。
ケモ室出るときは、ドクター、看護師さんたちには言ったのに・・・

ナベルビン投与に続く

ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村
スポンサーサイト
転移治療 ゾメタ ナベルビン | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。