05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

主治医診察 処置室での診察 1 初回ナベルビン中止

2014年12月18日
2014.12.17 主治医診察 1

検体検査もないし、いつもよりのんびり外出しようとしたら、
ゆっくりしすぎたみたいで予約時間のチェックインは間に合わなさそう。
15分遅れると連絡。でも、どうせ、診察も余裕で1時間は押せ押せだろうな~
と思っていたら2時間押しだった(笑)
年内に診察、治療を受けておきたいという混雑もあるのでしょう。

相変わらず痛みはあるものの、病院到着時はまあまあ元気だった、が
ここのところ、よくある、ちょっと疲労感があると熱溌しているー
という感覚と吐き気。マイ体温計を持ち歩いているけど熱は上がらず。
むしろ低い~35.5℃。地元クリニックで言われたことのある
汗をかいているとちゃんと計れない、のせいかな?とも思う。
外気温は低いけど、院内は人の熱気で(?)暑い。

だんだんとダルさは増し、呼ばれるまで横になっていられる場所があれば
お願いしますと申し出る。
処置室のベッドが空いているからと看護師さんが迎えに来てくれる。
硬いベッド好き♪しんどいとき「身体を横たえる」ことが出来るのは
本当に楽。勤務しているとそういうワケにもいかない。
(相当つらいときは医務室のベッドはあるけれど。
頻繁に使用したら、健康不良ということで契約の更新は難しくなってしまうでしょう)

血圧と熱を測定される。
血圧はいつも110台なのが130台。ちょっと高すぎる。
熱はまた、35.6とかでありえない。平熱6度4分なのだ。
おでこでぴっと計るやつ(地元クリニックにはある)で
計って~とお願いするも、通院先の病院には(少なくとも乳腺には)ないらしい。
F先生は、リリカとか飲んでるから熱が下がってるんじゃない?
と言ってますとのことだったけど、その日の朝は、処方の薬切れで
メチコバールとオキシコンチン以外の服薬はなし。

まあ、処置室でひっくり帰っているからといって
診察の順番が早くなるワケでもなく
ー私は13時半の予約だったけど、13時45分ころ乳腺のフロアに
上がった段階でまだ11時台の診察をしていたー
まずは、その時間帯のケモの患者さん優先で診察し
順次、化療室送り・・・

倦怠感や嘔吐感に対しては、身体を横たえているのは楽ちんだけど
謎の痛みに対しては、寝ている姿勢の方が、痛みが強い。
少しづつ身体をずらしたりして休んでいると
小一時間ほどして主治医が処置室に来てくれた。

どうしたの?
吐き気があって気持ち悪い。
いつから?
病院に着いて待っている間から。
便秘してる?
便秘も下痢もしてない。
お腹見せて。

ここのとこ膨満感的にお腹の張った感じは常にあるけど
パクリも中止になったせいか、下痢もないし
医療用麻薬服用による便秘もない。
尿は?血尿とかない?
そんなマジマジ見てないから分からないけどおそらくないと思う。

眠くなったのでいったん終了~ドクターXも終了~
(つづく)


ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村


スポンサーサイト
転移治療 ゾメタ ナベルビン | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。