07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

主治医診察 1 造影CT アレルギー? 

2014年12月10日
2014.12.10 主治医診察
ウィークリーパクリタキセル 7クール2週目中止 ゾメタ次週へ


採血は先週、痛みなしですっと針射ししてくれた方が、
偶然また担当で、先週痛みなく一発採血出来たから
今日ご指名しようかと思ったの(笑)←出来ませんー
と喜んでいたら、それはそれで、プレッシャーなのだとか(笑)

たまたまですよ~あ~出来なかったらどうしよう~とか
言いつつも今日もすんなり。あの「チクっとしますよ~」のチクもなく。
わ~ありがとう~!!の言葉を残し、幸先良い感じで放射線科へ移動。
しかし、ここではライン取り失敗!ということで謝られる。
痛くはなかったから大丈夫です~と返す。
二度目で成功。痛みもしびれもなく「イキヲ トメテクダサイ」の
あのアナウンスに従って撮影。

撮影自体は別になんていうこともないけど、
あの造影剤が体に回る感覚が、ホント、嫌ですねー。
いかにも体に悪いモノが入ってきましたーな感覚。
鼻にツーンと化学薬品が回っていく感じ
そしてからだ全体がもわ~っと熱くなる。

終わってベッドを降りようとするときに
何気なくわき腹をかいた。その様子を見るや否や
検査技師さん、看護師さんがすっとんで来た!

痒いですか?
ええ、でも、ちょっとここだけ、と言っている間に
その最初に掻いた近くも痒くなってきた。
でも、そう強いものでなく、たまたまこのタイミングで痒いだけー
との気分だったけど、たったひとつ虫に刺されたような膨らみを見て
造影剤のアレルギーと断定されたような。
担当のドクターが呼ばれ、その発疹を見て、やはり
造影剤のアレルギーと診断。

処置室で痒み止めを塗られたあと、アレルギーカードが発行され
他の病院で治療を受ける際も、今後は見せるよう指示される。
造影剤アレルギー決定!
内心ちょっと面倒だな~と思う。

今まで症状なくても、検査の繰り返しで造影剤の副作用が
出てしまうケースがあると説明を受け、乳腺科へ。

もともとの予約時間より1時間遅れての入室。

荷物を置きながら、撮影のあと、無意識にちょっとわき腹掻いたら
ものすごい勢いでスタッフに取り囲まれ、あれよあれよという間に
造影剤のアレルギーと診断され、カードも発行されたよ~申告。
え~そうなの?診せて。
もう、ホントに虫刺され程度の1個の発疹が。
(ただいま帰宅時にはもう跡形もない)

主治医的には、ふ~んみたいな感じでチラッと見て終わり。
それより上がってきたばかりのCTレポートを読みつつ
自身でも読影をしていく。

その痛みの原因となるような何かはまったくないよ。
ほかも、ほとんど大丈夫だけど
縦隔リンパ節だけが大きくなってる。

何センチ?
2センチ6ミリ。
前回は?
2センチ3ミリ。

まあ、大きくなってはいるけど、3ミリ・・・
肝臓は?
なんだか、よく分からないんだよね。
あるけど、分からない程度のものなんだ。
そう。

肺は?
肺もはっきりとは分からない。
肋骨への転移も悪くはなってないよ。

パクリで肝臓や肺は分からない程度で抑えられいるのかな、と思う。
画像の方が大切ということであれば、3ミリの増悪というのは
そうシリアスなものではないんじゃないかな~と素人判断。

マーカーは上がっているんだよね~

そう。前々回は倍増、前回もそこからまた上がっている。

薬変えるの?パクリ続ける?
ナベルビン(への変更)の方がお勧めだけど
(パクリ)やりたいんだったら継続でもいいよ。
また三ヶ月、CT見ながらやっていくとか・・・
再発転移治療は医師の腕の見せどころらしいから(笑)
先生の良いと思うほうでいいよ~。

ナベルビンは血管痛が強くでるから
血管細いみたいだし、ポート入れる?
入れない(笑)なんか、痛いっていってるコも多い(多いは盛ってます・笑)し。
そうなの?
先生の患者さんはみんな入れてるの?なんて言ってる?
あんまり入れてる人いないんだよねー
そうでしょうとも!
みんな(提案しても)やだって(苦笑)
(やっぱりねー)

ポート留置したことによって、
感染症とか合併症の起こる心配もないワケじゃないし。
「外科手術」するワケだしね。


これからまだ、すごくたくさんの抗がん剤の選択の余地があって
ケモをやり続けなければならないってことなら考えるけど
もう、そう選択肢はないでしょ?
ナベルビンが奏功しなかったら次は?

し――――ん

それは、またその時考えよう・・・

(そうだね、まだまだ検討できる薬はたくさんあるからーとは
言えないんだよね・・・)

(だから、あたしより暗くならないでってば~)

よっぽど血管痛が強くて耐えきれないーとなったら考えるよ。

主治医診察 2 薬剤変更へ続く。

ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村







スポンサーサイト
転移治療 ゾメタ パクリタキセル | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。