07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

主治医診察 マーカー上昇 1

2014年10月15日
2014.10.15 主治医診察 ウィークリーパクリタキセル 5クール2週目 ゾメタ20回目


1週間早い~
久々の2時間半押し!!の表示を見ながら反芻する。
(他の乳腺のドクターも他科のドクターも、競い合うかのように?!押しているー)

どのくらい遅れるかは分からないけど、1時間は少なくても押すだろうと予測し
12時半主治医診察の予約時間ちょうどにチェックイン(?)し
検体検査のフロアへ(そこから結果があがるのが最低30分?)
なので実際の診察が1時間遅れの13時半かそれ以降と見込んで。
しかしながら、本日は14時45分ころの入室。

○先生(←ケモのドクター)に怒られるよ~
もう怒られてるよ~
(お、良い切り替えし←診療の現状としてはダメだけど)
ごはん食べたの~?
食べてないよ!
だって前の患者さんが出た後、私の番号が表示されるまで
結構、間があったから、食べてるのかなと思ったの。

必要な薬は?
なぜか薬の処方から入る主治医。
ピドキサール、リリカ75mg、メチコバールは14日分
リリカ25gはなぜか余分にあるから12日分でいいよ。
リリカいくら飲んでるんだっけ?
(先週も聞かれた)
100mg

でもリリカ飲んでいてもしびれもあるし
突発的な痛みがあったりするし、効いてないのかな~?
ただ、2年とか長く服用した人の、しびれが軽減されたように思う
というレポもあるから続けてるけど・・・

所見では右肋骨の転移しかないけど
術側の左の肋骨や鎖骨から上が、急に痛いときがある。
今も、待っている間、結構痛かった。

トラマール(カプセル)出そうか?麻薬系だけど。

少し前から痛みがあると伝えると、提案するようになっていた薬。
麻薬系は、もっと症状が進んでからと思っていたけど
「痛みを脳が覚える」ということもあるようだから
少しでもそれが軽減される方が良いのかな~という想いと
「麻薬系」という言葉への偏見が自分にもあることを解消しよう!
ということで、トライ。吐き気が出る場合があるとのことで
ノバミンという吐き気止めも処方。

◆参照→兵庫県立がんセンターの患者向け案内


やってくでしょ?白血球7000あるよ。
もともと治療前も3900くらいだったから
6000とか7000とか多くても、何か感染症じゃないかと心配になるのよね~
熱出したりした?
先週は熱発したり、ちょっと風邪っぽい症状はあったけど・・・
今回(投薬からの1週間)は、そう高い熱は出てないと思う。

マーカーは?
え?
先週、マーカーも測って、でも結果は出ないから来週って言われたんだよ~。
あと、白血球のところ先週の分貰わなかったから
先週と今週の分、マーカーは時系列で出して。

マーカーあがってるね。
そうだね。
てか、倍増、いや倍以上?この間画像は良かったのに・・・

まあ、でも、最初の薬剤の奏功が6ヵ月あったとして、
次の薬剤は4ヵ月とか、あとからのものは奏功期間が短いケースが
殆どのようだから・・・
そういうこともあるけど・・・(→目見ない、主治医が!私は彼の顔を凝視するけど!
心にもないことを言っていないかどうか・笑)

決して「そうだ」とは断定しない主治医。
厳しい現実は言えないタイプ、というか言わない。
それが、主治医なりの、患者が治療のモチベーションを下げないように
ということへの配慮なのかな?

自分でも、結構、東京オリンピックまでいけちゃうかも?と
楽観的に思えるときと、やっぱりあと良くて2年かな~とか
来年中には、もう使える薬はない-とか言われちゃったりして
などなど、あれこれ考える。
もし、人生が短いとしたら、何をしておきたいかとか

続く


ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村
スポンサーサイト
転移治療 ゾメタ パクリタキセル | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。