06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

<追記あり>がん放置大丈夫?

2014年10月05日
◆腫瘍内科医、勝俣先生のブログにリンク

◇がん放置大丈夫?→

一部の(FBで私が直接、間接的に繋がっている)医師や
サバイバーさんの中には、 BPO( 放送倫理・番組向上機構 )に投書を
という話も出ています。TBSに意見を送ったり。

すべての情報は鵜呑みにせず(私のこのブログ記事も含め)
しっかりと検証し理解していくことが大切ですね。

と言っても、なかなか難しい・・・
とりあえず、ひとつのテーマなり意見や見解があったら
それと反対のものも手にとってみる。耳にしてみるーということが大切かな?

金スマで、がん告知(インフォームドコンセント)を始めてしたのは
近藤医師かのように描かれていたけど
当時の国立がんセンターでは、すでにやっていたーということも
FBから流れてくる情報で知りました。うんうんと思っていたら
「がんセンター」での治療だがら、告知は当然では?というコメントを目にし…
いろんな視点からの意見、参考になります。

何万人もの患者を診てきたということだったけれど
放置療法で観察している患者は150数名
残りの数万人の経過は?治療法は?放置で亡くなった方は?
いろいろ疑問が残りました。

でも、こうしてあれこれ疑念を抱えているのは
医療従事者やサバイバーのみなのですよね。
一般の多くの人に、エビデンスに基づいた治療を伝えるには
どうしたら良いのでしょうね。
医師たちが出演する医療バラエティ?番組もいくつかあるようですが・・・



◆医療情報を見極めるEBM 高野医師の記事にリンク→

◆ステージ4を生きる→



ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村

スポンサーサイト
がんメディア情報/書籍 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
勝俣先生のブログもFC2だったのね!

近藤先生の考え方って、私は本読んだこと無いのだけど、一般には受け入れる人もいそうですね。
現にこの前、食べ物だけでガンが消えた系の本を書いた高遠さんて人のことを信じている人がいて、ちょっとびっくりしてたんです。
信じちゃう人いるんだな〜と。
確かに治療をするしない、どこまでするかも本人の選択です。
でも偏った知識で治るもを放置してしまったら、これは大変なことだと思います。
これは私が罹患者だから思うことなんですかねえ。

数字的には多くのがん患者がいるというのにこれを見守るしかないのかなあ?

記事ありがとう!
Re: No title
>ぽろんさん

こんにちは!コメありがとう。

ブログやFBで、いろいろ発信して下さっています。
そうなんですよね~ちゃんと標準治療を理解した上で
また、近藤氏の「放置」を信じた結果
辛い想いをしたケースも知った上で
それでも「放置」や「無治療」を選択するのか、ですよね。

自分もそうだったけど、罹患しなければ、
そうそう癌に対する知識はないから
ああいう風にテレビで取り上げられ
標準治療を選択するより、ラクに癌と向き合えそうな印象を与える方を
選択してしまう可能性はあり、恐いな~と思ってます。

医学界の方々が指摘してるように
近藤氏が、自分の都合の良いようにデーターを曲解していることなど
一般の人は分からないですからねー


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。