07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

久々の主治医診察 ウィークリーパクリタキセル 心電図&心エコー 2

2014年09月15日
心電図と心エコーは、女性の技師さんで・・・とお願いしてあったのでした。
主治医には全然平気なのに(ってもうずっと術側、健側とも触診も視診もないけど。
フェソロ打つのにお尻見せたり←厳密には「腰」、わき腹激痛のときに
つまんで10センチ?くらいあるウエストからお腹にかけての脂肪は
見せたというか見られてしまったが←何か敗北感・・・orz  何に対して?)
やっぱり男性の技師さんはヤダな~なんてこの期に及んで・・・
放射線治療のときなんかは男性技師さんでも平気だったのに。

心電図はあっいう間だったけど
心エコーは結構時間がかかる。術側の左を下にして横向きに寝るので
クッションを置いてもらい、腕に負荷がかからないようにする。

結構強くプローブを押されて、術側は肋骨にあたる感じで痛い。
あるポイントにくると、息を吸ってそのまま止めてーの繰り返しで
態勢的にも、ここのところの呼吸困難感からも、意外としんどい検査でした。

最後に肝臓のあたりもじっくり押され
この検査のあと主治医診察だったので
心エコーって心臓以外のことも分かるの?と聴いたら
間髪いれず「分からない」との回答だったので
かえって、何か映ってたんじゃないか?と勘ぐってしまった。
その、すかさずの否定っぷりが不自然に思えて。

自然に、何事もなかったかのように振舞おうとするがゆえの
不自然さ?みたいなものが露呈するというか・・・
勘ぐりすぎか~?(でも、再発患者なんですもん!)

結果は次回―とのことで、それ以上の質問を控えた。

化学療法室は、普段どおりそんなに混んではいなくて
いつもの手順で進められていく。
私が入室したことがスタッフ全員に分かるように伝えられ
(本人確認する前に「yannchanさんお見えです~」って言ってるのに)
私自身とも本人確認。リストバンドから個人データを読み取る。

(たぶん)薬剤調合室?とのやりとり。私用のものであることや
薬剤名の確認をしているのが聞こえる。
そして更に、私のシートに運ばれる前にも
看護師さん同士で、薬剤の読み合わせ。

ま、これでほぼ(ほぼ?)間違った薬剤が投与されることはないでしょう!

投与前に副作用ノートを看護師さんに渡し、
ルート確保のためにドクターがやってきて腕を取る。
少し雑談をして、ここで良いか?といつものように聞かれ
いつもどおり「はい」と答える。

それがもう、毎週の約束事ー日常となった。
3週に1度の休薬週を除いて・・・



10日投与で、ただいまこれを打っているのが15日。
いやいや、今回はゲーリーが激しいです~。
今日、もう会社で大小合わせて(!)―何故か、若干頻尿気味でもあり
10回くらいトイレに行ったような・・・

だいたい、今までだと、投与後3~5日目の間くらいに2日間くらい
ちょっと下るかな~と言った感じだったのに、
翌日から結構緩くて、でも、さすがにこれほどの状態ではなかったけど
一昨日くらいから喉もなんとなく痛くて、今日はかなりイガイガで
風邪の引き始めのような、なんか別の症状?のような・・・

と言っている間に明後日にはまた通院。


ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村
スポンサーサイト
転移治療 ゾメタ パクリタキセル | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。