04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

診察室にて

2014年08月15日
今、足は指の先だけのしびれだけど
もっと全面的に足の裏とかもしびれがくるかなぁ

くるよ~

(う、否定しないのか・・・)


体重計っていい?(自宅の体重計はなにか数値があやふやで
信用できないので、ここのとこ、診察室で計っている)
あ゛~また太った!○○キロ。

いいんじゃないそのくらい。(まったくよくない数値)

副作用チェックシートに「食欲減退」欄があるけど
ちっとも減退しないのよねー。むしろ食欲亢進。

その方がいいよ。



・・・・・・って、そりゃ、やつれてヘロヘロってよりは
いいかもしれないけど、ホルモンポジティブな私が太るということは
がん細胞にエサ与えまくりってことにもなりかねないし
再発前や、再発後ホルモン治療やっていた頃は
BMI管理、気をつけないとねって言っていたよね?

もう、先がない人生なのだから
食べられるときに美味しく食べてって、なにか好きなように
生きていけばいいんじゃない?ってところなのかしらん・・・
とか穿った見方をしてしまう。

きっとそんな含みはまったくないのだろうけど。

何かの道標のようなものを求める気持ちと、諦めの気持ち。

誰にもわからない時間を歩いている。




ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村
スポンサーサイト
転移治療 ゾメタ パクリタキセル | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
ご無沙汰ですが、いつも見てます♪
yannchanさん、こんばんは!

最後を迎える時、人生ってあっという間だったな、と思っていそうな気がする。
だから残された人生を好きなように過ごそうと思うのは、私は同感ですよ。

道しるべを求める気持ちはよく分かる。
だけど、今までyannchanさんは道しるべを求めるではなく、道を切り開いてきたんじゃないかな?
私はyannchanさんより一日先輩だけどv-392
yannchanさんはいつも私の前に居るよ。
yannchanさんに道しるべがいないのは残念かも知れないけど、yannchanさんを道しるべにしている人は沢山いると思う。

偉そうに語ってすんません。
まだまだ暑いから体に気を付けてね!
No title
たしかに・・yannchanさんブログを頼りにしてる人は
たくさんいるような気がします。

通院お疲れ様でした。

疑問、聞いてくれてありがとう。
これからを考えるとき、そこで止まっていたから・・
助かりました。

パクリの足裏の痺れ、前半分あるいは前から2/3はやられたけど、かかとは大丈夫だったよ(かかとは鈍感なだけかな)

でも、今はゼローダでパキパキ割れて、今朝から歩くのに苦労してますT0T
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ご無沙汰ですが、いつも見てます♪
>メルモさん

ばんわ~

いつも見てくれているとのことありがとう!
私もアトムに日々会いにいってるよ~。
傾聴ボランティアも続けているのね。

そうだね。歩ける道を歩いていくけど
寄っかかれる大きな切り株(笑)が欲しいよ~。

東海地区も暑いでしょ?
お互い残暑を乗り切っていきましょう。
コメありがとう。
Re: No title
>blueさん

ばんわ~

私も、がんと告知されてからネットで検索しまくり
ブログ村にも到達し、多くのサバイバーさんの治療経過を
参考にさせてもらったので、
自分の治療歴も「一例」として参考になることがあるのなら
しんどい治療の甲斐もあるかと・・・
blueさんの治療、副作用への対処もきっと参考にされている方いるはず・・・

直立二足歩行の人類にとって「歩く」ことは大切だー。
転ばないようにあせらず、ゆっくり歩いてね。

「再発・転移」と言われても希望が持てるように、
長くしっかりと(時にはへたれたりプープー言いつつも!)
共に治療をしていきましょう。
Re: タイトルなし
>鍵コメ T様

こんばんは!

すでに骨、肺、縦隔リンパ節と多発転移していたうえに
さらに、ちょうど再就職が決まったときに、肝転移も分かり
やさぐれていたときに、うちの主治医は
「大丈夫、肝臓(の転移)はコントロール出来るから」
と言いました。あくまでも、主治医の臨床経験からの個人的見解かも
しれないけれど・・・。


怖かったり苦しかったりするのは、自然な感情だと思います。
がんカフェでがんセンターのドクターもおっしゃってました。
辛いときは辛いって言いましょう。言いに来て下さい~。

私も、初発の治療あれだけ頑張ったのになんで~?!とか思うし
再発っていよいよ死に近づくの?と思ってしまう時もあるし
高血圧や糖尿病のように「慢性疾患」として長く付き合って
いけばいいのよ~とか言われて、そうかな?と思える時もあるし…
(しかし治療はなかなか過酷だったりするケド…ーー;)

立てそうもないときには、座って休んで下さいね。
ゆっくりと歩いていきましょう。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。