01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

主治医診察 パクリタキセル副作用対策増強

2014年08月14日
2014.8.13 主治医診察  ウィークリーパクリタキセル3クール1週目

WBC:3.8 ※基準値:3.6-9.7
RBC:364
HGB:11.8
HCT:35.9
MCV:98.6
MCH:32.4
MCHC:32.9
PLT:22.4


やっぱり休薬週明けのせいか、7月30日、2.5だった白血球回復~。
自主的免疫療法(笑)日ゆえ、早起きして、リンパ浮腫外来はパスして
朝イチの主治医診察。まだ寝起きですか?な日もあるけど、
この日はドアを開けた瞬間キラキラなまなこを向けてきて
笑顔のハキハキとした対応で合格点。(上から~・笑)

前夜、久々に左手親指の激痛で夜中目覚め
どうして、ここだけピンポイントで痛いのか
(これまで3~4回この超激痛アリ。)
主治医もしびれは出ても、そこまで痛いっていうのは
これまでパクリの副作用で例がないようで、おかしいな~と言っていた。
あのわき腹ののた打ち回るほどの激痛が指に来た感じ?

足の指は全部しびれてるけど、ここまでの痛みはない。

AKIBAでK先生に、パクリの副作用でのしびれに
良い対処方法ないか尋ねたら、サインバルタ推奨でしたが、
当面、主治医の処方どおり、リリカを服薬するつもりではいるけれど
しばらく様子みて改善がみられなければ、サインバルタにするかな・・・

リリカは朝夕75mgだったのを100mgに増量。
100mgのカプセルってないの?と聞いたらないとのことで
25mgと75mgの組み合わせ。25mgって薬価が高いのよねー
と言ったら、そうなの?って。ドクターって意外とそういうことは知らないよね。

あとは「激痛」って言葉に反応して?ロキソニンを提案され試すことに。

自主処方はB6(ピドキサール)とB12(メチコバール)をお願いする→参照
それと、前夜から喉のイガイガがあり、風邪の予兆?と早めの対処しようと
総合感冒剤も出してもらう。PL配合顆粒。そして、ロペミン。

久々に7種類という大量処方。しかも、朝夕と朝昼晩と錠数が異なるので
服薬の間違いがないように都度、袋を見ながら確認してます。
リリカは25mgと75mgを1錠づつ、ピドキサールは3錠を朝夕。
ロキソニン1錠、PL1包、メチコバール1錠は朝昼晩。
ロペミンは症状あるときのみ。

9月の診察予定を決めたり
他院で治療しているブロ友さんの疑問についてちょっと相談したり
アナ雪商標のおやつを渡したり(笑)
前回もらうの忘れたので前回分と今回分の
検体検査の結果をプリントアウトしてもらったりと
聞きたいことは聞き、もらいたいものはもらい、渡すものは渡して
診察終了。リストバンドを巻いてもらってケモ室へ。

予定通り爆睡。パクリじゃなくて、麻酔投与されてるのではないかと思うくらい
す~っと眠りに落ちる。「終わりましたよ~」の声で起こされた時は
手術が終わりましたよ~かと思うくらい?!

その後は、免疫アゲアゲ療法ということで帝国劇場へ!
まだまだ上演中~→
眠ったらどうしよう~と思ったけれど、観劇中は全然オッケー。
その代わり帰宅後、早い段階で気絶。


ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村
スポンサーサイト
転移治療 ゾメタ パクリタキセル | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。