11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2014.6.4 主治医診察 今後の治療について 1

2014年06月06日
CT撮りたいんだっけ?
(うん、それは電話で言ったけど・・・)
再度、どうして撮影したいかを伝える。
看護師さんに緊急で撮影予約を入れるよう指示する主治医。

放射線科の廊下で、オペのときにサブで入ってくれたドクターと偶然遭遇。
あ、yannchanさん先日はありがとうございました。
(私が術後丸3年のお礼に、ささやかながらスイーツとメッセージカードを
主治医経由で渡していたので)
いえいえ、うっかり再発しちゃったけど、お陰様でなんとか術後3年です。
いや~早いね。もう3年経ったんだ。
ということは先生がこの病院に来て3年なんだね~。
(4月に転院されてきて、5月に私のオペだった)

その節はお世話になりました~。先生、今日オペ日でしょ?
そう、これから2件目。
ちょっと、ちっちゃくなったんじゃない?(笑)
ダイエットしてるんですよ。
(身長も体重もデッカイドクターなので)
少し、軽口をたたいてお別れ。

予約なしなので、いつもより待ち時間が長い。
少し疲れて、長椅子に横になる。
微熱がずっと続いている。だるい。

CTのレポートが上がったあと、診察室に呼ばれる。
放射線医の所見とあわせながら、
主治医もあれこれ画像を拡大したりしながら診ているけど
無気肺の様子もあまりよく分からないし、どういう原因か
ということも特定出来ない様子。

もう、この痰と咳は風邪ではないと思っているから
呼内で処方された薬、7日分出たけど、4日服薬したところでやめたの。
この咳と痰の原因は何?

ん~リンパ節の腫瘍が横隔神経に浸襲してというケースもあるけれど・・・

でも、たぶんそれは縦隔リンパ節の大きさからして
まだ、あまりありえないみたい?で、横隔膜挙上についても
無気肺についても、「う~ん分からないなぁ」が結論?!
まあ、正直でよろしい(笑)

電カルの入っているノートPC。その横に画像を映し出す大きなモニター。
そしてさらに、その隣にもう1台PCがありYahoo検索が開いてる(!)
こらこら、それは私もやりましたって!
「横隔膜挙上」「無気肺」でさんざん検索したわよ~~(笑)

自分でいろいろ検索したときも、
息を吸った状態でのレントゲン撮影、吐ききった状態での撮影
で、なにか疾患をチェックするみたいな内容が
ヒットしたりもしたのでーすでにそれは呼内の医師が行ったことー
それでも、原因の特定や、この件に特化した
何か治療をしなければいけないという話は出なかった。

それより、ミリ単位とはいえ、増悪しているSVC(上大静脈)右側の腫瘍
その他は目立った進行はなしーとはいえ
単純CTのため肝臓については評価困難。

そして、マーカーは上がっている。

ホントは4月30日の造影CTの結果で、
主治医はゼローダは耐性が出来て無効と思っている。

ゼローダ増量でもう少し粘りたいと言いながらも
次の治療を受け入れる時期なのだなーと諦念?
勤務先に、毎週水曜日をシフト休になるよう依頼した自分・・・

この咳や痰も、もし腫瘍が関係しているのなら
それを縮小させることによって症状は改善されるのかな。

先生的には、次の治療はパクリタキセルが第一選択?


ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村
スポンサーサイト
転移治療 ゾメタ パクリタキセル | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。