06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

呼吸器内科受診 2 で、それは放置?

2014年05月28日
呼吸がちょっと辛いので、病棟内を行ったりきたりも、すこし疲れる。
再度、着替えをし、立位で「息を吐ききった」状態での撮影と 横臥での撮影。
苦手なレントゲン室のベッドというか台。
これ、一度横になると体を起こすのが大変なの。

呼内の中待合に戻り、そう待つこともなく呼ばれる。
胸水はなし。でも、この横隔膜が上がっていることの原因についての
言及もなし。4月30日撮影の造影CTの画像も見ている。
この所見は悪い結果ばかりなので、私がそれを知らされているのかが
心配だったようで、この撮影の結果は聞いてる?
とたずねてくるN医師。

すでに、今月上旬に主治医診察があり
肺や肝臓、縦隔リンパ節の転移もすべて増大ということも理解しているし
いつも、画像も一緒に確認するし
所見もプリントアウトしてもらってますーと伝える。

もし、何か悪い内容だったら
主治医の口からの方がいいと思っているのかな~?
勝手にいろいろ考える。

横隔膜が上がっていることの原因、それに対して
どうするという説明のないまま
薬の処方だけが進んでいく。
でも、聴診のほかに打診もあり、パルスオキシメーターの数値も正常。
なんらかの「原因」自体がないのかな?とも。

・ジスロマックSR成人用ドライシロップ2g(抗生物質)
・レスプリン錠20mg(痰、咳)
・スペリア錠200(痰)
・ツムラ葛根湯エキス顆粒(医療用)

 最初に提示された総合感冒薬的な薬は眠気が出るとの説明があり
 眠気のない薬とお願いしたところ、葛根湯となる。

7日分処方。



なんとなくすっきりしないので
「横隔膜 上がる」とかで検索してみると
健康診断で指摘を受けたとか、いくつか検索されるけど
専門医の診察を受けてくださいという所見や
そのまま放置でも良い症例もある模様?

検索結果から「横隔膜挙上」というワードも見つかる。
現症としてはコレだ。

まあ、専門医の診察は受けたわけだし・・・

ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村
スポンサーサイト
転移治療 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。