09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

FEC1クール 初入院

2010年11月18日
「患者様」は覚える事が沢山あります。

セイフティボックス、冷蔵庫、テレビ、ナースコールの使い方。
ナースコール以外有料。
あ、セイフティボックスは無料。
インターネットも各階にある模様(有料)

検温・血圧測定・採血して、病棟見学がてら(浴室の使い方の説明とか)
身長・体重計り、自分の病室に戻る。

レントゲン検査待ち。

電話は、フロアのパブリックスペースでと告げられましたが
は、病室でもオッケーと確認。
音を出さない使い方なら良いそうです。

疲れるかな~と本は持参しなかったので
待ち時間の間、さっそく携帯っ子に(携帯おばさんでしょ~>自分)
なってますよ。

今は、プライバシー保護のため、病室の外には、名札なし。

うっかり、部屋番号、メモしないで出るとこでした。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
化学療法 FEC | コメント(2) | トラックバック(0)

病室ランチ

2010年11月18日



焼き魚に酢の物、炊き込みご飯、お吸い物と
美味しそうです。

しかし、今後の副作用を考えると
食べていいものかどうか?
まあ、控えて下さいとも言われてないし。

ご飯250グラムは、さすがに多すぎでしょう~

半分にしとこ。

点滴の針だけ入った状態で食事。
シュールだ。
いつか、見慣れた光景ーになっていくのかな。

患部が左なため、造影剤入れるときも、
右腕使いましょうと言われたり、
採血も、右の方が血管取りやすいみたいなのですが
今日の医師に、右は利き腕だし、万一の血管痛や
その他の症状が出た場合に備え、
左腕にしたいと告げたら、あっさりオッケーだったので、
本日は、左腕に頑張って貰います

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




化学療法 FEC | コメント(0) | トラックバック(0)

理不尽な選択!?

2010年11月18日



制吐剤を入れた後
いよいよ、噂の「赤い」お薬。(この他、あと2本入れます。)

が、制吐剤の途中、お食事のメニューが配布され
「選んでおいてくださいね~」と。




え~吐き気予防の点滴中に、食事の件ですか

しかも、追加料金メニューまである。
どう、考えても、ポークピカタよりは、
さばの味噌煮(追加料金)の方が美味しそう。
もの凄いタイミングでの、メニュー配布なのに、結構、真剣に悩む。
しかし、追加料金払ったあげく食べられなかったら
でも、限度額適用認定証持参だから
支払う入院費の上限は決まってるし。
ん、オプション食事代は認可されないかも?!
(100円ですが)

と、悩みつつ、さばの味噌煮にチェック。
完食出来る自分をイメージしつつ。

現在、2本目中。
なかなか順調。




しかし、患者様は忙しい。
点滴中にも、医師からの書類(次回から、外来治療のための)にサイン
看護師さんからの書類(入院中の看護師とのコミュニケーションとかについて)にサイン
点滴終わってから、外来の化学療法チームの
オリエンテーションへの参加の有無への意思確認などなど。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
化学療法 FEC | コメント(0) | トラックバック(0)

退院

2010年11月19日



一応、一番心配していた嘔吐は避けられました。
投与、24時間後現在。
まだ、油断出来ませんけど。
次回の薬投与前のためのものと、普段飲む薬を、
またまた、どっさり貰い、&日々の体調記録用ファイルと
お勉強用冊子三冊。

ホント、今までのアバウトな生活改善しないといけませんね


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


化学療法 FEC | コメント(10) | トラックバック(0)

FEC1クール 投与後初出勤

2010年11月21日
う~ん「後日」くるタイプだったか。

実際、吐いたりはしないのですが、
昨日から、ムカムカ感が抜けません。

しかし、ダラダラしてると、ずっ~とダラダラしそうなので
予定通り出勤。朝は座れて楽でした。

休日出勤なので、ふだんよりは、まったり過ごせて
勤務時間も短いので、その点も楽。

朝はアイスクリーム、
ランチはヨーグルト。
ホントは、何も食べなくてもいいような気がする。
まだ、体力はあるし
指導書?にも、食べたくない時は
無理に食べなくて良いとあったし。

さて、明日は1日頑張れば、また休日です。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

化学療法 FEC | コメント(3) | トラックバック(0)

FEC1クール 本日欠勤

2010年11月22日
やはり、しんどいので
明日も元々オフだし、休むことにしました。

吐き気があるときは、
体を起こしていた方が良いとの
アドバイスもあるので、
FEC1回目投与と、その後の経過について、
アップ出来そうなら書いてみたいと思います。
抗がん剤治療を受けている方が歩む道の
たぶん、スタンダードな、まだ、そう起伏のない所を歩き始めたばかり・・・
なんだろうな、という気分ではいるけれど、ちょっと、へたれな今日。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

化学療法 FEC | コメント(0) | トラックバック(0)

FEC1クール 投与後5日目

2010年11月23日
毎朝、胸が気持ち悪~い!!
という感覚で目が覚めるのは、悲しい気分だけど
今日は、超久々の友人とも会い、
いろいろと話せて気が紛れた。

見送りがてら、スーパーに寄ったら、
何故か「ごはんですよ」に目が奪われる。
「ご飯」も買ってみる。
結構、食べられた。
朝から、まったく食欲なかったので嬉しい!
(頼みの?「たらこ」もとりあえず一緒に購入したけど
謎の味覚が本日要求するのは「ごはんですよ」だけらしい。)

ヨーグルトドリンクも同じメーカーのものでも
ちょっとの味の違いで、舌が受け付けないものと
飲めるものがある。不思議。
顔に、少し発疹が出てきた。

夕方以降は、そう気分の悪い事もないです。

メール&コメント、
そして、Iさん、お帽子ありがとう!!

お陰様で、なんとか、やってます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

化学療法 FEC | コメント(2) | トラックバック(0)

FEC1クール 投与後6日目

2010年11月24日
二日休んでの出勤。

朝は食欲なし。
昼は、たらことごはんですよ!で、ご飯を食べ
リンゴ入りヨーグルトも完食。

朝から、緑茶二杯は飲めたけど
それ以降、お茶受け付けず。

仕事は、まあまあ無難にこなしたけど
家なら、「ちょっと横になりたい」が出来たのが
出来ず、だるい時はだるい~。

夕方から腹痛。

体内に、異物が入ってる感はぬぐえず
胸、胸骨、腕の付け根、足先、太ももなどに
ピリピリ感。

一昨日から、湾岸戦争時だか、タンカー事故時だかの
オイルにまみれた水鳥のイメージ。
体内が化学(!)な感じがするの(どんな感じや?)

帰宅後、ご飯を炊く。
おかゆまではいかないけれど
かなり、水分増量で、やわらかく炊いたら
結構、イケた。

ごはんですよ、オッケー
たらこ、一口オッケー
↑↑多く食べると金属質な味が残るようになった
梅干オッケー
焼ノリオッケー

わさびのふりかけダメ
浅漬けダメ

生リンゴ、ひとかじりオッケー

野菜食べないとな~

セロリにレモン絞るとかイケそうかな?
きゅうりとかも、想像上はイケそう。
ほうれんそうとか
食べた方が良さそうな気がするけど

味覚障害って、こんなに早く出るのかな?

癌・味覚障害・食事とかで検索すると
味覚障害や口内炎(現状なし)出ても
30品目バランス良く摂りましょう~って、それはムリ。
ひじきとか黒ゴマねぇ。これは、ごはんが入れば
大丈夫そうな気がする。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



化学療法 FEC | コメント(5) | トラックバック(0)

FEC1回目投与から10日経過

2010年11月29日
18日投与で、28日には「食べログ」と化しているので
まあまあ、順調と言って良いのでしょうか?
順調すぎて、うっかり、今朝薬を飲むのを忘れてしまいました。
(昼用も持参せず…)

現在、服薬しているのは、
朝・昼・晩、食事前の吐き気止めナウゼリンと
朝・昼、食後、痛み止めのボルタレンと
ボルタレンが強いので胃の保護のためのガスターD錠です。

ま~でも、この痛み止めが、あまり効果なし。
患部の左胸は、想い出したように痛みが走ります。

ナウゼリンは吐き気がなければ服薬しなくて良いとの
ことだけど、このお陰で、吐き気がないのかどうか
分からないし、元々のお薬説明書(?)には
『点滴を受けた日は夕方1回服用して下さい。
次の日からは1日3回、毎食後に服用して下さい。
途中で止めずに14日分継続して服用して下さい。』
と書いてある。

薬袋自体には「食後」って書いてある。
そして、<注意事項>として、
吐き気なければ、内服しなくても結構です、の印字あり。

まあ、内服しても結構かとも思い、服薬してます。

副作用の経緯としては、

◆投与当日~翌日(入院):食事も普通に摂れ、味覚障害もなし。吐き気なし。
             深夜に、多少の熱を感じ、測ると37度。

◆4日目:明け方、むかつき感で目が覚める。胸の圧迫感。
     いつもより、やや体温高め。午前中だるさ。
     出勤は出来ている。
◆5日目:欠勤。倦怠感と吐き気。
◆5~6日目:倦怠感。両肩、胸、足先にピリピリ感。胸骨(痛み)
       このあたりまで、食事があまり摂れない。
◆7日目:このあたりから、ダウンしていた調子がアップして行く感じ。
◆8~11日目:普通に食べられる、というか普通以上に食べてます。
        次回に備えて体が要求しているのか?
        もしかして「過食」という副作用!?

めまいがするとかではないけれど
常に体がフワフワしている感じがある。
あと、ここ数日、味覚は大丈夫で
口内炎も出来てないけれど、
舌の表面が、ピリピリしている。

2回目、3回目と蓄積されて副作用が辛くなる、
ケースもあるようですが(ホント、個体差のようですね。)
検査技師の友人から、
「1回目より、2回目、3回目と副作用が
軽くなったって言う人多いらしいよ。」
とのメールも来て、
イメージトレーニングも大切!と、
自分は、蓄積されないタイプ~!!と唱えてます!!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

化学療法 FEC | コメント(3) | トラックバック(0)

日々の記録と夕刻の熱

2010年12月01日
ここ数日、食事も仕事も、
投与前とほぼ同じように出来ているのに
帰宅して熱を測ると、37度前後、
今日は、一番高く、37・3度。
(平熱36.4)

確かに、帰宅して、ほっと一息つくと
何か、体が重たい(あるいは、軽い)感じはある。

疲れやすくなっているのかな。

投与後、1週間目くらいで、
血液検査のケースもあるようだけれど
私が治療を受けている病院では、次回投与前に
採血→医師の診察→化学療法センター。
当日の採血で、数値悪いものがあれば、投与は見送り。

出されている日記帳(?)は
な~んと16項目。

夏休みの宿題を
「まあ9月の1週目内に出せばオッケーでしょう。」
だった私@B型。
でも、校内・校外書道大会、美術や作文コンクール
常連入賞だったので(14歳までは優秀だった)
愛嬌で乗り切っていたのでした。

と、それはともかく、愛嬌では乗り切れない現実。

・体重(体重計ないので測定不可)
・体温
・便(回数)
・下痢(有・無)
・嘔吐(回数)
(以下5段階評価。さらに細かく評価内容あるが割愛)
・活動
・だるさ
・吐気
・食欲
・口腔内の状況
・唾液腺の変化
・味覚変化
・手足の皮膚
・色素沈着
・爪の変化
・脱毛
・その他:フリースペースに自主的な所見記入欄あり

と、日々、自分の体との対話・観察を求められています。

でも、先日、こちらは「元」検査技師の友人と
話をしていたら、A型というのは、
もともと持って生まれてくるもの(免疫力とか?)弱いので、
自分を守るために慎重である、みたいな事を言っていた。
B型、大雑把オッケーなのは、
それでも、生命守れるからなのかな~と、楽観してみる。
(勝手に「大雑把」って普遍するなぁ!!←慎重系なB型の皆様、影の声)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



化学療法 FEC | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。