04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2013.6 主治医診察 ホルモン剤変更 1

2013年06月14日
午後、数番目の予定だったのが2番目くらいに呼ばれる。

点滴あるから早く呼んでくれたの~?
そう。
今日はお昼食べる時間あったみたいね。
食べてないよ~。
そうなの?Q先生の部屋以外、し~んとしてたからランチかな~と思った。
(入院棟に回診に行っていたんだね)

じゃ、これどうぞ。サンドイッチ。
松屋で別の用事をすませたあと、念のために?買っておいたもの。

すみませんね~。

内科行ったの?

風邪症状が抜けきらないこと、内科受診の経緯を告げる。

先生、造影CTの結果どうだった?

10月、当院で撮影したCT画像と比べて
右肩甲骨
肋骨右第9
縦隔リンパ節

への転移が顕著になっているとの、放射線医の読影結果。

主治医と一緒に画像を眺める。
骨については「評価出来ない」とか「分からない」というような言い方で
意味が理解しきれていないので、次回、再度、聞いてみるつもり。
ただ、右肩甲骨は違和感が増大した自覚症状があるので
(CTを依頼した理由)やっぱりそうなんだろうな~と思った。
縦隔リンパ節は、前回はほぼ映ってなかったものが2センチ。

これはフェマーラも効いてないってことなのかな。
骨についても、ゾメタもスタートしたところだけど。

このなんか息苦しい感じや、風邪症状的なものが抜けないのは
この縦隔リンパ節のせい?
それは関係ないと思うよ。

薬変えるかな・・・
何に?(フェマーラに一、二年は頑張ってもらいたかったけど)
アリミデックスかフェソロデックスか化学療法・・・
ホルモン感受性あるから、ホルモン(療法)かな・・・
どうする?
(私が決めるのかー ~~;)

先生はアリミデックスとフェソロデックスだったら
どっちがいいと思う?
今までと作用の違うフェソロデックスにしようか。
でも、高いんだよね~。

↑↑前にも言っていたな。ありがとう、私のお財布事情も考慮してくれて?!
(まあ、以前にも3万くらいとは聞いていて初発治療で使ったケモ代くらいかなー)


といいつつ、アストラゼネガ社作成の
「フェソロデックスによる治療を受けられる方へ」
という小冊子を手渡してくれた。

後でゆっくり読もうとすぐには目を通さず
フェソロデックスで注意しなければいけない副作用ってある?
先生の患者さんでは?と尋ねる。

まだ新しい薬だからそんなに症例ないんだよね。

今日、打ってく?
ん?今日でなくていいの?と思ったけど、もうフェマーラの処方箋は
出ないのだし、一瞬、今日、主治医にお尻を見せる?!覚悟は
全然してなかったので、ふと、おパンツよれよれのじゃないよねーと
自問自答(ばか)後、はいと回答。

前日、銀座泊だったため、旅行気分で結構新しいものよ(ほっ)←そこか!
それにウエストゴムのスカートで良かった~。
いや~無印のストレッチスカート、通院日に絶賛着用します!
(結局、オペ以来、サバイバー御用達続きのユニクロ・無印。
入院・診察に優しいウェア展開だ~。インナーもアウターも?)

じゃ、ベッドうつ伏せで寝て。
あ゛ーこのベッドの上り下り、関節痛持ちにとっては、
うつ伏せだの仰向けだのの動作は辛い。

◇がんサポ→フェソロデックス


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
転移治療 フェソロデックス | コメント(6) | トラックバック(0)

2013.6 主治医診察 ホルモン療法変更 2

2013年06月15日
ベッドにうつ伏せに寝る。
主治医はかちゃかちゃ注射の準備をしている。

筋注だから、静脈に入れるのとは違って血管がどうのこうのは
ないのだろうけど、もうトラウマになっているから
肉体に「注射針」を射すこと自体が怖いというか痛くなくても痛いイメージ。

せんせー注射得意?
う~ん、得意かな(笑)
でも、痛いって評判だけど?
痛いよ~♪
(げっ、否定しないのか・・・)
なんか、打つ前に麻酔のシールとかないの?
そういうのあればいいねー♪←ひとごとですね?

もちろん、お尻の山?に打つとは思ってなかったから
そんなにズリズリひきおろしていたわけではないけど
昔、腰に注射しますよ~と言われてウエストから2~3センチ
ショーツを下げた記憶があるので、
私、スカートと、ウエストから下あたりまで
おパンツも少しだけずらしていたんですね。

(見えてないけど、たぶん)
注射を持ってベッドサイドに来た主治医
「下着は下げなくても大丈夫だよ」と。
でも、私、もうこの姿勢(枕?を抱えつつうつ伏せ)から
1ミリも動けません。
無対応でいると、もう一度、リピートされる
>「下着は下げなくても大丈夫だよ」
無対応・・・(この姿勢から動くとなるといちからやり直しなの~
別にお尻見せてるワケではないから勘弁して下さい~@心の声)

なにやら指で腰骨?の位置から打つ場所を計っている?
なんかブツブツ言ってるよ~
ここからこうだから~ここかな、的な。

打つ位置が決定したようで
「打ちますよー」と。
「痛っ!」
「痛い?」
「我慢できる痛さです・・・」
ってしばらくすると、また痛い波がやってくる。
でも、3~4くらいの痛み。(痛みの尺度1~10で)
そんな泣き叫ぶほどではない(子供か!)
「足、しびれてないですか?」
「大丈夫です」
・・・・・・・・・・っていつまで打ってるの?
っていうくらい長い。

「あのーまだ打ってるの?」
「これ、ゆっくり打った方が、痛くないんだよね」
そっか・・・丁寧にありがとう。

・・・・・・・・・・・・長っ。
この姿勢が疲れてくる。
「しびれてないですか?」
「はい」

何分かけてたのかしら。

ベッドは、反対側は壁際に沿っているので主治医が立つことが出来ない。
どう考えても、打ちにくそうだなー。
「先生、向き変えて横になった方がいい?」
「そうだね」
レントゲン室とかだと技師さんに補助してもらって
ベッドから起きるのだけど、次の注射の準備をしているかと思うと
主治医に頼めない。やっとの思いで枕かかえたまま頭を反対にして
寝なおす。もう、それだけでぐったり。

反対の腰にも注射針が入る。
「痛い?」
「・・・・・」
「足、しびれてない?」
「・・・・・」
「大丈夫?」
「分かりません。今が大丈夫な状態なのかどうか」(棒読み)
いつもは結構、なんだかんだと喋ってる私が無言になってきたので
なにか心配になった?

っていうか、もう、この姿勢自体が辛いのと
射した瞬間以外に、ときおりチクっとするのが怖くて
(痛みは全然耐えられる程度です)
なんだか疲れ果て、突っ込む余裕もありません。
枕抱えて無言になってしまった。

はい、いいですよ~。

はー疲れた。

主治医がカレンダーを見ながら2週間後、
そのまた2週間後のスケジュールを決めていく。
2回目の“2週間後”は1日だけずらしてもらって
もともとゾメタ+フェマーラのスケジュールでの
月1回通院のため空けておいた日にしてもらう。

で、そのまた次は~とフェソロデックスの投与日を決めようと
していたところで、あ、それは、またその後決めればいいか・・・と主治医も
先走る自分自身に向けて?自主ツッコミ。
CTの結果に、主治医もちょっとびっくりしていたのかな。
ここのところずっとマーカーを測っていて(←私が望んでいたから)
「安定してるね」の所見だったのに。

採血もしたいよね?
っていつも私が言ってるせいかもしれないけど、オーダーを入れようとする。
先生、次回はしなくてもいいんじゃない?
(少しフェソロデックスの効果を見てからと、素人考えながら思った)
そうだね。

じゃ、ゾメタ行ってね。
これ、忘れ物?
ううん、もって来たの。飾っておいてね。前のは少し引き取ります~。
今あるのはちょっと見飽きた?(他の患者さんや、私や主治医が・笑)かもしれないから入れ替え~。
あ「お友達」ね(笑)←ワタシのノリに慣れてきたか(笑)アリガト。ノッてくれて。
(デスクのデコレーション)
(また、新しいモノがあると、会話のきっかけが生まれやすいでしょう?)



と、ゾメタも終了後、患者や来訪者が使えるフリーコーナーで
本日の診察を反芻。
ん?!と思って、乳腺科に電話を繋いでもらう。
看護師さんに繋がり、3回目のフェソロデックス投与日である
7月の予約を見てもらう。
「もしかして、ゾメタのオーダー入ってないんじゃないかしら?」
「あ、入ってません・・・」
(やっぱり・・・)
「すみません、ゾメタのオーダーも入れて下さる様、F先生にお伝え下さい。」

主治医にとっても、急な展開だったのかな。
フェソロデックスに気を取られていた?
ってか、ワタクシのように注意深い?(嘘です。大雑把なB子ちゃんです)
患者さんじゃなかったらどうするんだー!!コラァ~~^(`ε´♯)
自分で打ちなさいね、ゾメタも。ライン取りは得意?


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
転移治療 フェソロデックス | コメント(4) | トラックバック(0)

フェソロデックス2回目

2013年06月25日
2013.6.24


朝一番の診察を目指し(3番目だったけど)6時起床で通院。

おはようございます~と荷物を置いて着席するなり
「せんせーゾメタのオーダー入ってなかったよ!」とかます(笑)
「入ってるよ!(と電カル見つつ)」
「それは、この間の診察のあと、私が看護師さんに電話して確認したら
 オーダー入ってなかったから、F先生に伝えて、と頼んだのよ~」
「・・・・・(無言)」のうえ、ちと不機嫌な顔になる←珍しい~
回答しにくい質問や私のヤケクソ発言に“困った顔”は見たことあるけど。
ふ~ん、原因は自分なんだからねっ!

先週の金曜日、呼吸器内科を受診したの。
やっぱりずっと呼吸困難感が抜けなくて、内科の診察もはっきりしないし・・・
夜ベッドに横になると息苦しくて、クッションをあてて
少し身体を起こしてないと辛いし、でも、睡魔の方が勝つから
最終的には寝るのだけど。苦しくて夜通し眠れないってことでもない。
喉に痰が張り付いているような感じ(実際、痰を吐くとかはない)も
ずっと続くし、声もずっと枯れていたから。

でも、そういう風邪症状的なものは、縦郭リンパ節の腫瘍とは
現状、神経に障ってないから無関係等との説明を受けたこと、
肺炎や気管支炎を示す影は見られないこと
漢方を処方してもらったことを伝える。
まだ、数日だからかもしれないけど、
とりあえず、漢方の効果は感じられないことも。

うんうんと頷きながら、私の言葉をどんどん電カルに打ち込んでいくー
姿を見て、ふと、ん?私の発言のボリュームが多いから
必然的に電カルを見る(打つ)時間も多くなるのかなー
PCのモニターばっかり見てないで、患者の顔見て下さい!とか思っていたけど(笑)

階段を上がると苦しいとかない?

ん~常に倦怠感があるからーこれはホルモン療法のせいかもしれないけど
階段を上がって特に苦しいということはないです。
(って診察終えてから思ったけど、ほぼエレベータやエスカレーターを
使うし、階段上がるときは急ぐ、ということはないからな~)

ゾメタは回数重ねれば楽になるかと思っていたけど
この間が一番辛かった。3日後くらいに熱と筋肉痛がピークな感じ。
フェソロデックスと一緒に打ったから?

それは、関係ないと思う。
今日も打つよ~。
ええ、^^;そのつもりで来てますから・・・

縦郭リンパ節の腫瘍の評価は?
6月からだから(フェソロデックスが)9月かなー

それで、さらに成長しちゃっていたらケモ?
放射線治療もあると聞いたけど、私の場合照射野被ってる?出来ない?
(以前の放射線治療と)
出来ないかな・・・

ということで?私を担当してくれた放射線医が転院してしまった話へ。

ホルモンもプロゲステロン受容体(PR)-だし
かといって(Kiも小さいから)ケモも効きが悪そうだな~とか
私のマイナス発言には、やってみなければ分からない!と(そだね)

次回の予約を再確認後

やりますよー。

先生、丁寧に打ってくれてありがとね。
関節痛があるから、ベッドの寝起きが大変なだけで
唸ってる(?)けど、気にしないでね。
あと、採血や入院のゾメタのときのトラウマで
「針」に対して恐怖心があるけど、たぶん、実際はそんなには痛くないんだと思う。

ベッドに寝たとたん、なんだか鼻水がー
せんせ~すみませんけど、ティシュ一枚くれる?
はい、どうぞー(箱ごと)
で、ゴミ箱をベッドの横に持ってきてくれる。
うんうん、こういう優しさはいいね、さすが。
院内どこにいっても、F先生は優しいからーと言われる所以?
咳もコホっと出てきて、
「風邪なんじゃない?」と。

う~ん、自覚症状としては風邪とは違うのだなー。
一ヶ月もひかないし。きっと「ただの風邪」の方が
主治医的にも無難な落としどころ?でいいんだろうな・・・

「初めて」と「2回目」は大きな違い。
もう、フェソロデックス打ってもらう要領も分かりました~。
パンツは下げない(笑)スカートは腰より少し下に下げる。
主治医は、ウエストとか腰骨あたりを指で測って、ここかな~とか言いつつ
打つ位置を決めていく。

やりますよ~ちくっとしますよ~
(笑)←私が。
大丈夫ですか?しびれませんか?
大丈夫です!!

打った瞬間が一番痛くて、薬剤を入れている途中にチラッと痛い。
抜きますよ~の掛け声?のあと針抜くときもちょっと痛む。

じゃ、反対側。

自力で起きて、自力で方向転換。
いつも左が先。右が後。なぜか右の方が打つときも針を抜くときも痛い。

大丈夫ですか?
大丈夫じゃないのはどういう状況?
痺れるとか。
大丈夫です!!

そんな、こんなの主治医診察&フェソロデックス2回目。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
転移治療 フェソロデックス | コメント(6) | トラックバック(0)

フェソロデックス投与を考える

2013年08月10日
小さい頃、病院へ行くと注射は"看護婦”さんが打ってくれていた。
私が小学校低学年くらいまで、地元(東京下町)の病院では
太ももに注射を打っていたような記憶がある。
(風邪くらいでしか通院してないけど)
今は、風邪で注射っていうのはなくて(ないですよね?)
症状を伝えるとドクターがパソコンを叩いて
数種類の(!)薬を処方してくれる。

小学校高学年から中1くらいにかけて
すごい肩コリだった。休み時間にクラスメートに肩を揉ませてる小学生って…(--;
中学に入ってからかな~?もうホント肩コリが辛くてかかりつけ医のもとへ。
パンパンに張った肩をなでつつ、お父さんかお母さんに揉んでもらうよう言われ
子供心にそりゃ逆だろう~と思ったり。

症状緩和のために注射すると言われ、これは私(看護婦)では打てないので
先生が打つからね~と告げられて、なにか、すごく特別な注射のような気がした。
でも、す~~っと薬剤が入っていく感覚が、
肩のコリを楽にしてくれるような気分。「これは効く(に違いない)!」
という暗示も大切なのね。(たぶん)

なので、静注と違って筋注は、医師が打つものーという刷り込みが
どこかに残っていたのか、フェソロデックスを主治医が打つのは当然と
思っていたけれど、いろいろ資料を取り寄せたりして、必ずしも
そうではないことを知る。

フェソロデックス(フルベストラント)が日本で発売になったのは
2011年の秋。投与する側も、いろいろとトレーニングを重ねて
打ってくれているようです。

130809_2303~01

まさしく。主治医がこんな感じで、指を使って針を刺す位置を測ってる!!

冊子には、看護師さんたちも、投与マニュアルを読み込んで
勉強会で筋肉や神経の位置をよく確認するようにしたと書かれています。


130809_2309~01


患者もリラックスしていた方が、筋肉が弛緩して投与しやすくなるそう。
投与のポイントとして
・投与前の説明をきっちり行う
・投与中の声かけ、投与後の確認を
なるほど~。
刺しますよ~チクっとしますよ~
しびれてませんか~大丈夫ですか~?
と注入中、いろいろ声をかけてくれるけど
患者の緊張をほぐすと同時に、なにかおかしな症状が出てないか?の
確認もしてくれているのですね。

看護師さんのコメントの中に、痛みを軽減するために
投与マニュアルに従い投与前に薬液を手でよく温め
投与のときは意識してゆっくり打ち、痛みを軽減できるよう気をつけました
とありました。
1筒約2分というのが目安だそうです。
ま、うちの主治医は、温めてはいない模様
前回の診察で箱から出して準備しているの見てたけど・・・
8/15訂正。温めてました~!!


あとは、実際この1年間、フェソロデックスを使用してみての
医師の座談会が掲載された冊子も読んでみましたが
良い奏功の例も紹介されていて良かったのですが
作用機序の図解が専門的過ぎて、はぁ~と眺めるにとどまったのと
専門的な試験のこととか解析結果などは
素人はやっぱり目にしない方が良いのかな~と、暗~くなったのは
>××試験の○○についての初回解析は、
>対象患者の50%が死亡した時点で行われました

なんていう文章を目にした時ですねorz

反面、こんな感情論とはまったく別の次元で
薬剤の開発や新たなより良い治療法が確立されていくのだなーとも。

前向きなんだか後ろ向きなんだかよく分からないレポでスミマセン。
↑ワタシの心持が

より明るい未来を願って。



<追記>

明るい未来と言えば・・・
2002年末時点の今後承認されるかもしれない薬という記事がヒットして
・カペシタビン 
・レトロゾール 
・フルベストラント
・ビノレルビン
・ビスフォスフォネート
の名前が挙げられてました。現在すべて日本でも使える薬ですね。
 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
転移治療 フェソロデックス | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。