09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

婦人科検診デビューとMRI 1 

2012年03月08日
主治医には、まだ勧められてないけど
タモ服用についての小冊子とか、こうしてネットの情報から
「子宮体がん・頸がん」にも
留意を払わなければいけないんだろうな~とか
2008年頃に『子宮筋腫2、5センチ、要経過観察』の所見があり
半年ごとくらいに来院してね、と言われていたのに
そのまんまだったこともあり、自主的に婦人科受診。

通院している病院は、
婦人科の評判(お産の!)も良いところなのだけど
以前、主治医に、どの先生が良いかな?と聞いた時に
ノーレスポンス(笑)だったので―
~無回答の理由を推測
①特定の医師を推薦すると他の医師が悪いみたいに思われたくない
②あんまり、婦人科の先生のこと知らない~

行ける曜日に医師の指名なしでいこ、
と日時の予約のみ入れ、本日受診・検査して参りました。

まだ、新任で来て一年未満?の先生だったようだけれど
診察後、携帯で経歴を調べてみたら
がん専門病院での勤務歴もあり、婦人科の腫瘍が専門。
アラフォーの優しい感じの男性医師。

診察室のドアを開け
遅刻のお詫び(10時予約だったのに、勝手に10時半と
思い込んでいた~←最近、こんなのばっかり…)をすると
逆に、呼ぶの遅くなったこと(11時過ぎ)を謝られる。

主治医には検診を受けるようには言われていないこと
タモ服用して、まだ一年も経過してないけれど
筋腫のことも、いちど、きちんと診てもらった方が良いと思ったこと
過去、今までの婦人科疾患の(と思われる)経緯、
乳がん治療のことなど説明。
乳腺の患者さん来ますよ~とお話もはずみ
なかなか喋りやすいタイプの先生で良かった。

内診時、クスコ(膣鏡)を入れられて
(たぶん)広げようとしたときに痛がったので
小さいサイズにします代えてくれたのだけれど
挿入までは大丈夫でも、たぶん←実際はどのうに操作してるか
分からんので「たぶん」ついてます―
やっぱり、広げようとした(?)時、痛かったの~。
子宮が萎縮してきているみたいですねぇ~と言われ
私の痛がる様子から、体がんの検査、超音波でどうですか?
と言われ、(体がんと頸がんと混乱していたので)
あ~なんかブラシでガリガリやる検査ですか?と
聞いたら、「え?“ガリガリ”は、やりませんよ~(笑)」と。
結構、検査痛いとの噂で、イメージ的に「ブラシでガリガリ」
なんですよね~って
両足広げたまま、会話弾む?!

触診では、そう強く痛いこともなかったのだけれど
条件反射で、お腹に力が入っていたらしくラクにしてね~と言われたり。

はぁ~こうしてみると乳腺の診察ってホント楽だわ。
一応、婦人科診察→おパンツ脱ぐ
って理解はあったから、ヨレヨレ(笑)じゃないモノと
気を使ったのだけど、そう、婦人科医は(も)
パンツは見ません~!!

欧米では、超音波が主流で学会でも発表されている。
yannchanさんの場合、(器具を使う検査は)痛いみたいだから
超音波でやっていきましょう、との提案でした。
その「ブラシでガリガリ」と超音波と、
病気発見の精度がどのように違うのか
今日、検査や病気について予習していかなかったので
うまく質問が出来なかったのだけど
(来週、頸がんの検査結果を聞くために、主治医診察の前に
婦人科も受診なので、質問を整理して聞いてきます。
もし、ついでに?聞きたいことあれば、コメ欄にどぞ)
超音波で異常の所見があったら細胞診?組織診?を
やるのだそうです。

今日の、超音波の検査の段階では問題なく
卵巣も大丈夫、筋腫もこのままで良いとの所見でした。
ま~痛くない歯医者のときもそうですが
「痛みに弱い」は、発言しておくものですのう。

こんな、胸よりも(?)デリケートな部分
(肛門科や泌尿器科も双璧なような気がするけど)
をお任せする先生だけど、ホント、気楽に話せる先生で良かった。

無印のクラックプレッツェル
この間、ふっと初めて手に取り食べたら
やたら美味しく、自分用と主治医差し入れ用に2個持っていたのだけど
思わず1個、遅刻のお詫びと診察の御礼に(?)
この先生に上げた。なんか、先生たちいつも忙しそうで
疲れてるっぽいから、血糖値上げて頑張ってね!と(笑)

いや~うまか。
最初にメイプルソルトで、105円にしては
凄い実力だわ!とチェダーチーズもトライ。合格。
そして、ついに、ちょっとお高いチョコレートも購入。
美味しい~
しかし、減量必須な私は、もう、一袋いっきに食べるとか、してませんよ。
コツコツと食べてます(笑)


ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
    
スポンサーサイト
婦人科(子宮がん)検診 | コメント(0) | トラックバック(0)

婦人科検診デビューとMRI 2

2012年03月10日
11時半には、婦人科検診&診察は終了。
MRIが、なんと15時半。まあ、本来は5月9日だったのを
いきなり、かなり前倒しにしてもらったので
(婦人科と同日で空いてる時間どこでも良いと伝えた)
いたし方ないけれど…
というワケで、結構、お気に入りの院内レストランへ。(え?)
いろいろ目移りするけれど、一応(一応かいな?→)減量期間中の私。
低カロリー食をオーダー。
鶏肉メイン、付け合せのサラダ、小鉢2品、ご飯とお吸い物がついて
500カロリー余って、なかなか、タニタに負けない(?)
感じではないでしょうか?タニタ食堂のメニュー

ゆっくり食べたり、本を読んだり
それでも、なかなか過ぎ行かぬ時間…
を過ごしているうちに、そうだ!!院内図書室があったのじゃー!
と図書室へ。入院病棟と違ってPCも無料で使えるのであった。
(でも独占禁止。検索程度に使って下さいなノリ)
本や冊子は、やはりガン関係のものが多く
あれこれ手にとってみる。
がんはドラマチックな感じなのかなぁ。
「脳梗塞との日々」とか「心疾患と診断されて…」とか
単行本は見かけないもんねぇ。専門誌はあっても。
がんは長く共に歩む病気で、人生や生活に深く関わってくる
ってことなのかな。これだけ、がんに纏わる本があるということは。

がんサポートのバックナンバーもあって
自分が告知された2010年10月号は、
乳がんの特集号なのであった。
転院してきて、この部屋に来て手に取ったことを想い出す。

こういうお部屋にいると逆に時間の流れは速くて
あ~MRIの検査室に行かなくては!の時刻に。
パタパタして、ひとつの本をじっくりとは読めなかった。
次回、診察や検査の間に、ぽっこり時間が出来たときは
ここに来よう!

MRIの待合室では
A4のペーパーにある10問近い/以上?の質問に回答。
身に付けていてはいけないものや
閉所恐怖症ではないかとかのチェック。

MRIは造影剤なしで腰部のみ。
金具やプラスチックは気をつけて
身につけていなかったのだけど
ヒートテックがアウトでした。
(ユニクロのタンクトップ型のブラトップかつヒートテックだった)
なので、上下、自前のおパンツと靴下以外は
全部脱いだ上に、検査着着用。
ウイッグとコンタクトもはずす。

室内に入ると、再度、狭いところ大丈夫ですか?と聞かれ
耳栓をして、検査台?に上がる。MRI
当院のものが東芝製かどうかは不明だけど、リンクしてみました。
まあ、こんな感じの機械です。

音的には、おっ○いを下にしてうつぶせに撮った
MRIと同じ感じで煩かったけれど、微妙に音が違う。
工事音みたいなものは同じ。ブザー音も。
でも、胸の検査のときは、私が「森の小人のきこりちゃん音」
と勝手に名づけていた、妙に手工業的な木槌音というか
カンカンコンコンという、カワイイ音があったけれど
今回のMRIには、それはなし。機械的な音のみ。
それぞれの装置を造ったみなさん。
どうして、こういう音なんですかー。

いよいよダメとなったら(閉所恐怖症向け?)
押して下さいとブザー渡される。
あ、別に閉所恐怖症とかでなくても、急に具合が悪いとか?

せっかくだから、いろいろ見たいので
目を開けていても大丈夫ですか?と尋ねる。
それはオッケー。
しかし、あまり何のへんてつもなく?つまらないのと
固いベッドは好きで、ウトウト開始。


膝は立てひざでひざの下にクッションを入れらていた。

20分~25分くらいで撮影終了。
終了直前の数分前から咳を何度かしてしまい
腹筋?が動いたと思うけれど大丈夫ですかー?と
検査技師の先生に聞いたら
こちらでモニターしながら撮っていたので大丈夫ですよ
との返事でした。

子宮頸がんと、このMRIの結果は来週の水曜日。


ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
    
婦人科(子宮がん)検診 | コメント(0) | トラックバック(0)

子宮体がん・頸がんの検査結果・・・クラスⅡ(2)って?

2012年03月16日
2度目の婦人科外来。
こちらは時間ぴったり。

私は、待つ事はほとんど苦ではないけれど
ドクターたちは、外来をうまく回すことも、
病院(経営)側からは期待されているんだろうな~なんて
余計なことを考えてしまう余計なお世話の患者さん。

U先生は、婦人科系疾患の講演会などで
講師もされたりするせいか
リラックスしてお話出来きる雰囲気を醸し出している。

こんにちは~先生ー
飲みきれなかったので、ちょっと置かせて下さいね、
ってデスクにカフェオレ置く私、リラックスし過ぎ(笑)

前回の結果ですけれど
頸がんはクラスⅡ。Ⅱと言っても心配しないで。
ⅠとⅡは大丈夫ですから。

でも、ⅠとⅡってどう違うんですか?
子宮がんのことは勉強してないので、すみません。

いやいやいいんですよ
ちょっと炎症があったりすると「Ⅰ」でなく「Ⅱ」と
なったりして、頸がんに関しては問題ないレベルです。
(頸がんの検査結果はクラスⅠ~Ⅴ(1~5)まであって
Ⅱb以上だと再検査の様です。←これは、自分で検索したサイトから引用)

※体がんに関しては検査当日に問題なしと告げられていた。

◆プラスウェルネス 検診へ行こう 子宮頸がん検診

 子宮頸部細胞診

◆プラスウェルネス 検診へ行こう 子宮体がん検診

 私が受けたのは経腟超音波のみで、子宮体部細胞診は受けてません。
 クスコでの内診を痛がる様子から、超音波だけでも大丈夫
 これで肥大等の異常があったら細胞診をする
 欧米ではそのやり方が主流で学会でも報告されてます、との
 説明でした。いわゆるブラシでガリガリ
 (ガリガリではありませ~ん←先生談&苦笑)は、やりませんでした。

先生、でも、がんって予防は出来ないですもんね…
初期には痛み等の自覚症状もなく分かるとしたら
どういう時なんですか?

出血かな。

出血(症状)があったときってもう罹患してるってことですよね…。

せめて、やっぱり早期発見なのでしょうね。
あるいは「なんでもない」ことの確認のために。
今後、半年ごとの検査を薦められました。
乳腺の検査と揃えたいので、5月に術後一年検査
11月に術後一年半検査をしようと思っているので
次は8ヵ月後と、変則になりますが11月でいいですか?と確認
というかお願い。(ホントは半年後が推奨な顔つきの先生~)

先生、以前A病院にいらしたんですね。
え?なんで知ってるの?
すみませ~ん、いまどきの患者はネット環境にあれば
大抵は、先生の名前でぐぐりますよ~。
経歴や書かれた論文がヒットします~。
私、告知まではA病院だったんです。
あ、そうだったんですか?
遠くて通いきれなくて…
あ~遠いですよねー。
こちらは、勤務先からもそう遠くないし
検査室に友人もいるしetc. 

って雑談で診察時間長引かせているのは私でした。
でも、ちょうど30分ぴったりで切り上げました!
(たぶん、モニターの番号・時間表示から
30分ごとの予約、と確信)


◇がん情報サービス 子宮頸がん
◇がん情報サービス 子宮体がん

ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
    
婦人科(子宮がん)検診 | コメント(6) | トラックバック(0)

婦人科受診と造影CT

2013年08月27日
今日は、造影CTと、子宮頸がん・体がんの検査。
予約時間を大幅に間違えたという自分のミス(ーー: 以外は
(って、思い返したら、婦人科初診も遅刻だった→こちら
前回は30分のミスだけど、今回は10時の予約を12時と間違える・・・
というより思い込んでいたorz)
造影剤入れる針刺しも一発オッケー、婦人科の医師も
「あ~検査、難しい人だったよね。クスコは一番小さいの使うから。
あと、体がんは超音波検査でやるからね。
前にも言ったかもしれないけど、ヨーロッパではこれが主流だから。」
願ったりかなったり。だから、なかなか予約取れなくても
このドクターの日にしたのでした。
丁寧に診てくれるし、婦人科の腫瘍が専門のようなので。

自分としては、半年に一度の検査を続けた方がいいかな?と思っていたけれど
タモ中止となったので、主治医はそんなに検査はしなくても・・・という感じだったので
前回から空いたこと、出血があったので、ちょっと気になり
やはり婦人科受診/検査を受けようと自分で希望したことを伝える。

卵巣の方も診て下さり、今日の内診の段階では特に気になるところはないこと
細胞診の結果は、来月の主治医診察(ゾメタ・フェソロデックス投与日)
と同日にしましょうと配慮もして頂き、さくさくと終了。

タモ服薬は体がんのリスクがある、と言われているけれど
現在の治療内容ではどうですか?と質問してみる。

特にものすごくリスクが高くなる、ということはないから
半年に一度の検査でいいんじゃないかな?

ん?それって、タモ服薬のときに言われていたことだけど?^^;
と、ちょっと謎な気分も。
まあ、来月の診察で再度、不明点はまとめて質問しましょう。

※参考 がん情報サービス 子宮がん検診の勧め

あらためてチラチラ読み返していたら、子宮体がんのところで
少量でも出血があれば、すぐに医療機関を受診することで早期発見が可能です。
下着に染みが付くことや下腹部痛も出血に次ぐ症状です。

と書かれていた。あ~やっぱり野生の女のカンが働いたのか
1日だけでずっとは続かなかったけれど、なにかふだんと違う・・・と思って
受診することは大切なんだなーとあらためて思った。
(結果、異常なしということでも。いやあったら困りますが。)



ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
婦人科(子宮がん)検診 | コメント(0) | トラックバック(0)

子宮がん検査は異常なし

2013年09月10日
今日、もっとも必要だったものを
二つとも忘れるってどうなの?>自分。


ハイ、月変わりなので必要な保険証と診察券忘れました。
(以前、忘れたとき、ホントは再発行有料だけど、
まあいいです、「次回から気をつけて下さいね」と言ってもらえたけど
今日は、しっかり診察券再発行手数料加算されました・・・orz


いつも混んでいる乳腺がわりと順調に診察が進んでいるようで
逆に、婦人科が予約時間近くなっても、まだ私の番号は
モニターにディスプレイされず、まだ3人分の番号が並んでいる。
受付に、診察時間がかぶりそうだけれど、
婦人科は検査結果のみ、乳腺は検査結果によっては
今後の治療の相談のために話が長くなる可能性があるし
その後ゾメタなので・・・と相談。
婦人科の方を優先して呼んでもらえるように調整して貰いました。

以前、クラス2と言われていたものが(子宮頸がん)
今回は、クラス1ということで問題なし。
1でも2でも問題ないので、なぜ前回とクラスが違うかは
気にしなくて良いとのこと。
一年に一度ではなく、半年に一度の検査が望ましいとのアドバイス。

子宮頸がんのワクチンについて
同級生がちょうど中高校生の子供を持つ年代でもあるのでと
少し前までは、ワクチン推奨みたいなムードだったけど
副作用の問題なども出てきて、先生はどう思われますか?
と尋ねたところ、公費を使ってまで誰も彼も接種ということに
少し疑問もある。副作用のリスク等を理解して
希望のある人だけが受けたら良いのではないかなとのことでした。


ちなみに婦人科の腫瘍が専門の医師としては
自分の娘にワクチン打たせたいが、奥様が大反対なのだそう!
(主治医にも聞いてみた。娘ちゃんはまだ小学生なので
具体的に考える段階にないけど、現状、副作用の問題も
出てきたりしているので、様子見~な感じでした。)


カテゴリが二つ入らないので、
まずは、2013.8.27の婦人科検査結果。


ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
婦人科(子宮がん)検診 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。