11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

さようならこんちには!

2011年05月21日




もっと凄い写真も(って?)入院前に撮ってあるのですが
公序良俗違反になりかねないので掲載不可(笑)
R指定ブログあればお互い見せっこするのにね!?
Tシャツ着用画像が入院直前、左胸。さようなら(涙)

ユニクロのサラファインブラトップキャミ。
術後ガーゼ胸ちゃん@358円也、こんにちは。

私が転院前通っていたA病院で
全摘受けた子から教わりました。
ガーゼを何枚か重ねて厚みを作り
最後の一枚のガーゼで包む。
そしてその結び目が乳頭!なのだそう(爆)
退院後、くったりしていたけれど
電話で作成方法聞きつつ、
結び目=乳頭(のふり)との解説に爆笑。
(笑うと術部が痛いよー)
しかし、そんな細かいとこまで気使うA病院さすが!
※たぶん、日本で一番くらい、乳がん手術件数多いとこ。

でも、不器用絶好調の私は
ぽっちり可愛い結び目が作れず挫折。
ふつうに包んで終了~。乳首ないけど問題なし。

これから、まだ放射線治療もあるし
アモエナパッドは、終わってから購入でいいかな?と。
とりあえず、週明けの通勤に向け、ガーゼ乳じゃ!
※ちとバランスが違う?研究の余地あり。

KEA工房のパンフレット見てるけど
放射線治療用のクールパッドに目が行きます。
使用したことある方いらっしゃいますか?
時間取れたら、ずっとガーゼもなんなので
数百円~数千円単位の手作りパッドも利用しようか
思っているのですが・・・


あんまりグダグダしているのもいかん!と
本日、ちょっぴり外出。

まずは、無駄に伸びるのが早いムダ毛のお手入れ~
Beaty Face

ベッドに寝て髪を纏めるときに、ウイッグって気がつくだろうな?
驚かせる前に先に言っておいた方がいいかな?と
逡巡する間もなく、ウイッグが外れた!
あ~ウイッグなんです、そこに置いといて下さい!
と何事もなかったかのように、
バッグを入れたバスケットに一緒にしておくよう伝える。

顔毛とヒゲ!?と眉毛がメチャクチャ育っていたので
(ついでに、腋毛と脛毛も育ってる)
ホント、ワントーン顔色が明るくなりました!!

今後、治療費もかかることだし贅沢?と
思いつつも、自分へのご褒美~。

閉店セールをやっていたショップで
1000円単位で、かぶりものもゲット。
これが、Lサイズでも、私にはきつめで
かなり「リハビリ」しないと着れない~。
まあ、服のためなら手を動かすのでいいか。
ブラトップはなかなか優れモノなので黒も購入。
何も入れなくてもカップがキレイに胸の形を
作っているけど、通勤始まって、
何か押されたりしたら困るし、しばらくガーゼ投入は
傷のためにもいいかな?

退院後、軽く頭痛と吐き気があったけれど
こうしてお出かけして体動かしたら
気分も体も、すっきり。

しかしケモ突入後、違う惑星へ来たと思ったけど
オペ後更に、違う宇宙な感じよ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
手術後 | コメント(13) | トラックバック(0)

術部の痛みと痛みの種類

2011年05月23日
術後2週間。退院して5日目~。初出勤。
今月中は10時出勤なので、ラッシュを避けることが出来
今日は幸いにも途中から座れたし、
通勤自体は、そう大きな問題はなし。

しかし、やっぱり常に痛みます。

まず、
①歩く振動で痛む
②術側の二の腕の内側の術後の副作用で腫れたもともとある脂肪の部分
 腕を上げるとかしなくても、ちょっと触れるだけで痛い
 弱めのシャワーのお湯があたっても痛い。
 ※実際の傷とかはないのに何故?
③たまに痛みではなく、くすぐったいような
 じわじわ~っとした感覚も
④術部は実際の横一線の傷口より、その上下が痛い
 ・単純な痛み
 ・針でつつかれたようなチクチクする痛み

郭清した方、してない方でも、術後ってそんな感じですか?

あと、Q医師と入院中、話していたときに
患者さんが、腋にものを挟んだような感覚がすると
よく言っている、百科事典を挟んでいるような~とか
例を出してくれたので、百科事典ではなく文庫本でお願いしたい!
と返していたのだけど、そういったペーパー類(!)ではなくて
鉄の輪っかを挟んでいるような感覚。
これは、術後直後より強くなってきています。
実際触れると、皮膚にちょっとリンパ液がたまりつつあるような
すこ~~し膨らんでいるかな?それも、腋の下というより
ちょっと腋真下より後ろがって感じで
硬くもなんともないのですが
腋を絞めた姿勢になると、鉄の(半円の)輪か
わんこが地中に埋めそうな、大きな骨が挟まっている感覚。

今、これを打ちつつ、いろいろ触って再確認。
腋の下は、押してみても、そう痛くない!
痛いのは、やっぱり二の腕のたぷたぷのとこ。

そんなものなのでしょうか?(謎)

追伸:冷たいものを飲むと、食道まっすぐではなく
   術部側に冷たい感覚が沿うのですが・・・(謎2)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
手術後 | コメント(18) | トラックバック(0)

退院後初外来 病理結果&主治医とのツーショ!

2011年05月26日
本来は、18日(水)退院だったので1週間後の昨日と
指示されたけど、もともと仕事をオフにしてあったので
本日、退院後初外来となりました。

レントゲン→呼吸器科→乳腺

放射線室へ行く途中、目前に
ドクターたちのオフィス階へ向かおうとするF医師発見。
「先生、おはよ~!」って挨拶しただけなのに
なんで、後ずさるの~。
思いっきり起きてない顔とかすれ声で
「おはようございます・・・」←丁寧語(笑)
とお返事して頂く。

レントゲンは、いつも正面と横向きで撮影。
横向きのときは万歳で上部にある棒に摑まるのだけど、
もはや左手は上げられず・・・
こんなことでも、もう、術前とは違う自分がいるんだな~と
思ったり・・・

呼吸器科のある待合ロビーは高齢の方が多く
キャップに、顔映りを考えてキレイ色(以前画像アップ)のトップ
デニムに7センチヒールの私は完全に浮いている・・・
丸々太って健康そうだけど(メタボだけど)
こう見えてがん患者なんです~な気分。

肺の方は問題なし。放射線性の肺炎の心配も
まあ、やってみないと分からないというのが
(呼吸器科の医師も主治医も)
実際のところ。一応、呼吸器科への定期外来は卒業。

乳腺診察は、まず、術部のチェック。
リハビリのため(?)前ボタン服ではなく
かぶりモノ着るようにしているので、着脱に時間かかる。
術部側の腕を上げると、ついイテテと声が出てしまいます。

主治医的には傷もきれいで、ま~ったく問題なし!
リンパ液もたまってないと。
でも、私としては、左腋の下後方のふくらみが気になっていて
これは、「脂肪」ではなく、明らかに右側と違うし
比べて見て!と主張。
う~ん、大丈夫だけど・・・と言いつつ(たぶん、私を納得させるために?)
ポータブルエコー?持ち出して、左腋にジェル塗ってチェック。
再度、溜まってないよ、との所見で終了。
傷口のテープは、術後以来全然剥がれず、まあ、これは入院中から
自然に剥がれるまで貼って置くものと言われていたけれど
本日も同様の説明。
そして、今日からシャワーでなく、バスタブに浸かっても良いとのこと。
ドレーンの後もぼっつりあるけど、
退院時貼ってもらったテープが剥がれてから
これは、そのままにしておいたけど、こちらも問題なし。

二の腕の「振袖部分」が痛むことを伝える。
リンパ郭清をしたときに、リンパと共に神経も切るから
その痛みだろうとのことで、本来はてんかんの薬だけど
神経系の痛みに効用期待できると
ガバペン200mg2週間分処方。
毎食後1日3回服薬指示。
今までことごとく痛み止めの薬効なかったけれど
今回、昼食後に1錠服薬して、やっぱり痛みの軽減なし・・・
ただいま、夕食後の1錠服薬。
まあ、しばらく様子を見ましょう。

自分の病状から、リンパ節郭清は必須と思っていたので
術前の説明でもすぐ同意したけど、実際的に
リンパやリンパ節って何?ということが分かっていなかったのと
切ってもいないところに、痛みが出る理由を知りたかったので
図解説明希望したら、主治医、看護師さんに何やら指示。
それじゃなくて~とかいいつつ、何か探している。
大きな人体図のパネルのうち、上半身のパネル
―リンパ管やリンパ節も描きこまれたもの―を用いて説明してくれた。

病理組織診断報告書により、
「粘液がん」と判定。
【肉眼的所見】
不整形、境界線不明瞭で光沢のある瑞々しい淡黄色腫瘍

瑞々しいねぇ・・・

主治医からの説明は、リンパ節転移15個中3個
といったあたりまでで、報告書に記載の内容すべてではなく
私も予備知識ない段階では質問も出来ないので
報告書自体プリントアウトしてもらい
検索しつつ、自分解読もする予定。で、また不明点が出たら
次回診察で質問かな?

でも、結局は、いろいろ調べて、さまざまなエビデンスと比較しても
最終的には、治療の結果は、ある意味出たとこ勝負ですよね・・・と
発言する私に、主治医も同意(笑)

ホルモン治療は明日!より。
ノルバデックス錠20mg(一般名:タモキシフェンクエン酸塩)処方
放射線は、6月二週目に初診察。始まるのは三週目かな?
術後の痛みもある中、次の段階へと進むけれど
ステージも高いし、もともとのリスクファクターも満載なので
叩けるうちに、どんどん、叩いておきましょう~
イメージなのかな?

と、すべて終わったところで、退院時忘れてしまったのでと
ツーショ依頼(笑)
一発目は「先生、目をつぶってます~」と看護師ちゃんのダメだし。
二発目はオッケーショットだったのに、私が保存に失敗。
次の患者さんが待ってるね、スミマセン~と言いつつ三発目。
Fちゃん、頭が小さいので、遠近法を利用して!?
まったくの横並びでなく少し私は下がって撮ったのに
私の方が1・5倍、頭がデカイ(泣)
しかも、室内やはり照度が低いからキレイ色でも
全体的に暗めに映っている私に対し、
全身白着用のためレフ版効果?のあった先生の方が
明るく映っている!

個人情報保護法により(笑)web上には掲載出来かねますが
リアル友には、先生の顔だけトリミングして写メ。

・確かに男前ですなぁ。
・や~ん男前。噂に違わずですね。
・立派に男前やん!運いいね。←運なの?(笑)by家主
・う~ん、なかなかいい男
・主治医イケメンだ~
などなど絶賛の嵐(爆)

このあと、専門の看護師さんから、リンパ浮腫と予防についての
レクチャーも受けました。
頂いたマニュアルに、リンパ節の簡単な図解がありました。
これからは、リハビリ+リンパ浮腫予防マッサージです。
リンパ浮腫は発症するとしたら、術後2~3年内が多いけど
やっぱり10年、20年先と一生気をつけなければいけないし
もし、なってしまったら初期に気づいて手当てすることが
肝心だそう。
現状メタボなので、脂肪なのか浮腫みなのか判別しずらいのが
難点・・・。てか、肥満は浮腫のリスク高めるそう。
乳がん自体もそういうとこあるし、ホント、ダイエットしないと
いけませんね。

マッサージの方法も実技指導して頂きました。

日常で、簡単に出来ることとしては、
通勤時など、つり革を術部側の腕で持つとか
(重くないもので)高いところにあるものを
取るとか、心臓より上に腕をあげることが
リンパの流れを良くし、予防の一助となるようです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
手術後 | コメント(12) | トラックバック(0)

術後ひきずる痛み

2011年05月27日
抗がん剤で奏功があり小さくはなったものの
2010年10月、バコラ生検を受けて以降
ずっと腫瘍の痛みはあった。

これが、またハンパない痛みで、過去記事にもいくつか
記載が残っているけれど
常にある鈍痛の他に、胸の奥から乳頭にかけて、
太い針かガラスでグサっと刺されたかのような
突き抜けるような激痛が走ることもあり
ロキソニン、ボルタレンとも効かず、辛かった。

肉体的・精神的喪失感のある乳房全摘ということと引き換えに
まず、こういった痛みからは解放されるかと思っていたけれど
また、別の痛みと対峙することに・・・(涙)

ま~点滴で入れる痛み止めも効かないのだから・・・
と思いつつも、とりあえず、主治医の顔見るたび
「痛みがある」ということは懲りずに主張しています。

術後最初の診察となった昨日、痛い痛い言う患者に
主治医もいろいろ模索してくれているのでしょう。
ガバペン200㎎処方。
本来はてんかんの薬だけど、神経系の痛みに効能あるとの説明。

脳に働きけいれんを抑えるお薬です。
脳神経の過剰な興奮によるけいれんを抑えます。


効能書き、ちょっと怖い・・・ので、検索~。

>びりびり電気が走るような・しびれる・じんじんする痛みを治療するとき。

>神経障害性疼痛とは、ビリビリしたような、刺されるような疼痛や
>アロデニアといって普通なら痛くも無いような刺激に
>疼痛を感じるような場合が神経の疼痛をさします。
>(アロデニアとは、服が擦れたり、触られただけで飛び上がるような痛み)

などなどがヒットすると、そうそう、そんな感じの痛みなの!と。
特に、“アロデニア”うんうん。
おお、ウチの主治医もわかっとるのう~と、
あらためて処方自体には納得。
でも、とりあえず昨日、今日の服薬では効いてない・・・
投与後、一週間は様子を見て行きましょうという記事もあったので、
とりあえず一週間(処方は次の外来日までの二週間分あるけれど)
服用してみます。効用ないようだったら止めるつもりです。
副作用も(これも太るらしい~!)怖いし。
なるべく服薬は少なくしたいので。

まったく、可愛げのない副作用ばっかりね、お薬。
余分な脂肪が落ちて、あら素敵!とか
まつげがくるんと伸びて、びっくり!とか、ないのかねー
と、ブツブツ言っていたら、
元臨床検査技師、現在治験の会社に勤務の友人が
「緑内障の薬は、副作用でまつげ伸びるよ~」と教えてくれた。

緑内障にならなくていいです。。。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
手術後 | コメント(12) | トラックバック(0)

予定外通院 1 すでに副作用?ホルモン療法

2011年06月03日
退院直後より、ここのところの方が
なにか調子がダウンしていくような感じがあり
それが、顕著になってきたのが今週に入ってから。
ちょっとはリハビリの真似事でもしないとと思って
手をグーパーしようとしたら、両手とも、指の第二関節が痛い。
おかしいな~と手の指チェックのため第一関節も曲げてみた。
やっぱり痛い。

駅の階段を上るのに、
疲労するようなことも何もしていないのに
足が重い―から、だんだんと、運動の後の筋肉痛のような感覚。
ふくらはぎや太もも、膝や足首が痛む。
お風呂で立て膝してから立ち上がるのに一苦労。

月曜日から、だんだんと体に力が入らなくなって
ついにはペットボトルのフタが開けられない。
ベッドから起き立ち上がるとき。
自分の、そして会社のデスク(の椅子)に座っていて立ち上がる時
~もちろん、電車とかも~
すっと立ち上がることが出来ない。膝に力が入らないし痛む。

もう自分が80歳のおばあさんになった気分。

これまでの、術部の痛みの他に、また、あらたな痛みが加わった?(涙)
術部の、ときたまくる強烈な痛みと比べれば耐えやすい
(耐えたくないけど)痛みではあるけれど、
思わず、イタタっと声を出してしまうほど
椅子から立ち上がるはしんどい。

8日の主治医外来まで、我慢しようと思っていたけれど
昨日、ますます体の高齢化現象!?が激しくて
新規投入の痛み止めも一週間服薬して効かないし
急遽、本日の診察の予約を入れてもらう。
主治医の外来はない日だけど
入院・オペでお世話になったQ医師が外来に出ている日だったので
なんとか枠を取ってもらった。

ガバペンが効かないこと、術部や腋の痛みだけでなく、
体の節々が痛い、体に力が入らないことを申告。

Q医師の見立てでは、
ホルモン療法ではアロマターゼ阻害剤服薬の
患者さんに関節痛がみられるけれど
抗エストロゲン剤でも、同様のケースはあるとのこと。

しかし、まだ一週間服薬するかしないかで
そんな薬の副作用出るの?と、あまり釈然としない
気持ちもあったのですが、
何か病状が悪化してとか、そういうことではないから
心配しないようにと言われる。
(私は採血もして欲しかったのだけど、診察予約の時に
申し出たら、採血のオーダーは医師でないと出来ない。
診察して医師が必要と判断すれば当日採血と言われた。)

痺れや痛みに対しては
ガバペンの代わりにアナフラニールを提案される。
抗うつ剤だけど、神経系の痛みに作用あるとの説明。
てんかん(ガバペン)の薬だったり、うつの薬だったり
ちょっと心配なんだけどー!というのが顔に出たのか
学会でも報告があり、自分が以前処方した患者さんでも
2~3回の服薬で痛みに奏功あった~!という方もいらしたと。
ただ、副作用の方が強く出るようだったら、即中止。
こういう薬って、急に止めていいのかな?
徐々に減薬していくものではないのかな?
と、素人考えで思ったりもするのだけど
「てんかん」や「うつ」そのものの治療じゃないので良いのかな?
まあ、プロ(医師)が言っていることだからね。

こう次々薬を代えるのもどうかな~との思いと
もしかしたら、次の薬は効果あるかもしれないという気分を
秤にかけて、アナフラニール錠10mg処方してもらう。
1日3回は多すぎるかも・・・とのことで、
朝・夕1錠づつの服用で。

ざっくりと検索。
痛みに対しての処方については1件だけヒット。
あとは、ほぼ、うつ病もしくは子供の夜尿症!!に
対しての処方例。
まあ、今までの痛みと今回発現した節々の痛みにも
作用あること期待!!

生理自体は昨年12月に止まっているから
すでに、少しづつ更年期障害は進んでいて
今回、タモ服薬で加速なのかな?

も~ホント、いちいちびっくりです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

手術後 | コメント(10) | トラックバック(0)

予定外通院 2 リハビリ頑張るよう怒られる!?

2011年06月04日
ところで、手はどのくらい上がるようになった?と
Q医師に聞かれ、右手で支えればこのくらい~と
左手を上げてみる。

前方には8割、水平だと7割くらいしか上げられない。

痛いから、あまりリハビリやってないと伝えると
関西ノリでフランクなQ先生も、急に真顔で、
今やらないと後で本当に困ることになる。
手が上がらなくなりますよ。やらなきゃダメです!
と、厳し~いお達し。

F先生、優しいから・・・とも
言われたので、あ、それは違います。
F先生、結構Sです、とは返しておきました。
(そんな返しいらないですから)

リンパ液がたまっているということもなく
術部は良好。
しかし、実際の傷跡より、その上のあたりは
ちょっと触れられるだけでも痛い。

これで、放射線も始まれば
また、別の皮膚への影響、痛みや
放射線治療特有の副作用も発現するのかな?

まだ、1年生だから、頑張りどころかな・・・。

Q先生、怒ってくれてありがとう。

※本日オフ。まる一日寝ていたら寝すぎで体が痛い・・・
 しかし、明日から5連続出勤なので、寝倒しておきました。
 6月から平日は正午出勤(20時退社)にしてもらってはある。
 来週、金~日は3連休なので、行きたいところもあるけど
 この関節痛が続くとすると、出かけるのがおっくうかなぁ・・・

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

手術後 | コメント(16) | トラックバック(0)

術後1カ月 主治医診察 

2011年06月11日
5月18日退院で、1週間後診察が5月26日。
術部や腋、腕が痛いよ~とガバペン処方。
そして、ホルモン療法始めようと、ノルバデックス(タモキシフェン)処方。
それから更に、1週間後の6月1日に乳腺と放射線科の
来院を示唆されたけど、時間的にダメで、6月8日となりました。
ちょうど、術後1カ月。

でも、その間(3日)に、ガバペン効かないわ
体中痛いわで予定外通院してる。

も~体中痛くて、今日まで我慢出来ず
金曜日Q先生に診てもらったのー!!と訴えつつ着席。
なにか、いつもそうだけど、
どんな様子だったか、どんなに痛いか説明してるとき
ふ~んといった感じのクールな表情の主治医。←男前
いやいや(はぁと)違うから

患者様としては、もうちょっと「どうだったの?」とか
「どんな具合?」とか優しい言葉希望なの~。
それと、放射線、もう始まってるんだっけ?って
ん!?それは貴方が、本日、放射線科初診察の予約
入れたのでわー!電カル見る!!(心の声)

・・・というすべり出しにもめげず
リハビリのひとつもしようかと手をグーパーしたら
指の関節が異常に痛いこと
ベッドやデスクに腰掛けて立ち上がろうとするときに
よっこらしょ的な感じでないと立ち上がれない
階段を昇るのが辛いなど等の症状が発現し
びっくりして、通院しQ医師に診てもらったこと。
アロマターゼ阻害剤では関節痛あるけど
タモはまれ、でもないこともないと言われたけど
ホルモン剤服薬して3日か4日しか経ってないのに
そんな早く薬の副作用出るのか?
2~3ヶ月で体が慣れてくるとも言われたけど―
を伝える。

F医師の見立てでは、タモで関節痛はない。
生理止まってるでしょ?
(昨年12月より)
(そこから始まっている)更年期障害の症状ではないかと。
でも、ずっと生理なくて、タモ服薬開始の
タイミングでそう都合よく発現するのか?と思うと
薬の影響もあるんじゃないかと思ったり。

※帰宅してホルモン治療の小冊子読み返したら
タモでも、関節痛の副作用も書かれていた。
まあ、何があってもエクスキューズ出来るように
薬の副作用ってあらゆることが書いてはあるけど。

それと、痛みの処方としてアナフラニール処方されたけど
―私が、抗うつ薬と聞いて、ちょっと不審そうな顔したときに
Q医師が学会で神経系の痛みに効くと報告もある等説明―
特別に効いてるような感じもしないから
飲まなくてもいいかなと思ってるけど、急に止めても
大丈夫な薬なのか聞いたら、また、痛み出ると困るから
2~3ヶ月飲んで、少しづつ減薬したら?
とりあえず、次の診察まで(ってこの診察日もタモが
なくなる日を自分で数えて決めたのだー!)
2週間分出すから・・・と言われたこと、実は
あまり納得してないのであった。

なんか、ストレートな痛み止めでなく
こういう処方だと、私が神経質になっていて
ない痛みをあると感じていたりとか
ナーバスになっているんじゃないか?って
解釈されているようで、不本意なのです。

私は、痛みをオーバーに言っているのではなく
正直に伝えているだけ。
抗うつ剤なんて、それこそ、長く飲んだら減薬しつつ
止めないといけない薬だし、離脱とかもあるのでしょう?
万一、放射線でなにかしら副作用出たら、
また、別の薬を服用しないといけない可能性あるし
効果も感じられず、処方も納得出来ないものは服薬したくない。
―もしかしたら、ホルモン療法始めると抑うつ状態になるケースも
あるらしいから、その予防と一石二鳥と思ってるのかしら?
とか穿っちゃったりもしてー
ので、10日、Q医師外来日に電話して
(Q医師は処方時に副作用強かったら止めていいと言ってた)
1週間服薬したけど、減薬しないでいきなり止めても
大丈夫な薬か再度確認し、服薬中止ー!!
F先生が飲んでおいたら~と言ってるならそうしたら?
の言質もあったらしいけど(看護師さん経由の会話のため)
まあ、Q医師としては主治医を無視は出来ないゆえ
の一言だろうと。

次回の診察で「止めたよ~ん」と告げる!

まあ、そんな、私の体の急速な高齢化現象は
結構スルーだった主治医。

※この指の関節痛、かなり痛いんです。
特に朝起きた瞬間、今日も一日指動くかな~?って
心配になるほど。PCのキーボードとか平気なんですけどね。
ペットボトル2リットルは開けられない。

術部の触診。
主治医的には問題なし。
確かに、たまったら注射で抜くと言われていた
排液の貯まりも発現せず。
Q先生に腕の上がりが悪いと怒られた事を伝えると
どこまで上がる?とチェック。
それだけ上がれば大丈夫って、
こういう場合、どっちが患者のためには良いのだろう。
ヨシヨシ大丈夫って甘えさせて欲しいところもあるし
でも、Q医師に厳しく言われ、はっと目が覚めた!?私。
(お陰で今、万歳がなんとか出来ます。痛いけど~)

「Q先生がF先生優しいから」って
言ってましたよ~と伝えたら、何故か笑顔。
(結構Sだと思いますと返したのは内緒)
ま~なんかF医師の優しさって分かりにくい・・・--;

そういえば、先生「放射線の先生"も”優しいから」
って言ってたけど、その“も”ってどこにかかってるの?
の質問に「うん、優しいよ」って回答になってないですからー。
「乳腺の先生“も”優しいけど」ってことかしら?
と再確認するも、ポーカーフェイス。

でも、入院棟の看護師さんが、構成としては
乳腺はいいチームと言っていた。

ツーショットをトリミングして、F医師のブロマイド(?)作成。
本人へのお土産と(入院棟のドクターズギャラリーの写真が
イケてないから)入院棟に持っていっておくからねー!
と、これは笑顔でオッケー回答。
その笑顔、問診時にもよろしくね。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

手術後 | コメント(12) | トラックバック(0)

術後の傷メンテ

2011年06月24日




お幾つですか?
75才です。
(あら、お若く見えますね~)
と答えてしまいそうな今日この頃。
はっきり言って
おトイレでおパンツ下ろすのも関節が痛いです。

主治医診察も
どうも会話が噛み合っていないような???

ひとつ、もしかしたら共有可能な情報かもしれないので
アップします~@道場行き車内。

術部の傷に貼られたテープ。
「自然に剥がれるまで貼っておく」
のいいつけ通り、貼っておきました。

術後、一ヶ月経過しても剥がれず
こんな、濡れたり(乾いたりを繰り返すこと)
したものずっと貼っておいて
大丈夫なんですかー
と聞いた時も「拭いてね」って
そりゃ、拭きますって~
濡れっぱなしにはしませんて~と
思ったのだけど、良い患者様の私は
はいとお返事し、その後もお言いつけ保守。

そのうち脇の下の部分は2、3枚剥がれた。

そして、昨日、術後一ヶ月半。
せんせー
自然に剥がれるまでって言っていたけど、
このまだ残ってるテープ、さすがに一ヶ月半も
なんか不衛生なような気がするんですけど?と
意見(笑)を述べてみる。
そうだね、汚いね(←え?ーー;)貼り直そうか、って。

テープを自らチョキチョキしながら、やり直してくれる。
これ、いつまで貼っておくんですか?
長く貼っておいた方が傷がきれいになるから。
自分でも出来るよ。薬局にテープ売ってる。
なんて言うテープですか?
主治医、テープの芯眺める。

「スリーエム」
いや、それは社名ですから
会社のデスクに貼ってあるポストイットも3M社製ですし。
気を取り直し再度質問。
先生、そうじゃなくてテープの名前とか品番。

・・・・・スリーエム

わかりました
聞いた私が悪かったさ。


院内の売店で店員さんに
術後の傷口に貼ったりするテープで
3Mのあります?と尋ねる。
何種類か見せてもらい無事同じものをゲット。
固有名詞ありますから~!!(上記画像に戻る)

長く貼っておいた方が傷が綺麗になる
というのは、あくまでも私の主治医の見立てですが
ひとつの情報として。
テープかぶれする私でも、現状このテープは大丈夫です。

さて修行

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

手術後 | コメント(26) | トラックバック(0)

術後一ヶ月半 主治医診察 1 関節痛の正体

2011年06月25日
特に、術後一ヶ月とか一ヶ月半とか決めて
診察があるワケではないのですが、23日の診察は
数えるとだいたいタイトル通り。
そして、5月23日に出社を開始して一ヶ月。

診察→放治の予定だったけれど
自分からリクエストして採血を入れてもらった。
月曜日(放治6回目)に、放射線の医師の診察があり
カラ咳が出たりしてないかどうか質問された。
実は、多少出ているのだけど、熱発はなし。
呼吸が苦しいということもない。
たぶん、体が重かったりしんどいのは
関節痛(とデブ)のせい?と思うし・・・

胸骨や肋骨が圧迫されるような感覚が
たまに発生するけど、これは以前からもあり
また、放射線の影響のせいもあるかな?と。
とにかく、体のそこここが痛いので
ナニがなんの痛みとか、どこからくる反応なのか
自分でも判断出来ないし、
暑さのため窓を開けて寝ているから
夜の気温の下がった空気で喉に刺激があり
咳が出ているのかもしれないとか考えたりもする。

なので、肺炎とか感染の指標となるCRPとかLDHとか
見てもらった方がいいような気がしたのと
術前に採血して以来やっていないので
自分でも、その他の数値を見ておきたかったため
主治医外来の二日前に病院に電話をして
診察前に採血入れるようF医師に依頼(看護師経由)

8時半に採血すれば
9時からの診察にデータ間に合うかな?
と出かけるも、ちょっと遅くなり、採血室も混雑。
8時50分に終了。
こりゃ、早くても9時20分まで呼ばれないな~と予測。
その通りに、9時~は他の番号が表示。
だけど、その次に意外と早く呼ばれた。

入室そうそう、採血するの遅くなった~
まだ、データー上がらないのでわ?と伝える。
やはり、ほとんどの数値が上がってきていない。
けど、白血球は2900とF医師読み上げ。
少なすぎない?と聞くも、スルー(--)
とりあえず出ている項目は、主治医にとってはオッケー数値らしい。
あとで、検査室の友人に聞いたら←たまたま私の分析担当
白血球低いけど、その他の数値とのバランスも含め
問題になるようなものではない、とのこと。
う~ん、こういう説明を主治医に言って欲しいのよね~。

関節痛は加速し、手や足がどのように辛いかを伝える。
手の指の関節は、第一、第二とも非常に痛い。
「曲げる」という動作が辛い~。
朝起床時が一番強烈。今日、手が果たして動くのだろうか?
と思いつつ・・・
最初、ペットボトルのフタが開けられない!
といったあたりから、何事?と思ったけど
今や、喉が渇いて冷蔵庫を開け、りんごジュースのパックを
持とうとするのも痛い。
調理器具も、いちいち痛いのよ~。包丁は「握る」という行為
なので大変。大根とかにんじん、フランスパンなど
固いものを切る時には勇気がいります・・・

パスタ茹でるのも、鍋にお湯満載だと持てないので
半分だけ入れて、あとからボールで注ぎ足してから
火を点ける。

足は階段のみならず、室内の小さな段差も辛い。
デスクやベッドに腰掛けていて、立ち上がるときとか。

F医師が、足をなでつつ(←触診です)
どこが痛いの?と聞いてくる。
膝だけが痛いということでもなく、階段の昇降等
とにかく「脚」が痛い、重い。
どこ?と再度質問される。
ピンポイントで、どこが痛いってイメージじゃないので
答えにくい。でも、自分の症状をきちんと理解もしてもらいたいし。
膝・・・ふくらはぎのあたりも・・・
上手く説明出来ず。

追加の検査をするので、再度、採血に行ってと。

もう右手しか使えないし、朝、肘の内側は使ったし
ほえ~手首か甲?とびびったけれど
検査の方が(もちろん)大切。

ディスプレイで検査項目チェックを開始する
F医師。
そして(笑)ピッチ取り出し、院内の誰かに?(誰?)
「リューマチの検査、××と〇〇の他に何が必要だっけ?」←笑顔
なにやら色々教わってます。でも、タメ口だから
先輩に聞いてます~って感じでもなし。
ピコピコ、項目をクリックしていくのを見学~。

F医師は、この関節痛をノルバ服薬の副作用とは考えていない。
私も、服薬3日目から症状出たので、そんなに早く
こんな強い作用が発現するとは考え難いとは思ったりしつつ・・・

抗がん剤で生理が止まったことによる
「更年期障害」との見立てが現状、一番、フィットするところ?

で、リューマチなの!?
(かどうかは、来週木曜日の検査結果診察で)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



手術後 | コメント(2) | トラックバック(0)

お薬バスケット

2011年06月25日


まだまだキープしてある沢山のお薬。
一番左端、洗濯バサミで目印してあるのが
現在、服薬のノルバデイックスとロキソニン。

写真は主治医(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村






手術後 | コメント(12) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。