05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ドセタキセル(タキソテール)にデカドロン処方要・不要?

2011年02月07日
今月中旬から、ドセタキセルの投与が開始されるのですが、
FECの時に処方されたイメンドやデカドロンの事前処方なし。

FECより嘔吐感の発現も少ないとの担当医の見立て。
でも、化学療法室の看護師に
「デカドロンの処方ないようですが?」と聞かれ
ドセには不要みたいです、と告げたら
「いえ、ドセタキセルの時もデカドロンの処方ありますけれど」
と返された。


私が、FECで(投与中も、その後の日常の中でも)
まったく、実際の嘔吐をしていないので
レポートの数値で、私に対しては不要と判断したのかもしれないし
(でも、化学療法室の看護師も詳しく私のレポートを
読み込んでいるワケだし)
ムコスタとナウゼリンは出ているので
それで対処可能との判断なのかもしれないし・・・
プラス、抗がん剤投与の有無に関わらず、
ガスター処方もあるから、これだけで、胃関係はすでに3種類。

あるいは、体重増加傾向にある私対して
ステロイド剤を控えた処方なのかな~?とか。

ドセ経験者の方、デカドロン処方ありましたか?

デカドロンもあったから、
嘔吐まではいかなかったのかもしれないとか
色々考えてしまうと、処方ないのが不安であったり。
基本的には、なるべく薬の数は最小限に抑えたいと考えてますが。

とにかく「吐けない」「吐き方が分からない」ので
ちょっと飲みすぎた時とか(いえ、私は吐くまでは飲みませんけど)
風邪等で具合悪い時に
「吐いてすっきりした~」なんて言っている子を見ると
羨ましかったり!?
歯科治療で、短時間、口開けてるだけでも
オエオエしてしまう私は「嘔吐」「嘔吐感」というのは恐怖です。
もちろん、次回、診察時に担当医と相談しますが
実際、投与された方の、服薬情報も教えて頂けたら
参考になります。
爪や痺れのことも心配で、アイスグローブの準備があるかは
確認しましたが、なしとのことでした。
自分で、冷えピタでも貼っておくかな?
すでに、足の指はピリピリ感が強く
お出かけ8センチヒール、長時間の着用は辛くなってきました。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
化学療法 ドセタキセル(タキソテール) | コメント(4) | トラックバック(0)

ドセタキセル(タキソテール)1クール 投与後2日目

2011年02月19日
点滴3つ。
毎回投与前は診察室でgood lookingの目前で(笑)
体重測定するのだけど
※体重2キロ減っていた。この調子で減量したい。
何故かその日の体重ではなく
指示書には、当初の身長・体重:159・5/55.8キロ 

◆デキサート注射液 6.6mg
 生理食塩水    50ml
(30分)
◆ドセタキセル  110㎎
 5%ブドウ糖液 250ml
(60分)
◆生理食塩水    50ml
(10分)

<投与剤の概略案内>

◇デキサート
 ステロイド剤です。吐き気・アレルギー反応の予防の
 お薬です。また、むくみを予防する働きもあります。
 生理食塩液に混ぜてあります。

◇ドセタキセル(抗がん剤)
 5%ブドウ糖に混ぜてあります。

 がん細胞の分裂を途中で止める働きがあります。
 この働きによりがん細胞の増殖をおさえ、死滅させます。

 ※主な副作用
  投与中・当日~数日:アレルギー症状、嘔気、嘔吐、血管痛、静脈炎
  2~3日以降:関節痛、筋肉痛、嘔気、嘔吐
  10~14日目以降:感染症
  不定:口内炎、下痢、味覚の変化、間質性肺炎(おきるのはまれです)
  数週間~数ヶ月:脱毛(2週間以降)、むくみ(浮腫)、しびれ
            倦怠感、爪の変化、流涙(涙目)

 ※点滴中に次の症状があったら、すぐにお知らせ下さい
  血管の痛み、血管が赤く浮き出る、点滴部位が熱く感じる
  息苦しい、胸が痛い、心臓がドキドキする、汗が出る
  発疹がでる、顔がほてる

◇生理食塩水
 血管が炎症を起こさないよう、ドセタキセルを洗い流します。

造影剤やCTの医師たちは、患部でない右側の腕を使うと
リクエストしてきますが、化学療法に入る際、患部側の腕は
術後は使えなくなると思うので、右手は取っておきたい
左(患部側)で差し支えなければ、左から入れたいと伝えた時
あっさりオッケーだったので、抗がん剤は左手から入れてます。

腕の血管が出難いので左手首・甲を使ってます。
甲側より、横の方がラクなので、ドセ1回目は
左手首横。甲より見え難いので、ケモの医師が
(ライン取りのプロ!?)ピンピンと指で刺激を与え
血管を浮き出します。

爪を冷やすと良いの情報から
前回、アイスブローブについて尋ねたところ
その準備はないとのこと。
「アイスノン手袋」の情報も得たので
その準備も可能なら実費払うので~と申し出たが
それも不可とのことでした。

投与中は懸念される副作用はなし。
ただ、薬剤がはいっていくのが
左手血管から、胸いっぱいに
す~~っと冷たくなっていく感じで分かる。

ドセ終わったところでトイレに行きたくなり
点滴台(?)←正式名称なんていうの?点滴吊るしてある器具。
と一緒トイレデビュー。
A病院では、点滴ごと散歩してる方や
(たぶん、抗がん剤ではなく、栄養とか、一人でウロウロしても
大丈夫そう系な?ものと思われる)トイレwith点滴の方見かけて
びっくり仰天したものだったけど。
なんとなく点滴って、ベッドに寝ながら
静かに受けているイメージだったから。

当日の夜、ゲーリー氏とご対面となり
最終的に5~6回トイレに通ったけど
これは、FEC後半ですでに発現していた症状だから
ドセのせいかどうかは不明。

でも、それだけで、微熱も出ないし
本日2日目も、軟便だけどお腹は落ち着いている
味覚も食欲もオッケー。
水で薬が飲める。ムカムカも嘔吐感もなし。
ただ、首?から喉にかけて、こみ上げてくるような
感覚が、たま~にある。でも、気持ち悪いとか
吐き気がするとかでなく、唾液が上がってくるという
ことでもないけれど、何か軽い違和感。

今日は、午後から外出し、
帰宅が日付け変更線超えてしまったけど
ふだんなら、微熱出し疲労感満載になるところなのに
わりと大丈夫。
友人たちとイベントへ。終了後、お茶したけど、
ジャムサンドとコーヒーゼリー完食。味覚がまだオッケー。

---------------------------------

<処方されている薬>

◆デカドロン 1日2回  3日分
 炎症やアレルギーを抑え症状を改善。
 副腎皮質ホルモンを補い症状を改善。
◆ソフラン錠 1日1回  3日分
 強い吐き気や嘔吐を抑えます
◆ムコスタ  1日3回  7日分
 胃の粘膜を保護し、むかつきや胃の痛みを予防。
◆ナウゼリン 1日3回 14日分 吐き気がなければ自己調節可能 
 抗がん剤による吐き気を予防・治療。

※前回処方の漢方と整腸剤
◆牛車腎気丸ツムラ 1日3回 
◆ラックビー    1日3回
※抗がん剤に関係なく痛み止めとして
◆ボルタレンカプゼル 1日2回
 炎症を抑え痛みを和らげる。
◆プロテカジン(ガスターから変更)
 胃酸の分泌を抑え、潰瘍や炎症を改善。

※その他使ってないので残っている薬
◆フェロミア(鉄剤)自主的に使用中止
◆シプロキサン 38度を超える熱がFEC二回目以降出てない
◆口内炎の塗り薬

皮膚科受診では、頭皮のシミ?サイズ変更ないので
抗がん剤の影響等は考えられず、これ以上の観察必要なし
とのこと。ドセの皮膚乾燥に備え
前回出してもらったクリームとローションの中で
ローションの方が使い安かったので、2本オーダー。

◆ヒルドイドローション
 皮膚の保湿作用があり、皮膚の乾燥性症状を軽くします。
 また、使用部位の血行を促進し、血行障害に基づく
 痛みや腫れを軽くします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
化学療法 ドセタキセル(タキソテール) | コメント(2) | トラックバック(0)

ドセタキセル(タキソテール)1クール 投与後4日目

2011年02月20日
多少、味覚障害が始りつつあるのかな?
という感じですがまだ、味が分かる。

FECの時のように「気持ち悪い~」という感覚で
毎朝目覚めることもない。

が、昨夜から、両足のつま先が痛み出した。
爪も一部、変色しつつあるみたい。
今日は、起床時から、両足の土踏まずから上の部分
つま先にかけての痛み。室内を歩くのもしずしずと。
本当は、ちょっとだけ外出したい場所があったのだけど
靴を履いて電車に乗って出かけるということも躊躇われ
明日から出社なので、大事を取ることにした。

けれど、食料補給とパンツ4本クリーニング出しており
明日から着るものないので(勤務先へは殆どパンツスタイル)
パジャマの上にコートを羽織って
(さすがにボトムはスカートに着替え)
つま先の出るサンダルで、
近所のスーパーとクリーニング店へ。
でも、それだけで、結構、疲労してしまったみたいで
だるいな~と帰宅し検温すると、36.9℃。
FECより、骨髄抑制も、今後早くくるみたいだし
外出しないで休養日にしておいて正解かも。
今回、投与日から1週間後も3日間オフにしてあるし。

両脇と胸骨の辺りも痛みが出る。

とにかく、足が心配。浮腫みは(まだ?)ない。
歩行困難まで行ってしまうと、困りますからね~。
保湿作用があり、血行促進、血行障害に基づく痛みや腫れを
軽くします―との効能書きのヒルドイドローションを
とりあえず塗っています。
(たぶん、この痛みは血行障害とは違うような気がするけど)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
化学療法 ドセタキセル(タキソテール) | コメント(6) | トラックバック(0)

ドセタキセル(タキソテール)1クール 足からですか?

2011年02月21日
投与日および翌日も、わりと普通に過ごせたので
FECより楽に過ごせるかな~と思っていたけど、甘かった

一昨日から、特に昨日、今日は、ほぼ寝たきりです。
てか、寝すぎで自分の体重の負荷で腰が痛い。

両足先の痺れが強くて、歩行困難。
まだ室内だと裸足かスリッパだし、歩行距離も短いけれど
明日からの社会生活大丈夫かしらん。

ドセ5日目としては、
・昨日から微熱
・軟便スタート
・舌や喉のピリピリ強まる
・両脇や患部の痛み
・胸の圧迫感
・足指の色の変化
・味覚障害本格化!

などなど。
ある意味教科書通り?
しかし、いきなり、結構やっかいな感じで
歩行が辛いほど足にくるとは思わなかった~

爪や皮膚の変色あたりかな~と
思っていたけど。
背中の痛みも、寝過ぎのせいか
想定内の筋肉痛かは不明~
@ベッドの上からにてメール投稿。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

化学療法 ドセタキセル(タキソテール) | コメント(12) | トラックバック(0)

ドセタキセル(タキソテール)1クール 投与後6日目

2011年02月22日
予測していたより(またドセのテキストと)副作用の発現が違っていた。

◇当日(点滴中)
アレルギー
◇当日~数日
吐き気・嘔吐
◇数日~数週間
骨髄抑制、脱毛、筋肉・関節の痛み、下痢
疲労感(倦怠感)、口内炎、味覚の変化、発疹
◇数週間~数ヶ月
浮腫み、しびれ、爪の変化、涙目

なので、もうちょっと先だと思ってました。痺れ。
そして、初日、二日目と嘔吐感や味覚障害がなかったので
もしかしてFECより楽!?
なんて、うっかり思ってしまったら甘かったです。

◆当日:夜中まで元気。明け方に下痢(5~6回トイレ)
     でも、FECラスト後半から、お腹の調子悪かったので
     ドセの影響かは不明

◆翌日:フツーに飲み、食べ、外出しても微熱出さず。
     (通常、デスクワークしていても、午後~夕方
      疲労を感じると微熱出すことあるのにも関わらず)

◆3日目:多少、違和感を感じはじめる。身体のピリピリ感や
      吐き気はないが、首から喉がつっかえる感じ。

◆4~5日目:足先の痺れ、歩行時に痛み、味覚障害発現、
        身体の一部(背中、胸部、両脇)
        患部の痛みが増す 軟便~下痢 微熱

これらの中で、一番、困ったな~と思ったのが、足先のしびれ。
狭い室内、ベッドからトイレまで移動するのも痛い。

投与日から4日間は、勤務オフのシフトを組んで貰っているけど
5日目も欠勤。さすがに今日は、出勤せねば!!と靴を履く。
意外と、そう辛いこともなく歩けた。
地元駅からいくつか、過ぎたところで、電車内で息苦しさと
「目の前が白くなる」感覚。
いや~ホント「白く」なるんですね~!!(驚)
腹痛もあり、途中下車。
駅のトイレにしばらくこもった後、病院へ行くことにした。

予約と予約の間に時間を取ってもらい
F医師の診察を受ける。
これまでの症状、今日、来院した経緯を告げる。
聴診器を当てられ(お、内科医っぽい!!)心音確認。
念のために、胸部レントゲンの撮影を指示される。

放射線科から戻ってきた後、待合室で、看護師に
パルオキシメーターで、血中酸素濃度(?)を測定された。

画像到着後(オンライン上?)
再度、診察室へ。異常のないことを確認。
私も一緒に真剣に読影~。

睡眠取れているか聞かれた。私が回答する前に
モニターのお薬処方欄に「デ」と打ったのが見え
え~、私、メチャクチャ眠れてるし(もしや背中や腰の痛みは
寝すぎで自分の体重の負荷のせい?とか思ったりも)
睡眠導入剤=デパス(←たぶん)は、いらん~!!(心の声)と。
睡眠は十分であることを伝えた。

息苦しさは、過呼吸でないか?との見立ての模様?

なんか、くじけてる感じに見え
精神的不調が要因と思われたのかしらん。
お腹下りすぎで脱力してるだけなのだけど。
(足しびれてるし・・・)

足のしびれについては、なかなか良い処方がない。
副作用が強すぎるようなら、(ドセ)「中止」の言質もあり
それはそれで、困るな~、可能な治療は受けておきたい、
と思ったけれど、昨日、1日寝てる間、
立花氏の著書を読み返し、抗がん剤と副作用のバランス的な
ことも再確認していたので、そのあたりも見極めないと。

下痢止めについては、逆に便秘になってしまう可能性があるので
処方したくない、すでに処方されているラックビーで対処
して欲しいみたいな感じだったけれど、
(F医師は、ドセ便秘になる!便秘の方が大変と言うのだけど
目の前に、とりあえずゲーリーな私がいるワケで)
でも、止めてもらわないと
困るので、ロペミンカプセル5回分だけ処方。

しびれについては、前回、14日分だけの処方だったので、
とりあえず、しばらく飲み続けようとツムラの
「牛車腎気丸」1カ月分。
これは↑↑私が、個人的にお願いしているもので
医師から積極的に処方されたものでない。

お昼から出社し、1時間働いたあと、ランチ。
食欲はないけど、服薬のために軽く社内のカフェで食事。
ロペミンカプセル服薬。
しかし、15時頃から、まだ下り始め、20分ほどトイレ休憩…
業務再開不能と判断し、早退させてもらうも、
腹痛と下痢で帰宅困難なため、医務室で17時過ぎまで横になる。
そんな、ドセ6日目でした。
結構、大変。

※帰宅後、19時頃お粥を食べ、いつもの薬と
 ロペミンカプセル服薬。現状、お腹は落ち着いてます(^^)/ 


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

化学療法 ドセタキセル(タキソテール) | コメント(8) | トラックバック(0)

飲むべきか飲まざるべきか

2011年02月23日
TO TAKE OR NOT TO TAKE
(↑↑なんかのまねっこだけど、構文として合ってるかは謎・笑)
THAT IS THE QUESTION!

何故か、医師たちが処方を躊躇っていたロペミンカプセル
(下痢時服用。1回1個 5回分)

ラストFECからお腹の調子が悪く、
中間検査日に、急遽、お薬再来ということで診察を入れてもらい
下痢止めを希望したけれど、その日の医師も、
便秘になるといけないから、整腸剤で様子を見るのはどうか?
との提案。そんな強い薬でなくても、
適度に下痢を止め、便秘にならない程度のお薬ないのかな~
なんて思ったりもしたけれど、抗がん剤や、そのために
処方されている薬との飲み合わせ等もあるのかもしれないし
ラックビー(整腸剤)で様子見。

しかし、今回、このような状況に。
それでも、この「ロペミンカプセル」の処方に至るまでは
プチ攻防(?)が。
こんなGAY-LEEな私を前にして
F医師も、服薬すると逆に便秘が怖いと、
ラックビーでいいじゃない?的な感じ・・・
う~ん、でも、10日余服用して、この状況ですから。
それに、こんなユルユルのお腹では、仕事に集中出来ないし
それ以前に、移動が危険です。

でも、あまりに処方したくない気分満載の
F医師の表情と言質から
「じゃ、いいです。ラックビーで様子みます。」と
一度は、私も、そう回答したのだけど
他の話を聞きながらも、
よくよく、自分がどうしたいか考え直す。

この具合の悪さを解消するために来たのだし
とにかく、今は、下痢を止めたい。

便秘になった時用に、すでにプルゼニドも出てるし。
(幸いなことに、一度も使ってないけど)

「下痢止めやっぱり下さい!!」と申し出た。
自分で、自己管理しながら服薬すると伝えた。
でも、自分のお腹の感じから、
なんとなく、これを飲んでも
便秘にはならないだろう・・・とも思った。(野生の勘)

それでも、凄いBEN-Pの心配してたな~。
先生の臨床経験では、そういうケースが多すぎなのかな?

昨日、昼食後、1カプセル。
それでも、三時間後には、また下り始める。
病院に電話し、次のカプゼル服薬まで最低
どのくらい時間を空けた方が良いのか確認。
整腸剤って、どちらかというとヨーグルト(?)と
同じような作用?排便(つか快便?)を促す作用かな?と思い
ロペミンカプセルとの併用大丈夫かも確認。
併用オッケーの回答だったが、自己判断で夜は
ラックビー(整腸剤)飲まず。

昨夜から、本日の夕方まで落ち着いていたけど
また、ちょっと緩い。

でも、1、2カプセルで止めておいた方が
いいんじゃない?的なF医師だったので、
先ほどまで、カプセル目の前に、
飲むべきか飲まざるべきか、逡巡~!!

明日、1日乗り越えれば、金曜日から3日オフ。
とにかく、トイレの心配しないで通勤したいし
落ち着いて仕事したい。

ま~こんな緩い状態で、いきなり便秘になったり
するのかな~と思いつつ、医師たちが
処方したくないモード全開だったのと、
便秘・便秘と唱えて(笑)いたので、
悩みましたよ~。


飲みましたけど。



てか、現状、効いてないんじゃ? 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

化学療法 ドセタキセル(タキソテール) | コメント(0) | トラックバック(0)

ドセタキセル(タキソテール)1クール 微熱出しても

2011年02月25日
FECの時は、
ムカムカ感で目が覚めるのが切なかったけれど
ドセでは、その辺りはそう辛いこともない。
そして、今朝、科学療法スタート後初めて
「お腹空いた~!!」と目が覚めた!!
何か凄く嬉しかった。

時計を見ると、もう少し朝寝坊可能な時間だったけれど
とっととベッドから降りて、パスタ茹でる準備。
多少、味覚がおかしいのに、食欲健在。

日中、コート不要なほど暖かかった都内。
張り切って(笑)色々するべきことをして
会うべき人たちに会い、
食べられるので、遅いランチというか
早めのディナーというか
イタリアンフルコース。

夕刻、だんだんだるさを感じ、帰宅してみれば
案の定37℃超えていた。
でも、いい日だったな~今日は。

良くない傾向としては、
単なる痛みやしびれだけだった足の症状
右足踵の皮膚が本格的に、今後ただれるのかしら?
という様相を呈してきて
痛みのため踵をつけて歩くことが出来ない。

もともと、骨髄抑制もあり
緩慢にしか歩けていなかったけれど
そんな状況なので、更にびっこを引きながら歩く。
これは、来週以降、出勤時困ります。
ロペミンカプセルの追加処方も希望しており
明日の通院を決意。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
化学療法 ドセタキセル(タキソテール) | コメント(0) | トラックバック(0)

ドセタキセル(タキソテール)1クール 歩くために

2011年02月26日



右足踵に皮膚障害が出て、
昨日から痛みのため、踵を浮かせながらでないと
歩けなくなってしまったこれは不自由過ぎる

というワケで、本日通院。

まずは、皮膚科へ。
前回、頭皮の痣を診て頂いた先生で、今回受診の経緯説明。
ぶつけたり、擦ったりした記憶もないし
24日頃から自覚症状を感じ始めた旨説明。
ドセのせいかな~?と伝えたところ
きっぱり、そうでしょうね~と同意された。
やっぱりorz
まだ、小さな範囲だから良いけど
今後も起こりうるのだな~と覚悟。

皮膚科の先生的には、
副作用の発現が、あまりにも深刻なものに
なるようであれば、薬の量を減らす
あるいは、投与中止の選択肢もあること
サラリと言っていた。

治療後の足



ボチシートを貼り、ガーゼで押さえ
そして、包帯でグルグル撒き。
ちと大袈裟な感じだけど
これが、クッションとなり、その後
ちゃんと踵をつけて歩けた。靴底があたっても
痛みは我慢できる範囲。

ボチシートとフルメタ軟膏の処方。
ガーゼやテープは、院内の売店で購入。









1日1回交換要。

ちゃんと対処法があり、歩けることは嬉しいけれど
日々のシート交換、そして、見本どおりつつがなく
包帯が巻けるかどうか(不器用選手権上位入賞自信アリ)
自己管理業務(?)が増えてしまったことに
ちょっとガックリ。
シートもただ、正方形にカットするだけでなく
こんな細かい技があるとは…




でも、野生動物も歩けなければ狩りにもいけないしね。
人間の動作の基本の基本。スムーズに歩くことが出来るために。

<追記>

そうそう、皮膚科の後に乳腺外科へ。
主治医は不在の日。若い初めて会う医師。
1~2回で服用止めたほうが良いとF医師からは
アドバイスあったが、懸念された便秘には全然ならず
むしろ、まだ、食べると下すことがある。
次回の通院日までの分の
ロペミンカプセルの処方希望と伝え、処方箋を出してもらう。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

化学療法 ドセタキセル(タキソテール) | コメント(8) | トラックバック(0)

まんぷく食堂

2011年02月26日





昭和、それも、かなりレトロな昭和な店内。

病院のあと、
ちょっと立ち寄る用件があり日比谷出た帰りがけ
空腹を感じ有楽町のガード下(笑)を覗いてみる。

以前、テレビで特集されていた、
わりと安く食事可能な店があったな~と。

お店の名前も忘れていたけど
店構えを目撃し、そうそう、ここ、ここ!と。

スペシャルランチ980円。
ハヤシライスの上に、ポークカツ。
さらに、付け合わせというより
結構なボリュームの
「スパゲティナポリタン」(懐)
そして、目玉焼き。お漬物とお味噌汁がついている。
なぜか、箸とスプーン。
元々、箸の使い方が若干あやしいところがあるワタクシですが、
まったくスパゲティが箸で掴めず
外国人観光客な気分になる。
フォークプリーズ。


◆ドセタキセル(タキソテール)1回目 投与後10日目

昨日(9日目)「お腹空いた~」と目が覚めた!!
は、本当に嬉しい感覚だったけど、
今朝は、喉を液体が逆流する感覚で目が覚めた。
でも、「ムカムカ」や「気持ち悪さ」はなく
単純に、昨日食べ過ぎたかなー?
消化しきれてないのかしら?な感じでもあった。

なので、今朝は何も食べず、病院へ。
昼ごろには食欲回復?
まんぷく食堂へ。ほぼ、味は分かった。

ドセは、遅く、味覚障害が出るのか?
本日、午後より、かなり味が分からなくなる。

夕刻、デリの白いごはんに大好きなオイルサーディン
を乗せて食べたけど、う~ん・・・

夜になって、チーズを練りこんだパンを
ひと齧りしてみたけど、味分かりません。

で、また、嘔吐感・悪阻な気分はないけれど、
胸から喉にこみ上げるような感覚がたまにある。

夜にはいって暖房入れても寒気がするので検温。
37.1℃。
身体に力入らないので、白血球ボトム中~かな?

今朝から夕方まで収まっていた
筋肉痛のような、全身ところどころの痛みが
寒気と共に一部、発生。

お腹の薬も十分処方してもらったのに
これは、本日、一度も服用せずとも落ち着いている。
化学療法 ドセタキセル(タキソテール) | コメント(4) | トラックバック(0)

ドセタキセル(タキソテール)1クール 皮膚障害の経過と副作用対策

2011年02月27日






今朝自分で巻いた包帯画像と
便利グッズ。

お?意外と看護師さんが巻いたのと遜色なくない?
と自己満足にひたりつつ。
皮膚はすでに再生しようと頑張ってる様相~。

昨日、ボチシートのお取替え方法も看護師さんから
レクチャーがありました。

剥がした後を、オリーブオイルでふき取るように
云われていたのだけれど、オリーブオイルまで
準備するのが面倒で、そこは、聞き流す(コラコラ)
しかし、やはり、結構、べっとりついていて
シャワーとフツーの石鹸だけでは流せず。
メッシュの浴用タオルで、症状の周囲のところは
拭き取り洗い。
<追記>
ベビーオイルがあったのだった。

ボチシートを貼り、ガーゼで固定。
包帯を巻くのは、さらに固定の意味と
体温で薬剤がシートから溶け出すので、
靴下等を汚すのを防ぐためでもある。

ネット包帯やサポーターを薬局で発見。
そうよね~不器用さんにもオッケー商品ないとね~。
でも、ネット包帯は通気をよくするために
その名の通り「ネット」これだけだと薬剤染みでそう。
もうちっと厚みのあるサポーターも購入。

昨日の朝、病院に行くまでは、踵をつけて歩けない程の痛み。
もう外見は、かなぐりすてて、
つま先も踵も出る、夏仕様のサンダルを履いて
それでもびっこ引いて歩いていたのに、
病院で手当後は、踵ついて歩いても痛くない。

今日は、8センチのパンプス履いて、フツーに歩行可能。
(骨髄抑制のため、動作自体は緩慢だけど・・・)
これまでで、一番即効性のある対処でした。

なんか、どうにもならんな~と思っているのが患部の痛み。
先日のドセ前の診察でも
ボルタレンちっとも効かない。
あるいは、これを服薬しているから、
この程度で治まっているのか・・・ということを
再度プチプチ言っていたら
F医師から飲むの止めてみてもいい、という言質があり(!)
今日から服薬止めてみた。

これで、ふだんより、患部の痛みが強いということであれば
多少は効いているということ。
変わりなければ、服薬する薬は少ない方が良い
(と私は思っているので)
ボルタレンとそれに付随して処方されている胃薬は
服用中止するつもりです。

あと、次回採血して、白血球の数値が低ければ
フェロミア(鉄剤)再開してみるつもり。
フェロミア服薬後は、すごく白血球の数値高かったから。
F医師は、フェロミアと白血球の数値の因果関係はない
と考えているような所見だったけれど。
(そもそも、鉄剤処方も、私がそれを希望して、
それで満足なら出しときましょうか~みたいな感じ?)

服用を開始した漢方薬にしてもそうですが、
他の方の薬効を参考にさせて頂きつつ
服薬については、わりと自分で考えながらやってます。
その先、飲み合わせ悪いとか、自分で判断出来ないこと
ふだん処方してなくて、あまり馴染みのない(その医師にとって)
ものについては、薬剤師さんに聞いて頂いたり。

今、対処したいことは

◆患部の痛み
 (でも、これ、昨秋から一向に解決されてない)
◆ドセによる痺れや筋肉痛の発現を押さえたい/軽減したい

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

化学療法 ドセタキセル(タキソテール) | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。